日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

愛着の発達過程

先々週から始まった某所での託児

いつも楽しみにしています。今回はどんな子に会えるかなあと

今回は前回より年齢層が高く、2歳になりたての子が多いです。
それと女の子が多い。2歳くらいの女の子、結構手ごわいですよ~



保育士試験に出てくるのですが、「ボルヴィの発達の愛着過程」の第3段階にあたっているせいか、
「特定の人(母親・父親)に愛着を持ち、常にその人と一緒にいたいという態度を示す」

まさにそのもので、お母さんがいなくなると激しく泣き続け、お母さんが戻ってくるまで
ずーっと泣き続けています。

いくらなだめてもダメ・・・・どんなにいろんなもので気を引こうとしてもダメ
(男の子は割と、モノにつられるんだけど、女の子は絶対にごまかしが効かないです)
抱っこしても反り返ってしまうので、抱っこできないし(というか「いや!」と拒否される)

その場から逃げだそうと、必死でドアを開けようとする

それがなんと2時間くらい続きます。
泣き続けるのもかなり体力がいると思うけれど、徹底して泣き続ける根気と体力に脱帽です。
かなりのベテランさんでもダメでした~とにかくお母さんじゃないとダメみたい。

ボルヴィによると、その第3段階を経たあと、「離れていても心の中に特定の人との絆が出来てくる」という第4段階になり、姿が見えなくても泣かなくなる・・・そうです。
2歳も後半になれば、そうなる子が多いですよね。

こうやって勉強で出てきたことを実際に目にすると、
「ふむふむ、これがボルヴィの愛着過程ってやつだな」と思えるので
まったく苦にならず、いくら泣いてても「仕方ないよね」と思えてきます。

あー、うちの子たちのときにそう思えればよかったのに・・・・



*******

託児のバイトのほかに、もうひとつ、かねてから憧れていたバイトに入ることが出来ました。
お友達がずっとやってて、とても憧れてて・・・・でも私にはまだ無理だなと思っていました。

でも今回、お友達からチャンスを頂いて、念願がかなうことになりました。

年に数回しかない仕事ですが、それでもめったに出来ない経験と「非日常感」が味わえるので

先日、初めてやらせていただきましたが、久しぶりの緊張感と
久しぶりのスカートにストッキング(笑)
ヒールの高いパンプスはいて

終わりごろには足がむくんでましたが、身が引き締まりました

こういう機会を与えてくれたお友達に感謝感謝です。
[PR]
by juntumai | 2011-02-27 07:59 | 保育士 | Comments(0)