日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

てぶくろ



ウクライナの民話「てぶくろ」、大好きです。

「くいしんぼうねずみと ぴょんぴょんがえると はやあしうさぎと おしゃれぎつねと・・・・・」という繰り返しが好き。

長男が幼稚園の頃、この「てぶくろ」の影絵ペープサートをしたのですが、長男は「きばもちいのしし」の役でした。
(本人に聞いたら、「覚えてるよ」とのことでした。)





これの類話で、ロシアの昔話 「ネズミの御殿」 があるのですが
これは手袋ではなく、馬の骨に動物たちが寄ってくる というおはなしでした。

「御殿よ、御殿 だれが御殿に住んでるの?」 という問いかけの繰り返し、ネズミやカエル、ウサギなどが答えていく という設定は同じで、動物の形容詞が微妙に違ってるだけで、設定は一緒

でも最後がちょっと違うのよね~ 
「てぶくろ」のほうが、ロマンがあるかなあ・・・・・

この「てぶくろ」、保育園やら幼稚園で読まれてるし、いまさらね・・・・とは思うのですが、意外と知らない子も多いようで

初めて入った知的学級で読んでみました。

このクラスを長年担当しているお仲間さんに、「てぶくろを読んでみようかと思うんですが・・・・」 と聞くと
「私も先週、読もうと思っていたのよ」 と言われました。

そのお仲間さんいわく、知的学級さんは、「絵を見て、ひと目で筋がわかる本でないとダメ」 ということでした。

そういう意味で、この古典は素晴らしい・・・・・絵を見れば、何が起きてるか、はっきりわかるから。
私も読みながら、「あ、ここにネズミがいる!」 と改めて発見した次第です。

今週のプログラム (特別支援級、知的クラス)

1.おしり (1年ぶりに使いました)

2.ほねほね きょうりゅうのほね (恐竜が好きな男の子がいたため)

3.てぶくろ

4.大阪うまいもんのうた

バイロンバートンの「ほねほね きょうりゅうのほね」 は、私は結構使うのですが、低学年、3年生あたりまでハズれがないです。(単にそれ以上の学年で試してないだけなのですが)

今日は特に興味を持って、見てくれました。(結果的にこの本が一番聞いてたかも)

*****

日曜日は、杉山亮さんの講演会(おはなし会)に行ってきました。

そこで楽しんだ「鉛筆ゲーム」に、「動物競馬」・・・・・・
鉛筆ゲームは、昔、小学生の頃よくやったような紙と鉛筆を使って遊ぶゲームです。

一例が、「しりとり絵」 
絵を描いて、しりとりをしていく遊び。

何を描いたか、言葉で教えちゃいけないので、相手が描いた絵を推測して次の言葉をつなげていかなければなりません。

これは、絵によってはまったく違う解釈になるので、結構笑えます~ おもしろいです。
(次男とやったら、次男が描きながら何を描いたか言ってしまうので、まったくおもしろくなかったのですが)

〇☓ゲームとかも(〇が3つ並んだら勝ちというアレです)、懐かしいですよね~
昔、そういえばよくやりました。

今の子はそういうの、全然しないのかなあ・・・・・・(コックリさんはやったことがある と娘は言ってましたが)
[PR]
by juntumai | 2011-02-23 09:07 | 図書ボラ | Comments(6)
Commented by モカチン at 2011-02-23 16:38 x
てぶくろ、私も持ってます~子どもの頃の!
絵が好きでした。あと子ども心にも「ムリだろそれ」みたいなところが。


まるばつゲーム、うちの子どもたちはよくお風呂でやってます^^お風呂の壁にゆびで絵をかいて。懐かしいよね~~~

Commented by じゅんこ at 2011-02-23 16:39 x
モカチン。

モカチン家は子供の頃の絵本を大切に取っておいてますよね~
前も「シナの5人きょうだい」があるって書いてくれてましたよね。

○×ゲーム、今回はしなかったのですが、あれもいろんなバージョンがあるみたいすね。

鉛筆ゲームとかいろいろ・・・・クラスレクとかでやってもいいなあ~と思いましたよ。(子供会とかでも)
そういう「ネタ仕入れ」にきてる人が
何人かいましたよ。


Commented by kay at 2011-02-26 05:46 x
てぶくろ、うちにもあります^^

年少の生活発表会がてぶくろでした。
年中はスイミー。今年はみつばちマーヤでしたよ。
Commented by じゅんこ at 2011-02-26 07:34 x
kayちゃん。

そうそう、幼稚園の劇によく使われますよね~
スイミーは今年度、次男たちの学年が群読発表
(全員で朗読をする発表会。うちの学校の伝統です)
をしました。
みつばちマーヤ・・・・一気に系統が変わりましたね(笑)
長女や次男の幼稚園もそっち系だったですよ。
ピーターパンとか、眠れる森の美女とか
私の好みはやっぱり「ほんわか絵本系」が好きなんですけどね。
(長男の幼稚園は昔話系で、てぶくろの他には「ライオンとねずみ」とか、「王様の耳はロバの耳」だったなあ・・・・)
Commented by kay at 2011-03-03 10:42 x
確かに今年は系統が違うわ。マーヤ、子供ね、役のじゃんけんに全部負けたらしくて?一つしか役がなくて、、、出てる子は3つくらい役があるの。すごい凹んじゃった。それって先生にクレーム?言っていいのかなぁ?息子は、こういう人前で話すことが得意なので、それだけにショックが大きくて。じゃんけん勝つ子ってなんでもじゃんけん勝ってていいトコ全部持って行くんですよね。なんだかなーです。
手袋の時はなんの役だったんだろう?記憶にない、、、問題ないときはそんなもんなんでしょうね。

読み聞かせでは、こないだ学校のお読み聞かせしているお母さんが、幼稚園の参観日で、読み聞かせを買って出てくださったんですが、しっこさんって呼ばれている女の子の話で、、、本のチョイスって人それぞれですね。
Commented by juntumai at 2011-03-03 16:26
kayちゃん。

えー、幼稚園で、しっこさん!!
私はあの本、泣かずにはいられないのですが、
そのためか読み聞かせでは使えないです。
以前、ブログにも書きましたよ~ 旧ブログのほう、
まだ見れるからよかったら見てね。(「絵本・児童書」のカテゴリをクリックしてもらうと入ってると思います)
幼稚園ならもっと向いてるおはなし、いっぱいあるのにね~

役は一人ひとつじゃないんですね。
それにまず驚き・・・・
(もしかして人数、少ないとか?)

発表会のときは、小学校に入っても
「もうちょっとこういうふうにしたほうがいいのに」
と思うことがあるけれど、それについては先生には言えませんよね。でも気持ちはわかりますよ~
今年の娘の学習発表会は、悪いけどほーんとイマイチで・・・・
やっぱり言いたくないけど、先生によって色々ですよね。
やたらと統制取れてるクラスもあるしね(それはそれでね・・・)
普段の参観ではわかりにくいけれど、発表会のときは
そのクラスの個性が結構わかりますね。