日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

中学受験

以前にもブログで紹介しましたが、「おかしなゆき ふしぎなこおり」

先日の読み聞かせの際に、時間が足りなかったけれど、ぜひ見てもらいたいと
思って、文章は読まないで(時々説明を加えながら)写真だけ見てもらいました。

d0220848_8343479.jpg



宮崎は山間地域以外は、ほとんど雪を見ることがないので
こーんなに降り積もってホットケーキのようになっている写真を見ると

「わー!!」と声があがります。
「ヤバイ、ヤバイ」という声もあがります(笑)

実際に豪雪地方に住んでいる方たちにとっては、うんざりする大雪でも
宮崎の子たちにとっては、ほとんど「未知の世界」

雪を題材にした絵本はたくさんあるけれど、絵よりも写真で実際に見た方が
インパクトがあるし、実際あまり雪を見たことのない子たちにとっては
より効果的かなあ・・・・と思いました。

この前は別の学校で3年生に、今週はうちの学校で4年生に見せましたが
大きい子たちでも充分オッケーだと思います。
(中学生の読み聞かせで相談受けたときも、オススメしておきました)

特に4年生、理科の単元で温度による水の変化を勉強したばかりなので
タイミング良かったのでした。


******

地元新聞で、宮崎の中学受験の実情が特集されています。

6年生の娘の周りでも、受験する子はクラスの3分の1はいるのかな?
(あんまりよく知らない)

記事によると

宮崎の中学受験ブームは、現在高3の息子が6年生だったときからだそうで
この年、西高附属中(県立)が開校。それ以降、県立の中高一貫校を目指す子たちが
増え、併せて私立の中高一貫校に進む子も増えてきました。

以前は、宮崎大附属中や西高附属中に入れなかった子たちは、公立の中学に
進むパターンが多かったのですが、そういう子たちは公立中には行かず
私立中学に行くケースが多くなりました。

そして、西附第1期生が今年、いよいよ大学受験を迎えています。
はたして、成果はいかに・・・・・といったところで、県内の教育関係者は注目していると思います。

この西附第1期生と、(他の高校に行っている)息子たちは、常に比較されてきたのですが・・・・

私としては、地元の公立中学出身の息子たちが一矢報いてくれることを、密かに願っているところ

・・・・・なーんてね!(笑)

いや、半分マジで。

だって、娘の周囲も、公立中学の悪口言う人たくさんいるし
子供たち自身が実際そんなふうに言う子も多いし
(まだ行ってるわけではないのに)

まあ私も、公立中に関しては思うところはたくさんありますが(実際通わせていたからね)

そんなふうに行ってもいない人が、悪口めいたことを言うと
「地元中学で何が悪いのよ」 と、つい思ってしまいます。
こっちは中学受験の悪口なんて全然言ってないのに(笑)

そんなわけで、息子たちには頑張って欲しいけれど・・・・・・
もちろん、そのために頑張るのではなく、自分の決めた目標に向かって
頑張って欲しいのですけどね~

******

読み聞かせ(4年生)

1.たべものだーれ?
2.おもちのきもち
3.<語り>お年玉のはじまり
4.(写真見せて紹介しただけですが)「おかしなゆき ふしぎなこおり」
5.十二支のかぞえうた

1と5は、みんな喜ぶなあ・・・・便利だなあ・・・・
[PR]
by juntumai | 2013-01-30 09:03 | 図書ボラ | Comments(2)
Commented by yuraliya at 2013-01-31 18:29
お友達のお子さんが、宮崎の中高一貫校に通っているようです。
中学受験、大変なのですね。

こちらでは、県立の中高一貫校は近くにないので、
私立を受験する子が少しいるくらいです。
でも、受験勉強のために小学校を休ませる親もいて、
何のための受験なのかな・・・と思ってしまいます。
塾も合格率を上げるために、成績が芳しくない子を
受験させなかったりするらしく、小学生のうちから
傷つかなくていいところで傷ついたりしているんだろうな・・・。

うちの子はまったく受験する気なんてありませんが^^;

Commented by juntumai at 2013-01-31 21:30
ゆーらりやさん。

そうなんですねー、宮崎のお友達がいらっしゃるのですね。

それがね、長男のときは「中学はどこに行きますか?」なんて
聞かれることはあまりなかったのですが、長女になってから
「中学はどこに行く?」と聞かれることが多くなったんです。
長男の中学の先生にも、「妹さん、ここ来るの?」と聞かれたり(笑)
それだけ受験する子が増えて、当り前になってきたってことですよね。

受験する子の親御さんとよく話すのですが、塾の先生が言うことは
「将来の選択肢を増やすため」 が受験を薦められる常套句?に
なっているようです。

でも逆に、公立中に行ったら選択肢が狭められるのかしら??
・・・・と、私は疑問に思うんですよね。

まだ息子の将来は混沌としてわかりませんが、可能性だけは
限りなく広がっていると思っています。

結局どっちへ進んでも、その子自身の問題 と言えるのでは
ないでしょうか・・・・・

って、実は当り前なことなんですけどね・・・・・