日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

今年度は

d0220848_16241197.jpg


新年度が始まり、ドキドキのクラス替え・・・・娘は5年生、次男は3年生になりました。

前日は緊張のあまり、寝付きが悪かった娘ですが、仲がいい子と一緒になって
大喜び。

心から、「よかった~~」とホッとしているようでした。

先生は新しいベテランの男の先生で、未知の先生なので不安なようですが
お友達がよかったから、「おっけー!」なんだそうです。

なんといってもホッとしたのは、次男の交流クラスの先生が、
娘が2年生のときの担任の先生だったこと・・・・

あ~~ よかった~~

少なくとも、「どんな先生だろう?」と、不安に思う毎年のストレスからは
開放される~~~

2年ぶりに見た、手書きの学級通信も全然変わってなくて、安心しました。
(先生の自己紹介、娘のときとまったく同じなのが笑えましたが)




3年生では、理科・社会・少人数算数を交流クラスで受けるので、
支援級の授業は実質、国語だけになります。

おそらく、支援級の担任の先生も来年は変わると思うので
今年度は、交流級で過ごす時間を増やして、少しずつ「脱・支援級」を
はかっていったほうがいいのかなあ・・・・と、ちょっと思ってます。

今年度は、ひとり、新・6年生の子が支援級を卒業し、通常学級に戻りました。

その子のお母さんとよく話すのですが、2年生までは支援級べったりだったとのこと

でも4年生くらいから、ほとんどを交流級で過ごすようになり、去年は支援級に来ることは
まったく無くなっていました。

うちは多分、そういうわけにはいかないだろうけれど、今年度が今後の「岐路」に
なるかな・・・・とちょっと思ってます。

今日、学校で印刷をすることがあって、印刷室にいたのですが
すぐ横は「算数教室」になっていて・・・・・

授業が終わって、ぞろぞろと並んで出てくる中に次男がちゃんといました。
(神妙に列に並んで、ついて行っていました)

これまでは算数は支援級でマンツーマンでやっていたので、集団授業に彼の学習が
ついていけるか、私も気になっています。

しばらくは、支援級の先生か補助の先生が、算数教室に付き添ってくれるそうです。


**************


印刷が終わって正面玄関に行くと、制服姿のたくさんの新・中学生が!

入学式が終わって、小学校の先生たちに制服を見せにきたようでした。

長男も私もそういう風習があることも知らず、あとで6年生のときの先生に
「息子さん、まだ制服見せに来てないわよ」 と言われたものでした(笑)

そういえば、去年の高校の入学式後も中学に見せに行ってなかった息子・・・・
(でも高校も同じ学ランだからね・・・ボタン付け替えただけだし)

まだまだかわいい制服姿!

いいなあ・・・かわいいなあ・・・・

長男、もう高校の学ランが小さくなってるわ(同級生のお下がりだもんな)

真新しい、まったく同じ白のシューズが玄関にずらりと並んでて笑えました。
(帰りに間違えるんじゃないかしら・・・・)
[PR]
by juntumai | 2011-04-08 16:44 | 次男のこと