日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

色々ありました

台風が近づいていて、小学校は臨時休校、中学は自宅待機。
「お子さんたちが休みなら、休んでいいですよ(欠勤扱いだけど)」
と職場の人に言われたので、わたしも久々家にいます。

この仕事を始めて、早いもので残り1週間となりました。

重なるときは重なるもので・・・・・(来ないときは全然来ないのですが)

この1ヶ月のあいだに、登録をかけていたところから次々と
「来月から来てくれませんか?」と連絡があり、
色々迷った結果、「本命」に決めました。

でもその「本命」も一応、3月まで。
その後、更新できるかどうかはわかりませんが・・・・・

給料的には他のところがいいのですが、子供の夏休みを考えると
少しでも時間が短くて、月実働日も少ないところがいいかなー
になってしまいますね~

やっぱり子供が小学生のうちは、長期休みがネックです。
普段は良くても、あの長い夏休みを思うと二の足踏んでしまいます。
冬休みや春休みくらいの短さだったら、まだいいんだけどなあ・・・・・


*****


この3週間の間に、次男に色々ありました。

夜、先生から電話がかかってきて

「お母さん、見ました?」 

何を?

と思って聞くと、次男が自分の名前の下に
「しょうがい者」 と書いていた ということ・・・・・

先生が驚いて、本人に聞くと

「友達が僕のことをそう呼ぶから」

驚いた先生は、すぐに交流級の先生にそれを伝えて・・・・・

それから色々ありました。

支援級の先生を交えて、クラスで
「障害について」
のお話をしてもらいました。

いつかは来る と思っていたのですが、ついに来た(このタイミングで)

と、私は感じています。

やっぱり避けて通れないですね・・・・・・

救われたのは、同じ自閉症の子供がいるお母さん

今年、妹さんが次男と同じクラスなので、彼女から声をかけてきてくれて
私の思いを色々代弁してくれました。

やっぱり私は私で、こうやって周りに理解者を増やしていくことが必要なんだな
と改めて感じました。

次男に対しては、今までもそうでしたが

「苦手なことや不得意なことがあるかもしれないけれど、それ以上に得意なことや
頑張っているところがたくさんあるから、胸を張って、自信をもって生きていこう」

ということを、繰り返し言っていこうと思っています。
[PR]
by juntumai | 2013-06-21 07:54 | 次男のこと | Comments(2)
Commented by nonmama at 2013-06-23 20:59 x
今日は子ども会のお勤めで勉強会に参加しましたが
お昼を挟んで5時間缶詰めはきつかったです。
疲れました。。

次男君、そんなことがあったのですね。
息子も5年生でクラスの子に障害についてからかわれて告知をしたので
そういうことが起きる年頃と思いつつも、やはり良くないですよね。。
先生方の対応、とても早いですね。(当たり前のこととも思いますが)

息子は今もたまにからかわれることがあるみたいです。
思い出したように話してくれることがあるので
いつの話?と思うのですが(笑)
苦手さ(障害)を持っていることは恥ずかしいことではないし
言われても堂々としていないさいと私も話しています。
何かあったら先生に言うんだよって。

なんだかこういうことがあると、色々と考えてしまいますよね。
新刊、早く読みたいですね。
Commented by juntumai at 2013-06-24 19:43
nonmamaさん。

そうですよねー、確かノン君も高学年になってから
同じようなことがあったなあ・・・・と思い出していました。
先生方は本当に素早く対応してくれました。
支援級の先生がすぐに色々動いてくれて

今回は支援級の先生が先に見つけてくれたので
それもありがたかったな と思います。
親としては本当にダメだったと思うのですが、
私は全然気がついてなくて・・・・・
でも自分で見つけなくてよかったかも・・・・もし私が見つけて
しまったら、ものすごくショック受けただろうし
先生から聞くことで、冷静に色々考えることが出来たと思います。

でも先生にはその分、親以上に辛い思いをさせてしまったのでは
と申し訳なく思っています。

次男は書く事で思いを発散するところがあるので、
「書いてすっきりした?」 と聞きました。

「でも書くと、ずっと残ってしまって、それを見ると嫌な思いが
するでしょう。だから書かないで、ママとか先生に言うんだよ」

と言いましたが・・・・・・

やっぱりこの先、同じようなことがあるでしょうね