日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

ポマード

児童クラブで、必ず「先生、これ読んで」と言われるのが
「学校の怪談」(笑)

子供は本当に怖い話が好きですね~

この前、1年生の男の子6人に「学校の怪談」を読んであげた後
この学校に出たお化けの話(2年生の受け売り)で盛りあがり

さらに私が、「口裂け女」の話をしたら・・・・・

ほんとーに怖がってしまった1年生男子たち

(なぜ「口裂け女」の話になったかというと、最近になって
小6の娘が、「鹿児島に口裂け女が出たんだって!」と言ったもんだから)

「でも大丈夫!おまじない があるから、おまじないを言えば逃げるんだって」

と言ったものの、おまじないをド忘れしてしまい・・・・

「早く思い出して、先生!」 と言われても思い出せない

仕方ないので、
「だいじょうぶやが。1人で歩かなければいいんだから・・・・・」

と、言いかけて

「マズイ!!この子たちは5時になると1人で帰らなければならない子たちだった!」

ことを思い出して

「だいじょうぶ、だいじょうぶ。夜にならないと出ないから」(本当は夕方でるんだったよなあ・・・と
思いつつ)

それから、1人の子が何分か置きに

「先生、おまじない 思い出した?」 と聞いて来て・・・・

「ぼくが帰るまで思い出してよ!」とか、
「先生、口裂け女って5時には出ないよね?」とか

ああ、本当に怖いんだなあ・・・・悪いことしたなあ・・・・と後悔し、とにかくおまじないを思い出さねば
・・・・と焦るけれど、全然思い出せなくて
(4時半になったら長女が帰ってるはすだから、家に電話して聞いてみようかと思ったほど)

時間差で入室してきた2年生に、

「ねえねえ、口裂け女って知ってる?」と聞くと、知ってると言うので

「じゃあ、おまじない わかる?」 と聞いたら

「ポマード ポマード」

おおーーーー!!!そうだ~~ 「ポマード ポマード」だ~~

さっそく1年生男子に教えてあげたら、

「ポマードって何?」 と聞かれ

(その前に、「口裂け女は、べっこうあめが好き」と言ったら、「べっこう飴ってなに?」とも聞かれた)

「ぼく、覚えられないから自由帳に書く」 というので

「これくらい覚えなさい。ほら、ポマード、ポマード、ポマード・・・・・」

と、となえさせ

帰る時も、「ポマード、ポマード、ポマード」 と みんなで言いながら帰っていきました。

あんなに怖がるなら、言わなきゃよかった・・・・
しかも1人で帰らなきゃならない子たちに、言うことではなかった・・・・
もしかして、「なんでそんなこと吹き込んだんですかっ!」と親から
クレームきたらどうしよう・・・・・

と、とても後悔した私。(娘に話すと、やっぱり責められました)

それにしても「口裂け女」は、今も昔も、子供たちに恐怖心を与えるのですね~
(私も子供のころ、怖かったもんなあ・・・・・「口裂け女は走るのが早い」というのが
怖いですよね。すぐ追いつかれてしまう・・・というのが)

でも逆にそれを利用して、いつも「5時だから帰りますよ~」と言っても、なかなか
遊びをやめない子たちに

「はい、口裂け女が出ないうちに帰ろう!」と言ったら、パーっと帰っていったので(笑)
しばらくは使えそう

次の日、学校が終わって入室してきた1年生の男の子(一番怖がっていた子)が

「先生、ぼく、朝起きたときにちゃんと覚えてたよ!ポマードポマードって」

と、嬉しそうに言っていました。

「口裂け女」の伝説は廃れないですね~
 (佐土原に「ポマード」という喫茶店があるということも、小6の娘が言ってた)
[PR]
by juntumai | 2012-09-13 13:09 | 保育士