日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

答え は無い

前に長男が選んだ「今年のベスト3」に、「メルカトルかく語りき」がありましたが

この本、そういえば息子に頼まれて、私が買ってきたのでした。
(「どこかで聞いた題名だなあ」と思っていたのは、そのせいだった)

このミス2012年版で、第7位にランクイン

なんの先入観もなく読んでみたら・・・・・・

なんじゃ、こりゃ??

5編の短編集なのですが、どの話も犯人がわからない
という・・・・・

中には犯人が「不在」っていう話もあるし

すごいですね~ こんなミステリーがあるのですね

ホームズとワトスンに代表される、探偵と助手形式ですが
(新しいところでは、毒舌執事とお嬢様刑事 他にも 御手洗と石岡
「相棒」の二人、白鳥と田口・・・・・などなど)

こういう場合、探偵役がたいてい超個性的(超変わり者)で、
助手がそれに振り回される・・・・・という設定ですが
メルカトルと美袋は、そんなベタなことさえ超絶していて

なんせ、美袋はメルの策略で犯人と対峙させられたり
容疑者にされてしまったりするんだから・・・・・
(おまけにその後どうなったかは書いてないし~)

d0220848_8171843.png


この中の「答えのない絵本」
は、読者それぞれの推理の余地があり、ネットでも犯人が割れていますね~
私は I 君だと思うんだけどなー
[PR]
by juntumai | 2011-12-28 08:20 | 読んだ本 | Comments(0)