日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

ひねくれものの息子たち

台風が来て、その後大雨があって・・・・・
学校は臨時休業になったり、大雨のときは授業を切り上げて
集団下校になったり  

と、いろいろあった1週間でした。
(2回とも、私が児童クラブの勤務のときでした)

こんな梅雨時に、ぴったりな昔話があります。
「おやふこうなあおがえる」 朝鮮半島の昔話。

お母さんのあおがえるの言うことにいつも逆らっていた
息子のあおがえる。

しかし、お母さんが病気になり、死期を悟ったお母さんがえるは

「私が死んだら、山にお墓を作ってもらいたいけれど、息子に
そう言えば、きっと川のそばにお墓を作るにちがいない・・・・」
と考え、

「私が死んだら川のそばにお墓を作っておくれ。山は嫌だからね」
・・・・と、わざと反対のことを息子のあおがえるに言って、死んでしまいます。

お母さんに死なれて、息子のあおがえるはこれまでのことを後悔し、
せめて最後にお母さんが言ったことだけは守ろうと思い
川のそばにお墓を作ってしまう・・・・

そして梅雨になると、毎日毎日雨が降るので
息子は、「川の水があふれて、お墓が流されたらどうしよう」と
いてもたってもいられず、空をあおいで泣いている・・・・・

それで今でも、あおがえるは、梅雨になると悲しい声で泣くのです。

・・・・・・・という、昔話です。

このおはなし、人がしているのを2回ほど聞きましたが
子供にすると、「シーン」となってしまうのですね~

子供にしてみたら、まず「母親が死ぬ」ということで、いたたまれぬ思いを
抱き、そして息子が母親の言ったことを守ろうと思ったことが、
逆に母親の意にそぐわないことなので、
さらにいたたまれなくなる・・・・

結果、「シーン」 となるんだろうなあ~

この前、娘のクラス(6年生)でやってみましたが、
母親がわざと反対の事を言うだろう・・・・・と早々と予測し
笑いが起こりましたが、

やはり最後は、「シーン」 でした。

それでも・・・・・

親子というのは、そういうものなのかも と思ったりも。

「おやふこうなあおがえる」の語りをする前に、これを
読みました。↓

d0220848_22491529.png


「だから?」

ひねくれものの息子つながりで・・・・・

こういうブラック系が、6年生はお好みだったようで

そして朝鮮半島つながりで、韓国の絵本

d0220848_22505980.png


ヨンイのビニールがさ

なんといっても絵の素晴らしさ!!

韓国の絵本のレベルの高さが伺えますが・・・・・・

私は正直、ちょっとだけ内容に引っかかりを感じたりもしています。
それでもそれを凌駕する絵の素晴らしさに感動。

でも子供たちは微妙だったみたい・・・・聞いてない子が2,3人ほどいました。
(その子たちは最初から聞く気がない子たちでしたが。かたくなに
絵本を見ようとしないですね~ だから語りの方がいいんですよね)

最後は修学旅行で長崎に行ったので、「でんでらりゅうば」の手遊びを
しました。
「龍の歌ではなく、出て来れないから行かないよ という歌なのよ~」
と言いながら

6年生の読み聞かせ

1.だから?
2.おやふこうなあおがえる(語り)
3.ヨンイのビニールがさ
4.でんでらりゅうば(手遊び)
[PR]
by juntumai | 2012-06-22 22:55 | 図書ボラ | Comments(10)
Commented by おはなしせつこ at 2012-06-24 12:49 x
同じように反対ばかり言っていたおやふこう息子がヤマバトになって、「ででぽっぽー(ててっぽっぽー)母ちゃんが流されるよ~」と鳴く話もありますね~
よく一緒に語りに行くおはなしゆみこさんが語ります。
静岡県にも、とび不幸というのがありました!
この時期ですよね~

「ヨインのビニールがさ」は私も持っています。やや暗い絵ですが、ヨインの気持が伝わってきます。
韓国の絵本は「さんねん峠」「しろいは うさぎ」「よじはん よじはん」「あかてぬぐいのおくさんと7にんのなかま」「マンヒの家」「あわ一つぶで よめをもらったわかもの」などを持っています。

