日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

次男11歳

本日、次男は11歳になりました。もう11歳!!
次男は大きくなるのがひときわ早く感じられます。

先日、月に1度の療育に行ったときに、長男の時からカウセリングを
してもらっている先生と少しの時間ですが面談できました。

長男が東京の大学に行ったことを話すと、
「もうそんなになったんですね~」 と感慨深げでした。

本題の次男に対してのこと・・・・・

新学期になってから、交流級で頑張っている分、支援級でストレスを発散するのか、
支援級ではなかなか勉強に集中できない ということをお話しました。

今までにないことだったので、支援級の先生も心配してて・・・・
相当ストレス、溜まっているんじゃないかと

私が思いつくことを色々あげてみると・・・・・

まず、交流級の担任の先生が、去年に引き続き、転任してきたばかりの先生であること

→次男にとっても私にとっても、先生にとっても、まったく前情報がないのは不安なんですよね。
 それでも去年の交流級の先生は「大当たり!」で、とても幸運でしたが・・・・・

教科ごとに先生が変わりすぎかな?と思うこと

→次男は、国語・算数を支援級、理科・音楽は専科、その他を交流級 になってます。
 関わる先生だけでも4人から5人。先生たちそれぞれのやり方に合わせるのは、次男じゃなくても
 少し大変だと思うのですが・・・・・・

4年間、ずっと教えてきてくれたティーチングスタッフの先生が異動されて
新しいティーチングスタッフの先生に変わった事

→これが実は一番大きな変化だと思います、次男にとっては。

と、まあ、ざっと挙げただけでもこんなに変化が・・・・・・

ただでさえ、環境の変化に弱い特性を持つ子なのに、これじゃあ許容範囲を超えていませんか?

・・・・・と、相談したわけです。

先生は、「R君にとって、どの先生を頼りにしていいか、混乱してるでしょうね」
と言ってました。

今のところ、唯一甘えられるのは支援クラスの先生。
だから、支援クラスでは「いうことを聞かない子」になってしまったのかなあ・・・・・

この日は急遽、面談を申し込んだのでゆっくり話せず、ここで時間切れ。
でも私も話せてスッキリしました。

やっぱり解決策うんぬんよりも、聞いてもらえるだけでなんとなく展望が
みえてくるような気がするのは、いつものことですが(笑)

連休の中3日間は、落ち着いて勉強しているとのこと。

でも連休後がまた正念場。
毎年この時期を乗り越えれば、あとは上手くいくので・・・・・がんばれ~
[PR]
by juntumai | 2013-05-02 10:32 | 次男のこと | Comments(2)
Commented by nonmama at 2013-05-03 00:55 x
次男君、11歳おめでとうございます。

息子、音楽は交流へ行きたがらないので・・・
(たぶん笛が苦手だからなのだと思います)
他は次男君と同じです。

そう考えると接する先生、確かに多いですよね。
疲れるのも(荒れるのも)わかる気がします。。
いまの小学生って、大変なのですね。。

支援級の先生には甘えられる・・・
そう考えたことはなかったので、そうなのかもしれないです。

話すとスッキリしますね。
たまには必要なことなんですよね~きっと。
Commented by juntumai at 2013-05-03 10:11
nonnmamaさん。

私自身は、交流級で頑張っているので、支援級で集中
できないのは仕方ないかなと思っているのですが、支援級の
先生が気の毒で(笑)
支援級の先生には前から、「ごめんなさい、きっと先生にだけしか
甘えられないんですよ」
と、言っていたとこなんですよ。
だって明らかに、支援級の先生には甘えてるもの~
これは他の子たちもそう。
ホント、支援級の先生は大変です。
次男は今まで手がかからない子だっただけに、先生としてみたら
「どうしちゃったんだろう」と心配してるのですが、1年経って
甘えるようになっただけかなー と思います(支援級の担任の先生も
去年変わったばかりなので)

でも前にコメント欄で書いたと思いますが、中学もこんなふうに
教科ごとに違うでしょう、だから今からその練習と思って
こういう状況に慣れるのも必要かなと思います。

入学したばかりの長女は、毎日疲れきっているので・・・・

普段の授業のこと、部活のこと、友達のこと・・・・・
何もかもが新たなスタートなので、もういっぱいいっぱいみたいで

1学期が終わる頃には慣れてくるかなあと思いますが・・・・
夏休みがこれまた余計だな(笑)