日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

唄とピアノと語りと

昨夜は、平和台公園のレストハウス「待夢」で行われた
「唄とピアノと語りと・・・アルケミストと「二人の会」コラボレーション」

という公演会に行ってきました。

宮崎在住の女優、濱崎けい子さんのワークショップに2,3回ほど
参加したことがあって、これまで何度か濱崎先生の公演に誘われていたのですが

基本的に平日の夜は出にくいので、断り続けていたのですが
今回は、「行きます!」と即答。

濱崎先生の公演は、少し想像つくのですが、アルケミストとのコラボ??
アルケミストとはなんぞや?状態だけれども、行ってからわかるわ的な感じで

・・・・・・そして、行ってみて、ものすごい衝撃を受けました

濱崎先生の「のはらうた」の語りは、ワークショップでも何度もナマでお聞きしていましたが

それと、アルケミストさんの童謡とピアノがピッタリとマッチしてて
まずそれに衝撃!
(おなじみの「雨のゆうえんち」とか「七つの子」が、こんなにも情緒豊かに
透き通るように心に響くとは・・・・

そして中原中也の「月夜の浜辺」の朗読のあと、「月の砂漠」の唄声
これが、もう!!久々、鳥肌立ちました。

この時点で、涙があふれ出てきて・・・・・
この後のすべての演目と唄に涙、涙・・・・・

なんでこんなに泣いてしまうのだろう というくらい泣けてしまいました。

コンサートのこと、アルケミストさんのこと、色々書きたいのですが
なんだか上手く書けないので

とにかく良かった!!
ダンナにも聞かせてあげたかった!

帰ってから、「ユーチューブで聞いてみて!でもナマにはかなわないけど」
と、興奮気味でまくしたてる私(笑)

ボーカルの「こんやしょうたろうさん」は、宮崎県の田野町出身なので、
後半のコンサートの途中で、「世界に誇れる田野小学校の校歌」を唄ってくれて・・・・・

これが、「これ、本当に校歌なの?」というくらい、田野小学校という名前が
出て来ない(笑)
こんやさんいわく、「3番でやっと、取ってつけたように田野小学校というフレーズが
出てきます」 と言っていました。

田野小は、仕事関係で何度か、お話会でも1回行ってますが
こんなに素晴らしい校歌だったんですね。

会場には、宮崎出身の俳優、本田誠人さんも来てて、
「延岡から来ました、堺雅人です」

と、笑いを取ってました。

堺雅人さんも宮崎出身で、濱崎先生の愛弟子的な存在でもあります。

しかしねー、昔から思っていたけれど

宮崎出身のアーティストって本当に多くて

今井美樹
浅香唯
コブクロ小渕さん
温水さん
お騒がせの鬼束ちひろ
最近では、GILL(ジル)

あと、色々と・・・・挙げたらキリがないくらい

都会ほどの誘惑も少なくて、なにもないところなので
自分の「好きなこと」を突き詰められる環境にあるような気がします。

「自分はこれが好きだから、これをしたい」

と、他に惑わされずに(誘惑が少ない分)、純粋にそれを頑張ってみよう
そして、東京や大阪や海外に行ってやってみたい!

と、夢に向かって進む土壌があるのかな と

結果、多くのアーティストを生み出してきたのかな と
私なりに解釈していますが・・・・・

ともあれ、本当に行ってよかったです>今回の公演

子供たちも大きくなって、こういうところに行きやすくなったせいもありますね。
子供が大きくなってからの楽しみ というのも、これから少しずつ増やして
行きたいな と思いました。
[PR]
by juntumai | 2012-11-16 08:34 | おでかけ | Comments(0)