日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

長新太はやっぱりすごい

中学校に読み聞かせに行ってきました。

中学での読み聞かせは2年目なので、多少は余裕が出てきたかな
と思いつつ、やっぱり緊張してて・・・・

選書はあまり奇をてらわず、無難なものにしました。

今まで読みたかったけれど、なかなか読む機会がなくて、
やっと読めたのが、こちら

d0220848_215644.jpg




やっぱり長 新太は天才だ!!

知ってる人は知ってると思いますが、これぞ高学年向き。
中学生もびっくりのシュールな展開です。

最近は、あまり何冊も読みたくないと思っているのですが
結局何冊も読んでしまうことになってしまって・・・・
それがちょっと反省。

時間ギリギリまで、使って
「最後は、しりとりして終わりましょう」と

こちら 

d0220848_2110260.jpg


結局これが一番盛り上がったな(笑)

このシリーズ、便利ですね~ 
「ちゃいろ」と「あか・みどり・き」があるけれど、
私はこの「しろとくろ」がお気に入り。

今回も「たぶん使わないと思うけれど、一応入れておくか~」くらいにしか
思ってなかったのですが、やっぱり入れててよかった。

全体的に、
おおむね反応はよかったし、一番前の男の子たち4人くらいが
身を乗り出して聞いてくれたので、嬉しかったです。

まだまだ1年生はかわいいですね~~

来週は2年生だ・・・嫌だなあと思っていたら、来週は人数足りているようで
私は辞退させて頂きました。

次回は、なるべく冊数を少なく、パンチの効いた選書を と心に決めました。

本日のプログラム(中学1年生)

・アカメアマガエル
・このあいだになにがあった?
(最後の皆既日食と、裏表紙の「地球にうつった月のかげ」の写真に「わー」との声が。
 この本、ぜひハードカバー化を!)

・もっとおおきなたいほうを
・なにをたべたかわかる?
・しろとくろ
 
              
[PR]
by juntumai | 2011-06-23 21:18 | 図書ボラ | Comments(10)
Commented by のりこ@広島 at 2011-06-24 09:03 x
じゅんこさんの絵本の紹介があったら、たいてい、すぐにチエックしてアマゾンで購入・・・っていうのが、昔からなんですが、
この2冊も早速注文しました。
本屋さんが大好きで、暇さえあれば、いるんですが、
迷ってなかなか買えないんですよね~
これからもいろいろ紹介よろしくです~♪
Commented by juntumai at 2011-06-24 15:34
のりこさん。

えー、だってこの2冊は、読み聞かせ用に向くので
個人で買ったら期待ハズレかもしれないですよん。
個人的に読んでもこれからの季節いいのは、
「ウエズレーの国」かなあ~~
これはいっとき、高学年の読み聞かせに
流行りましたが、読み聞かせでなくても普通に読んでも
いいなあと思う絵本でした。
(私はどれも持ってなくて、すべて図書館か、学校で
借りています 笑)
これから買うなら、科学本がいいのでは?
「ホネホネたんけんたい」シリーズはオススメです。
読み聞かせでは、「ホネホネどうぶつえん」が
一番使えるのですが。
なんていいつつ、これも私は借りるばっかり
なので・・・
やっぱりこれからはこの前から紹介している
「世界一美しい元素図鑑」かなあ~ これは久々
「買い!」でした。
なんと娘も置いておくとペラペラめくって見ています。
娘はああいうのは全然興味ないと思っていたのに
Commented by yuraliya at 2011-06-27 15:52
「しろとくろ」は低学年でよく読みますが、中学生も反応してくれるんですね^^
今度6年生にも使ってみようかな。
Commented by juntumai at 2011-06-27 20:56
ゆーらりやさん。

今日は5年生にも読みましたが、やっぱり
盛り上がってくれましたよ。
(学年が上にいくほど、一番最後に持っていくのがコツかも?)

