日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

行ぐなっちゃ がさがさ

私も早いもので、語りの会に入れてもらってから1年になります。
まだまだまったく覚えて頂けないようで、これで4回目の披露になるのですが
いつも、
「はじめてだっけ?」と言われます。

たぶん、私の語りが全然印象に残らないんでしょうね。
まだまだだな・・・という感じですが、ここはメゲずに。

みなさん、20年近くされている方ばかりなので、1年そこらの私じゃ
ひよっこどころか、たまごの殻も破ってない状態ですから・・・・





今回は、「なら梨とり」を語らせて頂きました。
(おはなしのろうそく から覚えました)

昔話の世界では、王道というか、どっちかというと初心者向けの、
「一度は覚えておこう」的なおはなし、という印象を持っています。

つまりは、みなさん一度はされているおはなしだということで、
そういう方たちの前でやるのは、やっぱり緊張します。

このおはなしのどこに惹かれたのかといえば、
「行げっちゃ がさがさ 行ぐなっちゃ がさがさ」
という音の響き

岩の上のばあさまのいうことを聞かず、
「行ぐなっちゃ がさがさ」と鳴っているほうへ入っていく太郎

せっかくばあさまが、「行げっちゃ がさがさ」と鳴っているほうさ行げ
と教えてくれたのに、なぜ違うほうに行ってしまうんだろう・・・・

いつかどなたかのブログに、
「これは、太郎の意志なのだ」 と書かれていましたが、

ふむふむ・・・・そうかもしれない・・・・

原文にあるように、ばあさまのいうことを忘れたわけでなく
(いや、結果的には忘れているのだけれど)
実は、無意識の中の「子供の意志」なのだと

子供は無意識に、しかし必然的に、自分のゆく道を選んでいるもの
なのかもしれません。

いや、子供だけでなく、私たち大人もそうですよね。

「行っちゃいけない。行ったら危ない目にあうかもしれない」と
頭の中で感じているのに、行ってしまう・・・・

それはやっぱりその人の「意志」なんだな と

(案の定、太郎は「沼のぬし」に、げろりとのまれてしまうのですが)

そんな解釈はさておき、とにかく緊張してしまい、あとでご指摘を
受けたように、あまりメリハリのない「平板」なおはなしになってしまいました。

やっぱり子供たちの前のほうが、ノって話せるなあ と・・・・
大人の前だと、いっつも緊張してしまい、ダメですね~
[PR]
by juntumai | 2011-03-22 22:09 | 語り