日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

子どもへのまなざし

佐々木正美氏の「子どもへのまなざし」 を読んだのは、10年前くらいでしょうか。
当時、ネット友の間で話題になってて、子育て中の親のバイブル的な本でしたが

正直なところ、読むと耳が痛いことや、「ここまで出来ないよ」などと反発心がわいて
しまい、素直に読めない自分がいました。

このほど10年の時を経て、「子どもへのまなざし・完」が発売されました。

今回は、発達障害のことについて、たくさん書かれているというので、書店で
買い求めました。

無知な私は、佐々木先生が長年、精神学医として主に自閉症児に深く
関わってきたことを、知りませんでした。
いまさらながら、過去に出版されている「子どもへのまなざし」を読み返さなければ
・・・・・と、思っているところです。

10年前、私は本当にダメな親でした。






今でもダメ親です。

でも、10年経って、「子どもへのまなざし・完」を読んで、素直に受け入れるまでに
ちょっとだけ「成長」したんだな・・・・・・と、思います。

実はちょっと前に、長男もやはり発達障害がベースにあるとの診断を受けました。
(正式な心理の検査などはしてませんが、精神科医との面談によって)

診断を聞いた時、
「ああ、やっとだ・・・」

と、正直言って、私自身はホッとしました。

もうこれで、彼を追い詰めたり、彼の苦手なことを克服させようなんて
思わなくていいんだ! と・・・・・・

本当に、彼が生まれて約17年間、私は彼にとってはストレッサー以外
何者でもなかったんじゃないかと

自分が間違ってきたことを素直に受け止めて、また歩んでいこうと
思った次第です。

このことで、思いがけない出会いというか、普通じゃ話もしないような人と
じっくり話すことが出来ました。

長男の周囲に、このような理解者がいてくれることは、本当に幸運だったと

彼が診断を受けて、状況がどうこう変わることはないのですが、
診断を受けなければ、理解者がすぐ近くにいることがわからなかったし

そういう意味では、「状況」を変え、何よりも一番身近な親である私自身を変える
ことが出来たのかな・・・・・

と、思います。
(いや、まだまだやっぱり変わらない自分も一方ではいます。
1日1回は、ギャギャギャッと怒るし・・・・まあ、一般的にも高校生男子は母親を
イライラさせるものなので)

そして次男の接し方も、わかっているようで全然わかってなかった
ということに、この本を読んで改めて気付きました。

ごめんね・・・・本当に申し訳なかった・・・・・

でも気付けてよかった!
今日からまた、彼らと一緒に(もちろん長女とも)歩んでいこうと思います。
[PR]
by juntumai | 2011-09-30 08:50 | 次男のこと