日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

お話会が今年も始まります。

毎年この時期は小学校の「お話会」の準備で忙しいのですが・・・・・

私は今年は役員をしてないので、出しゃばるのはやめよう と思っていたけれど
やっぱりそうもいかなくて

あれこれ調整にいそしんでいます。

役員の人たちは、入会して2年目ということもあり、長くいる人たちとは
接点があまりなかったので、主に私は「長くいる人」との調整役みたいな形で
サポートしています(ってただのおせっかいなんだけど)

私自身は、語りで参加する予定で、1年生をのぞく全学年(2年生~6年生)
に入ることになっていましたが・・・・・

まず、半年ばかり前から温めていた、高学年向けのおはなし
「手なし娘」に失敗し(語りの会で披露したら、思っていたよりあまりよくなかった)

「ルンペルシュティルツヘン」は、去年もしてて、5,6年生には使えない・・・・

最近いろんなところで語っている「とりつこうか ひっつこうか」は、相方さんの
お話と雰囲気がカブったりして使えなかったり

そんなこんなで、あまりテンションが上がらず、5年生は無理を言って他の人に
お願いし

6年生のおはなしは、「とりつこうか ひっつこうか」をするために、相方さんに
持ち話を変更してもらったり

いろんな方面で迷惑かけています。

でも、お話会のプログラムというのは、難しいもので
和物(日本の昔話)ばかり偏っている人同士が組むと、バランスが悪いし
(でも皆さん、自分の都合のいい日というものがあるので)

本音をいえば、私のような語り初心者で、持ち話に乏しい者に合うように
ベテランさんが、自分の持ち話を考えてくれればいいのだけれど・・・・・・
(考えてはくれているのですが、やはり「今、語りたいおはなし」が
皆さんそれぞれあるので)

ほーんと、難しいです。

すべては、「手なし娘」が語れなくなってしまったのが原因かしら・・・・

「手なし娘」というのは、世界各地に類似話がたくさんありますが
私が覚えたのは、日本の昔話(こぐま社)で、

継母に両手を切り落とされた娘が、自分を最初に見染めてくれた若旦那と
結婚し、子供を産むのだけど、

継母の策略によって、子供と一緒に婚家を追い出され

守護神の助けによって、子供の命を助けようとしたときに、失われた手が生えてくる

そして結果はハッピーエンド


と、ものすごくざっくり言うとそういうはなしです。

このおはなしの見せ場は3つあって

①冒頭で娘が継母により、両手をナタで切り落とされ谷に突き落とされてから
はいあがって、再び若旦那に出会うまで

②江戸にいる若旦那に、両親が「子どもが生まれたよ」という手紙を
(下男に)持たせるのですが、その途中で継母にその手紙を読まれ
継母が嘘の手紙に書き換えてしまうこと

③家を追い出された手なし娘が、子供の命を助けようとしたときに
手が生えること

私は、②の場面は喜々として語れるのですが(ホント、私ってヤマンバとか意地悪ばあさんとかが好き)

一番重要な③の場面、手なし娘に手が生えるところで

「手が見えない!」と指摘され

(つまり聞き手に手が生えたという情景が伝わらない ということです)

そこで手が見えなきゃ、このはなしは台無し です。

よくよく考えてみると、自分の中で「なぜ、手なし娘に手が生えるんだろう?」と
疑問に思う気持ちがあって、そういう思いで語っているので、聞き手に情景が
伝わってこないのかもしれない

それなら、このおはなしは私にはまだ出来ない

と、思ったわけです。

語りはやっぱり難しい・・・・
それだけ、自分の生きてきた過程であるとか、思いであるとか
それを表現できる行為だなあ とつくづく思います。

おはなしせつこさんに言われた

「あなたが選んだおはなしは、あなたに語ってもらいたいのですよ」

という言葉を、しみじみとかみしめている最中です。

きっといつかまた、「手なし娘」を語れる日がくると信じています。
[PR]
by juntumai | 2012-10-19 08:08 | 語り