日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

明かり

テレビを見てると、街での節電の様子が映し出されます。

母も「街じゅうが暗いから、夜は外へ出られない」と言っています。

23区内の街の明かりを見ていると、節電で暗いといっても

「充分明るいじゃん!!」

と、家族でテレビにツッコミ

田舎に住んでいると、夜は本当に暗いから・・・・

大阪から宮崎に戻ってきたとき、びっくりしたんです。

「こんなに暗かったっけ??」って

「田舎では普通のことだよ」と母に言うと、

「でも家の明かりはついてるでしょ?停電のときは
どの家も真っ暗だもの」

それはそうだけど・・・・でも家の明かりって
あまり外から見えなかったような・・・・











いつも真っ暗な中を自転車で帰ってくる長男も

「家の明かりなんて、全然わかんないよ」

と、言っています。

都会の住宅地ほど家が密集してるわけでもなく、また庭が
広い家が多いし、道路にキチキチに建っているわけではないので、

道路からは、あまり家の明かりは見えてこない気がします。
それと普段から、人も少ないし・・・・



ともすれば気分がふさぎそうになっている母に、

「田舎では普通なことだよ、首都圏が今まで明るすぎ、
人が多すぎなんだよ~」

と、励ましているつもりなんですが(励ましになってない?)

もっと神経質になっているのは、子供が生まれてから極度の心配症に
なっている弟。

この前も、原発が怖いからどこかへ一時的に避難したい・・・などと
メールがきて

いつでも宮崎においで・・・とは返事したものの

ダメだなあ~~ みんな不安なのは一緒なのに・・・・
(若いお嫁さんのNちゃんのほうが、よっぽどデンと構えているのに)

母も弟の弱音を聞くと、かえって気持ちが強くなるようですが

原発といえば、福島の原発で復旧作業にあたっている人たちの
劣悪な環境が報道されていて、胸が痛みました。

本当にどうにかならないのでしょうか・・・・

まだ避難所も、とてもひどい環境だというし

どうしたら良くなるんでしょうか・・・・

みんなが物資をいくら送っても、いくら募金しても、避難してる人たちの
環境が全然良くならないのなら、なんのためにしてるのかわからなくなってしまう

と、遠くにいる私でさえ思っているのだから、きっとみんながそう思ってるはず
なんだろうけれど・・・・
[PR]
by juntumai | 2011-03-29 09:04 | つぶやき | Comments(4)
Commented by さやか at 2011-03-30 00:13 x
じゅんこさん、こんにちは。

杉山亮さんが、被災地へ絵本・児童書を送る活動を始められました。
杉山さんご本人のお話を聞かれたことのある方なら、杉山さんが意図されてることも
きっと理解して下さると思うので、じゅんこさんに声をかけさせていただきました。

詳しくは杉山さんご自身のホームページをご覧になって下さい。
(詳しくは3月18・19日の日記に書かれています)

杉山亮のなぞなぞ工房
http://www.h6.dion.ne.jp/~sugiyama/diary.html


↓こちらの方と一緒に活動されてます

子どもと見る風景(石丸良枝さん)
http://kodomiru.exblog.jp/


本に携わるお仕事をされてるじゅんこさんと、
こちらで地震の直前に杉山さんのお話をしたことを
思い出したので…。


話は変わりますが、明かりの話。わかります!
私も田舎に引っ越した当初は夜7時の街の暗さに、
「もうみんな寝ちゃったの?!」と思いました。

私はスーパーやコンビニの節電も「暗すぎる」とは思いませんが、
都会の明るさに慣れてると心細く、寂しく感じるようです。
Commented by juntumai at 2011-03-30 08:48
さやかさん。

杉山さんのHPに何日か前に見に行ってて、この活動は
知ってました。
ただ、正直言えば、ある程度送られた時点で様子を見られて、追加が必要であればその際は応援させて頂きたいかなと、私なりには思ってます。
実はこちらの語りの会でもそのような動きがありますので、私自身はそちらのほうに参加していきたいかなと
思ってます。
せっかく声をかけて頂いたのに申し訳ありません。

そうですよね、明かりの話、地方では「普通のこと」
なので、慣れちゃったらなんでもないのですが
でも慣れないのは夜の運転。
本当に暗いので、車が自分だけだとマジで怖い・・・
夜は必死で運転してますもん。
「見えないよぉ~~」と、ハンドルにしがみついて運転しています。
Commented by msant at 2011-03-30 22:08
じゅんこさん、もうご存知だったんですね。失礼しました。

4/2土曜日に、第一便トラックが仙台に向かうことになりました。
4月末に第二便を予定しているようです。

そちらでも同じような動きがあるんですね!
それでしたら、そちらの方で参加された方がいいですね。
もし送り先など、ルートの確保が難しいようでしたら、
杉山さんの方では宮城と岩手に受け入れ先ができたので、
じゅんこさんが活動されているグループで直接そちらに
送っていただくことも可能です。

「ジョイセフ」という女性を支援する団体も関わっているので、
確実に子どもたちの元へ届けられると思います。

杉山さんの方も活動を進めながら気付くことがあって、日々状況が変化してます。
きっと杉山さんのホームページで状況については報告されると思います。

ありがとうございました!
Commented by juntumai at 2011-03-30 22:25
さやかさん。

いえいえ、こちらこそすみませんでした。
おっしゃるとおり、状況は色々変わってきますので
また杉山さんのブログを拝見しますね。
そう、ルートがあるかが重要ですよね。
しっかりしたルートがあるので、送るほうも
安心ですよね。

色々報道を見ていると、物資を送るには、やっぱり県ごとに送るほうが確実なのかなと感じています。
県からは、自衛隊のヘリで輸送してくれるんですよね。
もちろん陸路や、フェリーでの輸送もするそうなんですが、自衛隊のヘリを使うのが一番確実に届くと思ったので、県のほうに物資を提供しにいこうかと今思っているところです。
県のHP見ると、必要なものがちゃんと書いてあって
(すべて箱単位で受け付けですが)
事前に電話してから・・・ということになってますので、その時その時の必要としている物資が提供できるのかなあと思いました。