中でも「しろいは うさぎ」が好きで、日本のわらべうた「光るはおやじのはげあたま」とは違う終わり方に感心しています。(ふかいは かあさんの こころだね)

「あわ一つぶ・・・」は、イタリアの「ギアッコ少年と豆」の類話で、こちらも語りたいのですが、まだ温めているところです。

近頃親に対して優しさを失っていたので、よいお話や絵本に出会えて感謝です!!

Commented by juntumai at 2012-06-24 19:56
せつこさん。

ヤマバトのおはなしは、知りませんでした。
同じようなおはなしでは、アメリカの昔話の
「ひねくれもののエイトジョン」なら、何回も人がしてるのを
聞いてます。でもあれは結末が・・・・怖いんですよね~~
同じく子供たちがシーンとしてしまいます(笑)

私も、「しろいはうさぎ」はよく使います。
私の読み方は、次に出てくる単語?を当てさせます。
私もあの「ふかいはかあさんのこころだね」 が大好きです。
巻末を読むと、また違った味わいがありますが・・・・
「よじはん よじはん」 も使ったことはないのですが
好きです~ 
かわいいですよね~なんかほのぼのしてしまいます。
「ヨンイ・・・」は、おじいさんに傘をさしかける場面は
絵にされてなく、おじいさんの目線で描いているところが
これまたすごいなあ・・・と思いました。
雨の音まで聞こえるような絵だなあと。

今日も大雨で、このままいくと
「川があふれるんじゃないか・・・・」と心配してるところです。
気持ちはまさに「あおがえる」です~
Commented by おはなしせつこ at 2012-06-24 21:34 x
じゅんこさま♪

ブログを読みながら、ひねくれもののエイトジョンも頭をかすめました。

反対のことを言ったり、したりという点は共通していますが、本人が反省しているかどうかというところがね~~
反省する前に消されちゃうのだから・・・コワッ!

親を敬うという儒教の教えは、日本人も影響を受けていますからね~
聞き手の子どもたちも、それなりのDNAを受け継いでいるのでしょう~

「よじはん よじはん」も「しろいは うさぎ」と一緒に子どもの本のお店で薦められたもので、良い絵本に出会えたと思っています。

登場人物の目がいいですね~
おしろい花も懐かしい!

韓流ドラマには、はまりませんでしたが、韓国の絵本には、はまりました~(^0^)V

Commented by kay at 2012-06-25 12:26 x
雨大丈夫でしたか?

夏休み、このまま予定が変わらなければ、
九州に行きますー^^
約20年ぶり・・・われながら驚くわ。
そんなにも行ってなかった事にも自分の年にも・・・

阿蘇は約25年ぶり・・・きゃー。

子供が血の池地獄を楽しみにしているのです。
渋すぎる・・・・

別府湯布院阿蘇高千穂と行くんですー^^
予定が変われば宮崎からこっちに帰って来るかもですが・・・
(だんなの転勤がありそうなんです)
Commented by juntumai at 2012-06-25 17:07
せつこさま。

そうです、エイトジョンの終わり方は、あおがえるの終わり方と
違い、「逆らったことばかり言ってると、本当にそうなっちゃうよー」
と自分の身に降りかかる「災い」ですが、儒教的な教えはまた
違いますよね。なんといったらいいのか・・・・精神的な苦難が
待っているというか・・・・
どっちが怖いかといえば、エイトジョンのほうが一見怖いのですが
精神的に安定できなくなるほうが、なんとなく嫌だなあ・・・・と
私は思ってしまいます。

私もこんなに使うなら「しろいはうさぎ」を買えばいいのに・・・・・
買いそびれて結局図書館で借りてばかりです。

また何かお勧めがありましたらぜひ・・・・いま、
どこかで披露したいのが、「とりつこうか ひっつこうか」
(日本の昔話)ですが、7月の読み聞かせで語ってみようかなと
思っています。
Commented by juntumai at 2012-06-25 17:15
kayちゃん。

