日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

次男の発表会

市内の特別支援学級の発表会、前日に・・・・・
次男が9度の高熱!!

一晩じゅう、うなされていて、朝になっても下がらず

「絶対に知恵熱だ」 と思っていても、熱は下がらず

それでも連れていく! と、半ば強制的に連れていきました。

なぜそこまでして連れていくのか というと
最初の挨拶を、次男がすることになっていたからです。

人前で発表するのが苦手な次男なので、多分そのせいで「知恵熱」を出しているんじゃないかと・・・・・

それならば、これを乗り越えなければ!

と、心を鬼にして、連れていったのでした。(本人も「行く!」とは言っていたものの、つらそうでした)






いざ、本番
次男が前にささーっと出てきて、マイクの前に立ち、

「はじめに 〇〇を 踊ります!!」 と、挨拶。

その言い方がおかしくて、思わず笑ってしまったのですが・・・・・
とにかく大役を果たして、嬉しそうに踊る次男。

よかったよかった~ (9度の熱があるとは思えないほど、普通に踊っていました)

あとで家族でビデオを見て、次男の挨拶のところで何度も巻きなおしし、そのたびに笑い転げていました。(本人が一番笑っていました。)



*****


去年は新型インフルエンザ騒動で、発表会が中止になったので、今回が初めてだったのですが
障害児施設のときのお友達が何人も出ていて、「うわー、成長したなあ」 と思ったり
中学生のレベルが高くてびっくりしたり
(英語の弁論なんて、うちの長男よりも発音がよかったし)

他の学校の支援級の先生は、結構年を取った人が多いなあ・・・・とか

思ったよりもずっと楽しめたし、勉強になりました。

なによりも次男が、いろんな人に可愛がられているということに驚きもし、また感謝もしたのでした。

熱を出していたせいもあるのでしょうが、先生や他のお母さんたちに、ちやほやと世話を焼かれていました。(本人はまったく意に返してないようでしたが)

たくさんの「喜び」、そして「愛」をもらった発表会でした。

ちなみに次男は、翌日熱が下がりましたが、お腹の調子がずっと悪い状態でした。あとで聞いたのですが、学校でお腹の風邪が流行っていたようです。
(知恵熱じゃ、なかったのか?)
[PR]
by juntumai | 2011-02-20 07:54 | 次男のこと | Comments(0)