日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

今度は別の学校で

秋はどの学校もお話会があるようで、先日は別の学校のお話会に
参加させてもらいました。
(語りの会の会員として)

思ったのは、(うちの学校の子よりも)素直!
子どもらしい子が多い!
(若干幼いかも・・・・)

逆に、これはどの学校どのクラスにも共通するけれど
女子で背が高い子2,3人が生意気~な つぶやき&表情を
連発

「あなた、ホントに〇年生?」と言いたくなるような・・・・・

いま、生意気な子がどんどん低年齢化していて
かえって中高生女子のほうが大人に対して優しいし、
あたりが柔らかいんじゃないかしら

うちの娘も、「4年、むかつく!」とか、「4年、生意気!」とか
最近よーく言ってるもんなあ・・・・・
(彼女は5年です。まだまだチビなほう)

話はソレましたが

慣れない場所、慣れない子どもたち、慣れない先生たちの前で
語りをすると

飛びますね~~(笑)

一瞬、頭が真っ白になって、原文とは全く違うセリフ
(内容は一緒ですが)が口をついて出てきてしまい・・・・・

あれほど何度も繰り返しやっているのにねぇ・・・・・

自分でもびっくりしました。

やっぱりルンペルの結末には、シーンとなってしまいますねぇ・・・・
子供たちが戻るのに時間がかかるもんなあ・・・・・

ならなしとり は、お話の進行にいちいちリアクションしてくれて
とても新鮮でした。

やっぱり自分で毎日ぶつぶつ練習したり、大人だけの前でやるよりも
子供の前でやる1回にはかないませんね~
1回、1回が本当に勉強になります。

いま覚えているのは、「はなたれ小僧さま」(結末の寂寥感、無常感が好き)
これから覚えようと思っているのが、「屋根がチーズで出来た家」(通称「屋根チー」)

ヤマンバ大好き、意地悪ばあさん大好きな私には、屋根チーのトロル女を地で
やれそうです。
[PR]
by juntumai | 2011-11-16 08:01 | 図書ボラ | Comments(0)