いいなあ、夏休みの旅行・・・・・
うらやましい・・・・

ひとつアドバイスは、高千穂に行くなら宮崎空港で帰らず
やっぱり熊本空港に行くほうが断然近いです(残念ながら)
このコースだと、熊本空港→阿蘇→高千穂→湯布院→別府→大分空港 がいいかなあ・・・・・高千穂→湯布院 は時間かかりそう・・・・
熊本空港→阿蘇→黒川温泉→湯布院→別府 が無難かなあと
思います。温泉ばっかりだね(笑)
別府の地獄めぐりは、私はマジ感動!
でもあまりに観光客狙いの施設なので、それが少し興ざめですが
それでも私は好きです。
ザ・観光地!いいなあ・・・・・私も行きたい(遠い目)
Commented by kay at 2012-06-25 17:35 x
えっ 高千穂由布院は 遠いんだ・・・・・

ザ・観光地ルートですよねぇ・・・
子供が着いて来てくれるうちにがんばります笑
転勤思ってなかったんで、四国から九州へ行っちゃえ~のノリでして。
予定だと別府in・outフェリー利用なの。
転勤しなかったら愛媛の八幡浜から、転勤したら神戸か大阪から
フェリーに乗って行く予定なのです。
なので転勤した場合は高千穂から宮崎へ出てフェリーにしようかなーなんて安易に考えているんです・・・恥
転勤なければ高千穂からまた別府まで戻る・・・
やっぱ無謀だったのか・・・汗

宿取っちゃったんだよねー焦
Commented by じゅんこ at 2012-06-25 19:13 x
宮崎に住んでいながら言うのもなんですが・・・・

やっぱりこれだと、高千穂だけがルートからハズれているので
高千穂はナシのほうが、プランを立てやすいと思います。
阿蘇から九重経由で湯布院に行ったほうがいいと思いますよ。
九重も見る所いっぱいあるし、お子さんと楽しめる所が
多いです。(逆もしかり)
以前、私がHPにアップしていたコースがオススメなんだけど・・・・
もう消えてしまいました。
Commented by モグ at 2012-06-26 15:38 x
そちらは雨ひどいみたいだけれど、大丈夫?
こちらも先週火曜日は給食食べての下校だったけれど、
下校しなくても問題なしって感じだったくらい。
また明日から雨模様だけれど。ほんと異常な気候になってきたね。

おやふこうなあおがえる
こんな内容の他のお話もあったよね。
このお話、お母さんが救われないな~とか子供心に思っちゃった記憶が。どういうことをこの子あおがえるは、悟ったんだろう?とかね。
なんでこんな終わり方?とか、
色々と考えはあるね。子供の心はハッピーエンドで終わってほしかったな~。
Commented by juntumai at 2012-06-26 19:16
モグさん。

そう、先週の火曜日は台風で臨時休校(でもそうでもなかった)
翌々日の木曜日は大雨で、時間を切り上げて集団下校でした。
木曜日の大雨のほうがすごかったですよ~
ずーっと雨ばかりで、明日も大雨なんだとか・・・・・
でも梅雨の末期はいつもそうだよね。

そうそう、お母さんは救われないのだけど、今思うと
子供が悔い改めて言うことを聞いてくれた・・・・というだけで
「よかった」と私なんかは思ってしまいます(笑)
ただそれによって、子供がずっと苦しんでいるのは
親としてはツライけれどね~
昔話は決してハッピーエンドではなく、いいことをした人は
ハッピーエンドだし、悪い行いをした人にはそれなりの報いは
あるようになっています。
昔はそうだったよね、勧善懲悪な世界。
ただ、世の中が成熟して文化が発達すると、悪も矯正可能と
いう発想が生まれてきたのかなと私は思います。
言ってみれば「衣食足りて礼節を知る」みたいな・・・・
(ちょっと違うかな)