日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

なら梨リベンジ

今週は、2日間、2年生のお話会で、「なら梨とり」を語りました。

どこのクラスもそうですが、落ち着かないというか、勝手気ままな態度の男の子が
必ずいるので、語る前は若干不安を感じていましたが・・・・・

(屋根チーのように、つかみはOK!というタイプのおはなしではないので)

いざ、語り始めると、あらら不思議不思議・・・・

シーンとして、怖いくらいはなしに入って聞いてくれました。

去年、3年生にこのおはなしをしたときは、私の力量がまだまだだったのか
聞く子と聞かない子とに分かれてしまい、とても落ち込んだものですが

同じ年に、別の小学校の2年生に「なら梨」を語ったら、とてもよく
聞いてくれて・・・・・三郎が、「いげっちゃがさがさ」 となってるほうに
入って行ったくだりでは、1人の男の子が「よし!」と言ってくれたりとか

もしやこのおはなしは、2年生がビンゴなのでは?? と思い
うちの学校でもう1回、今度は2年生でやってみようと思ったのです。

ところが、先週、この「なら梨」を戻していたら(練習していたら)
娘が

「これ、給食の時間にかかってた」 というのです。

どうやら給食の時間に「なら梨とり」のおはなしが、放送されたらしく・・・・・・

「えー、じゃあ、おはなしを変えたほうがいいのかなあ」 と思ったのですが

「かえって聞いていたおはなしのほうが、なじみがあって聞きやすいかも」

と言って下さる方もいたので、予定通り「なら梨」をすることにしました。

話し始めると、「あ!知ってる」 という反応をする子が多かったのですが
それがかえって良かったのか、よーーーーく聞いてくれました。

1年生では、言葉回しが難しいので、わからない言葉に引っかかって
そこで立ち止まってしまう子が多いかもしれない・・・・・・と、他の方は言います。

たぶん、覚えたテキストによっても違うのかな・・・・
もう少し小さい子でもついていけるようなテキストだと、いいのかもしれないのですが
私は「おはなしのろうそく」で覚えたものですから、いろいろなじみのない言葉が
多いです。
(「ふくべ」とか、「切れ刃(やいば)」とか)

最後に聞こえてくるなら梨の歌も、歌い終わってからある女の子が
「意味がわかんない」

とつぶやいていたのですが、

その後のおはなしの展開で、意味がわかったようでした。
(「ああ、そういうこと!」みたいに納得した顔をしていました)

語り終わってから、その子に
「歌の意味、わかった?」 と聞いたら、恥ずかしそうにうなずいていました。

今年は少し、「行げっちゃがさがさ、行ぐなっちゃがさがさ」 の言い回しを
変えてみました。
そうすると、とてもリズムに乗って語りやすく、語っていてラクでした。

そんなふうにおはなしは、語れば語るほど、進化していくものなのですね。
リベンジ出来てよかった!
[PR]
by juntumai | 2012-11-07 12:47 | 語り