日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

素晴らしい絵

読み聞かせもぼちぼち始動してますが、完全にテンションが下がっていて
どうしようか と思うくらいなのですが

予定はびっしり組んでいるので、そうも言ってられず

そんな気分が最悪なタイミングで、中学の読み聞かせも行かねばならず

ルンペルシュティルツヘンの語りをさせてもらおうかなあ・・・・・と思ったのですが
どうにも気が乗らない・・・・・

(話は飛びますが、ルンペルシュティルツヘンで検索したら、このブログがヒット
してしまいました~~ うー・・・・・ミスった・・・・ それだけレアなロジックなのかも)

代わりに、これを読もうかなあ・・・・とちょっと思っているのが


d0220848_8423366.jpg

「おおきくなりすぎたくま」

すでに古典に属してしまうのかな?というくらい、知られた本ですが
私は初めて手にとりました。

「まるで一本の映画を見たような感じだよね」

と、お仲間さん。

「白黒なんだけど、頭の中でカラーになって浮かぶような・・・・・」

とも言われていました。

この本は、動物愛護がテーマだの 言われているようですが
私は違う印象を受けたなあ・・・・・・

クライマックスは、

ジョニーくんは、
「自分がやる」と言いました・・・・・


という、あのページだと思うのですが、あの絵の素晴らしさ・・・・
1枚の絵が、ジョニー君の感情すべてを物語っているように思いました。

読むと10分以上かかりますが、絵と文章のバランスが大変よく
「大勢の前での読み聞かせに適する本」として、よく紹介されています。

でも、表紙を別の絵と差し替えたほうが、なんとなくいいような気がするのですが・・・・
(私は、ジョニー君とこぐまが出会ったときに、かえでさとうをやっている絵が好き
だけど、インパクトないか)

さてさて、中学、どうなることやら・・・・・


※※※※ 

支援級での読み聞かせ(情緒学級)
今週は敬老の日を意識して、おじいちゃん本を選びました。

1.ぼくのおじいちゃんのかお 
  (次男が目の前で写真のおじいちゃんと同じ表情をしているので
   思わず笑ってしまいました)

2.おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん
   (「ひい ひい ひい ひい ひい おじいちゃん」というように「ひい」がページいっぱいに
    書いてある本ですが、「もう全部言わなくていいんじゃない?」」と
    6年生が言ってくれたので「はい、わかりましたー、以下省略!」 と、
    「以下省略」でしのぎました)

3.たかこ
   (先生にウケてた。でも子どもは若干、ポカン だったかも。これも中学で読みたいけれど
    「おおきくなりすぎたくま」を読むなら、時間が足りなくなるからダメかな)
[PR]
by juntumai | 2011-09-06 08:56 | 図書ボラ | Comments(0)