意外と当たらないですもんね~
写真もキレイだし、いいですよね。
今日、ひさびさ「あか・みどり・き」を見ましたが
やっぱり3色あると、より美しいですね~
Commented by あきんとん at 2011-07-01 23:40 x
文字化けしてたのは「奇跡の教室」です。
まだ図書館から回ってこないや。

ホネホネの西澤さんとこの前の土日のナイトハイクでご一緒しました。型にはまらない人ですが子どもたちは大好きでうちの子はずっと一人占めしてお話をしていましたわ。

わたしの好きな生物系の本は「アマガエルとくらす」。
科学を好きになるきっかけになるのに韓国の科学マンガ「サバイバルシリーズ」もおすすめです。うちの5年生の末っ子はすべて読んでます。文だけよりもビジュアルが入りやすいようなので・・・。
Commented by juntumai at 2011-07-02 07:45
あきんとんさん。

アマガエルとくらす・・・は片山健さんでしたっけ?
これ、なかなか無いですよね~
以前、どこかの図書館で見つけて以来それっきり。
韓国はいま、児童書のレベルが上がってますよね~
絵本もキレイだもの・・・
ホネホネの西澤さんもナイトハイクに参加されて
いたんですね~ああいう作家さんって、子供と自然に
話が出来る人が多いですよね。
なんというか自分が「少年」なんですよね。

関係ないですが、いま、大学のオープンキャンパス
をどうするかで頭を悩ませています。
結局、関西はあきらめて、うちの実家に5泊くらい
滞在させて、東京の大学をめぐることになりそうです。
今年は節電の夏なので、オープンキャンパスの日程も
すべて変更になっていたりしますね~
Commented by あきんとん at 2011-07-02 14:17 x
西澤さんは作家さんじゃないですよ。
ながしの学芸員ってかんじ??
イラスト描いたりは副業のつもりのはずでは。
http://spi-net.jp/hatarakimono/03/index.html
今度合宿も一緒に行きますけど、どこかで骨を探してくるでしょう・・・去年は種子島の海岸でウミガメ死体をを丸ごともって帰られました~~。生物が好きな人は人間的にも面白い人が多く、ちびも楽しいようですわ。

アマガエルは山内さんという元教師の方が実際にアマガエルとくらしたことを本人されているのかなと。とても優しい視点で書かれていて借りて読んで即買いました。

今年は関西の有名私学組は東大はやめて京大にするので激戦になるという噂もあります。関西にすんでたらそれでいいのかも・・・。
わが家の大学生、娘のほうは昨日も大学に泊まり込んで課題こなしていました。学費は安いけどその分勉強をかなりさせられます・・・。バイトも家庭教師2名だけで家からの持ち出しも多いデス。息子は文系で私学だからバイト頑張ってます。土日はバイトかな。今お昼を食べに帰ってきた。
Commented by juntumai at 2011-07-04 16:02
あきんとんさん。

そうです、作家さんではないですね。
確かあの本も監修されたのではないかな
でも基本的に、ああいうことを長年調べている人は
まさに「少年の心」を持ち続けている人が多い
ですよね。
なにかを調べていて、「へ~すごいな」と思う気持ち、
これが「少年(子供)の心」なんじゃないかなあと思います。
ただ「すごいな」で終わらせたら、普通の人なんでしょうけれど、それを発展させることのできる人が名前の
知れた?人になっていくのでしょうね。

やっぱり東京は避けますか・・・そうですよね。
私もそういう思いもあって、ホントは関西が
いいんじゃないかなあ・・・いや、こうなったら
九州にいたほうがいいのかな?と思わなくもないのですが、でも本人がどう希望するかですよね。

東大、9月入学移行の話が出てますね。
国際社会に対応するとのことで・・・・
電力不足のこともあるけれど、それだから
秋にオープンキャンパスになったのかなあ・・・
Commented by あきんとん at 2011-07-08 22:28 x
官僚になるなら東大でしょうけど・・・。じゅんこさんとこは実家が関東だから関東のほうが安心ですよね。
センターがいまいちで2次でばん回できる実力派は京大かな~~。何人かそういうので入学した子がいます。理数がぐんばつにできて・・・っていう子。


「数字と踊るエリ」読みました。読まれるといいかも・・・なかなか壮絶でした。
Commented by juntumai at 2011-07-11 14:43
あきんとんさん。

すみません、コメントに気がつかず、承認するのが
遅くなってしまいました。
「数字と踊るエリ」は初めて知りました。
読んでみたいなあ~~
読んでないからわからないけれど、程度の差は
あれ、学校生活って最高の療育なんじゃないかな
と思ったりします。
家や自分のテリトリーでは限界があるけれど
学校イコール社会なので、そこで長い時間を
かけて(義務教育だけでも9年ありますよね)
本人もまた周りも成長していく・・・・
(それでも社会適応力は不十分なのかもしれないけれど
なんというか、それなりにはやっていけるんじゃないのかな と)

大学は、結局関東も見に行きますが、阪大のオープンキャンパスも見に行くことになりました。
息子ひとりで日帰りで。
伊丹空港が閉鎖されたら、本当に不便になりますが・・・いつ閉鎖になるのかなあ・・・