日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

幸せの価値観

保育士の免許を取って働くようになってから、研修として保育者向け講演会に行く機会が
何回かあります。

今日は発達障害の講演会に行ってきたのですが・・・・

対象者が「小さい子を持つ親」向けだったので、私自身は少し物足りなく感じました。

物足りないというよりも・・・・・・うーん、なんだろ?
今までの考えてきたことなどを、講師の先生に系統立てて
代弁してもらっている感覚はありました。

特に、最後のほうに先生が力を入れて話していたこと

「親は幸せの価値観を変えなければならない」 というくだり

日本の今までの価値観の中では、発達障害を持つ子供は幸せを感じにくいだろう と。

そもそも、幸せってなに? ということ。

これはねー、ホントに今まで長い事かけて、自問自答してきた部分です。

私は、昔ネット上で(自分の掲示板で)

「子どもは、自分より先に死ななければそれでオッケー。それだけが願い」

みたいなことを書いて、なぜか反響が大きかったことがあり・・・・・

その中で、

「プラス、幸せになってもらいたい」

と書いてくれた方がいました。

そのとき、その方には申し訳なかったのですが、自分の中で「ん?」と引っかかってしまった部分があり

「この場合の幸せってなんだろう?それは親が考える幸せであって、子供が望む幸せとは
また違うのではないだろうか?」

と、思ったのです。

こう書くと、すごく「物分かりいい親」みたいな感じですが(笑)

「思うようにならない子」を育てる期間がとても長かったので、自然と自分の価値観も
変えざるを得なかった 

なので、講師の先生がおっしゃっていた「(価値観を)変える必要がある」のではなく、
自然と「変わってくる」のが現実かな

実は身近に、「親は子供をこう育てなきゃならない」 という、確固たる信念?を持った方が
いらっしゃるのですが(主に、仕事関係で)

正直、「そんなふうにあてはまるものでもないけどな」 と、心の中でいちいち反発してしまう自分が
います。

たぶん私がやってる仕事としては、そういう観念をどこかで持ちつつ、理想と現実の折り合いを
上手く取りながら、親御さんに働きかけていけばいいのでしょうが・・・・・・

うーん・・・・・そういう「~でなければならない」 という価値観自体が、私にはもう無いからなあ・・・・

私にできることは、親御さんに共感すること だけかなあ・・・・

たぶん、それから一歩進んで、何かを働きかけることがプロなのでしょう。

そういう意味では、もしかしたら自分は永遠に「プロ」になりきれないのかなと
思うのですが

うーん・・・・まとまらない(笑)
[PR]
by juntumai | 2012-10-22 16:20 | 保育士