日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

先生の好意だったとは!

今週、小学校の参観と懇談会があり
今回は支援級の懇談会も行われました。

そこで出た話・・・・・
補助の先生の配置の件で、
今まで知らなかった!ということが判明

特別支援級に付く補助の先生は、「ティーチングスタッフ」(略してTS)
とよばれ、授業の支援も出来る立場であり、
実際に次男はTSの先生に算数を教えてもらったり、国語を
教えてもらったりしています。

そのTSの先生、なんと週20時間しか勤務できないそうで・・・・

週20時間というと、1日4時間!!

4時間目までしかいられないってこと

でも給食の補助や、掃除の時間もちゃんとついててくれているのを
何度も何度も見てきています。

それはすべて、サービス残業だった・・・というわけで・・・・

(もちろん、私用で休むときなどに振り替えする ということも
されているかもしれませんが、でも基本的にプラス1時間は毎日
サービス残業だったみたいです)

いまや1年生も5時間授業が当たり前だというのに、
4時間でおしまい・・・・なんてことは、実態に合ってないですよね。

勤務延長はなんとかならないのでしょうか。
先生の好意だけに頼っているのが現実だなんて・・・・・
最低でも週に30時間にして欲しい!

ということを、支援級の人たちや先生と話したことでした。

それでもTSが配置されるのは、宮崎市内のほんの一部の学校だけ
という実態も一方ではあります。

人数的にTSを配置するべき学校が、配置自体されてないという現実・・・・

すべて「予算」の問題なのでしょうが、スポーツ振興に回すお金を
少しくらい回してもらえないのかしら! と思います。

以前、療育施設に通っていたときに、ある講師の先生が

「今の世の中は、中高一貫教育などエリートにはお金を出すが、
教育的弱者にはお金を出さない」

ということを言ってましたが、まさにそうだと思います。

しかし、こんな実態を知らないで3年間過ごしてきた私も
反省しきりで・・・・

いったいどうしたら私たちの声を届けることが出来るのだろうか?
と、思っています。

(そのほかのことでも、また同じようなことで悩んでます。
自分には何が出来るのか・・・と色々悶々としています。)
[PR]
by juntumai | 2012-06-21 08:37 | 次男のこと | Comments(2)
Commented by yuraliya at 2012-06-22 15:07
本当に必要なところにお金を使ってくれるといいんですけどね・・・
非常勤という立場で、子どもたちのために頑張ってくれている多くの人たちがいることに、感謝します。

Commented by juntumai at 2012-06-22 22:19
ゆーらりやさん。

そうなんです、必要なんですよ~
だからこういったことは削減しないでほしいけれど・・・

結局は、「目に見えない成果」にはお金を払わず
「目で見える成果」のほうにお金をつぎ込む・・・・のでしょう。
でも教育というのは「目に見えない部分」のほうが
多いと思うんですよ。
ただ、「学力」とか「スポーツ」は目で見える成果を期待
できるから・・・・・そっちのほうにお金を回す ということ
なのかなあと思います。