日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

真夏の方程式よんだ~

ドラマ「ガリレオシリーズ」は、視聴率はいいのに悪評が続いているそうですが
たぶん悪評たれてるのは、原作ファンかなあ・・・・・・
私も柴咲コウの時から、「この女刑事、いらねー」と思っていたので。

初期の「ガリレオ」原作ファンとしては、最初にドラマ化されたときに、
「なぜに女刑事が登場するの?」と違和感がありました。
(当時、柴咲演じる内海刑事は原作では全くといっていいほど出てこなかったので)

「聖女の救済」で本格的に登場した内海刑事は、ドラマのような文句たれのドジキャラ?
ではなく、聡明で冷静。自分の立場をわきまえていて、好感もてるキャラなのに
(じゃなければ、警視庁で刑事として勤務はできないはず)

それでも映画の「容疑者Xの献身」からは、だいぶ柴咲コウに違和感なくなってきたのですが・・・・

今回のシリーズの吉高の描き方はセンスないですよね~
吉高ちゃん自身はそれほど嫌いじゃないのですが、あのキャラはセンスない。 
2番煎じもいいとこ。それなら柴咲コウでよかったのに。
柴咲下ろすなら、吉高の刑事役のキャラを全然別の感じに変えたほうがよかったのに。

そんなわけで、第3話の録画を見て以来、まだ録画は続いてますが見る気がしない

6月に映画化される「真夏の方程式」ですが

今月、文庫が発売されました(待ってたよー。早く「麒麟の翼」が文庫化されて欲しい)

d0220848_1132411.jpg


読み終わった時点で、映画のサイトにいってキャスト陣を確認。

やっぱり吉高だよ・・・・・見る気が失せる~
(といっても見るとしたらDVDか、いずれやるであろう地上波放送のときか)

映画を見る予定の人は、原作は読まない方がいいと思います。
やっぱり最後の最後で、ちょっとばかり驚いた
(しかも映画のコピーが言うように、「知らなきゃよかった」感がありました)

一番悪いのは、あの人物だよなー! と思うのは私だけ?

なんか、みんなが苦しい話で、現実に置き換えると救いがないような気もするし、
救いがあったとしても重いなー・・・・・という感想でした。

たぶん、映画では美しい海の映像がそれを救ってくれるような気がします。
今回の文庫化で、このカラフルな表紙にしたのも正解だったかも~
じゃなきゃ、重いわ~・・・・・・
[PR]
by juntumai | 2013-05-22 11:42 | 読んだ本 | Comments(0)