日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

下流の宴

この前、ママ友ドラマが終わりましたが、うちのダンナも
とてもハマったようで、

「みんな上手いよね~~ 特に子役たちが、恐ろしいほど上手い」

と言っておりました。

上手すぎて、これからの人生を考えると、あんまり良くないような
気がする~ なんか不自然だもの。
素は子供なんだろうけれど(だから余計に心配で)

ダンナのお気に入りは倉科カナで、「あの子、あんなに上手かったっけ?」
と言っておりました。

朝ドラは、キャラに無理があったよね。
実際、結構な野心家さんだし>倉科カナちゃん。
(以前、「スタジオパークからこんにちは」 を見てそう思いました)

とにかくあのドラマは終わってしまったので、私の関心は、
以前読んだことのある「下流の宴」にシフトしてますが

(夫は、はたしてドラマでも、「宮崎大学」の名前を出すんだろうか?
とそれだけが関心なようですが)






私がツボだったのは、お姉ちゃんのカナちゃんと北沢さんのこんな会話

「もしかして北沢さんって関西の出身なんですか?」

「ええ、大学は京都なんですが」

「もしかして京都大学ですか?」

から始まって

(北沢)「ボストンに留学していたときのルームメイトがロシア人で・・・」
(カナ)「ボストンっていうともしかしてハーバードですか?」


みたいな!(笑)

1人で見てて笑ってしまいました。

私なんか、もし同じシチュエーションだったら
「京都の大学って京都大学かな?でも違ったら失礼だし・・・
他にも同志社とか、立命館とか、龍谷大とか、いろいろあるし・・・・」

と思って、自分からは絶対に聞かないし

聞かなきゃ聞かないで、相手は聞いてくれることを期待してるのかな?
と思って、悩んじゃうタイプ(笑)

ましてや「ボストン」と言われても、ハーバードだとは全く思いつかないし、

せいぜい思い出すとして、家に帰ってから「もしかして、ハーバード大学なのかなあ・・・」
とチラっと思ったりとすると、「だったら聞くべきだったのかな?」とまた悩むタイプ

もうめんどくさいから、自分から言ってくれればいいのに!!

と、かえって相手に腹が立つタイプ(笑)

人づきあいってホントに面倒ですね~~

そんなどうでもいいネタはおいておいて、

この「下流の宴」の脚本を書いた中園ミホさんのことばが深く心に響いたので、
抜粋させて頂きます。

「ところで、この連続ドラマは2011年3月以前の、物があふれる日本を舞台に描かれている。クランクインの直前に東日本大震災が起き、急遽、ドラマの設定時期を数年前に戻したのだ。そうしなければドラマのリアリティーが保てないと、スタッフ一同が感じた。

今回の震災で日本人は大きく変わらざるを得ないだろう。実は私はひそかに、2011年3月以降の「日本中の翔ちゃんたち」に期待をしている。

勝ち組や拝金という価値観にまったく心を動かされなかった彼らだからこそ、地下のマンガ喫茶やバーチャルな世界から這い出してきて、新しい日本のために何かをしてくれるんじゃないか、そんな希望と祈りをこめて。」
[PR]
by juntumai | 2011-06-24 21:59 | つぶやき