日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

娘、初試合。でも・・・・

この前、娘の弓道初試合がありました。

試合会場で本番前に練習する機会があったのですが
その時はまったく当たらず・・・・・・

ところが本番、奇跡は起きた(笑)

1本だけ当たりました~
普段当たっている子でも、本番は1本も当たらない子が何人もいたのに

当たった瞬間は、パパと顔を見合わせて
「いま、当たったよね?」 と確認しちゃったほど

後から聞くと、本人もそうだったようで
「え?今、当たったのかなあ・・・・」みたいな感じだったとか(笑)

弓道は見ていてもあまりおもしろくないけれど(動きが同じなので)
やってるほうはかなりの精神力が必要だろうと思います。

まさに「自分との闘い」 という言葉がぴったり。

特に決勝トーナメントの緊張感たるや、すごいですね。
「1本競射」になった時には・・・・・自分だったら耐えられないや(笑)

団体では優勝もして、自分も1本当たって、ルンルン気分だった娘

ところが、翌日一気に地獄の底に(笑)

娘のちょっとした不注意で部停になり、翌日の大会は他のみんなは
出場できるけれど、娘は出場できないことになりました。

帰ってくるなり、玄関で号泣するので
「なになに??どうしたの?」 とびっくり
(帰ってくる途中で、へんな人に襲われたのかと思った)

その日は1日じゅう泣いていて、晩御飯も食べずに泣き寝入り。
心配した友達が電話をかけてきてくれたのが救いでした。

翌日の大会は、みんな弓道着を着ているなか、娘ともうひとりの子
(その子も処分対象)だけ体操着で、頑張って矢取をしていました。

他の子たちや先輩たち、親御さんたちにも
「かわいそうに・・・・たったあれだけで・・・・」 と同情され

それでも結局その週は、弓道部の全員で奉仕作業になっちゃったから
やっぱり迷惑かけてることに変わりはないので

でも正直、ちょっと納得できない展開でした>わたし的には。

(他の方もいろいろ私の気持ちを代弁してくれるので、それに救われました。)

長男に
「(娘が)部停になった。試合も出れんかった」
とメールしたら、普段は返事をよこさないのに、すぐに

「なにがあっただ?」
と返事がきて・・・・・事情を書いて送ったら

パパのラインを使って、「どんまい」 と返事がきたそうです。
(「へいちゃんから、どんまいって返事がきたー」 と、娘は嬉しそうでした)
[PR]
by juntumai | 2013-10-20 08:12 | こどもたち | Comments(2)
Commented by yuraliya at 2013-10-30 09:59
長女ちゃん、大変なことになってしまいましたね。
でも、これを乗り越えると、弓道に対する思いも強くなって、
緊張の中でも中るようになるんじゃないでしょうか。

うちの長男は、練習ではよく皆中するようですが、
この前の新人大会ではすべてはずしてしまったりと、
なかなか気持ちの面でうまくいきません。
ただ、団体戦ではお互いうまくカバーし合って、
新人大会準優勝で、今週末は佐賀で行われる九州大会に
出場することになりました。
九州はレベルが高いらしく、インターハイのときは悲惨な
結果だったようですが、今回はその経験を糧に頑張ってほしいものです。
中学時代は不登校なども経験しましたが、弓道で大きく成長しています。

長女ちゃんも大きく成長しますように!
Commented by juntumai at 2013-10-30 17:11
ゆーらりやさん。

私が長女に言ったのは、「弓道は野球と違って、みんなが試合に
出られるけれど、これで出れない気持ちがわかったでしょう。
みんなが出てるのに悔しいよね。
でもお兄ちゃんはずーっと出れなくて、下級生に追い越されてばかり
いたけど、頑張って下積みずっとやってたよね。
だから明日は矢取、頑張ろうね」

と言いました。

試合に出られるって当たり前ではなく、本当に貴重なことなんだよ
・・・・ということが、身にしみてわかったと思います。

だから今度試合に出たときは、あの時の気持ちを思い出して
きっと頑張れるんじゃないかなあ~

その前に、審査会があります。娘は現在、そっちに掛けているようです。

息子さん、すごいですね!!
何か打ち込めるものがあると、本当に変わりますよね。
またこれから楽しみですね~