日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

幸せなきもち

年明けの読み聞かせ。

ひとつは、公立の図書館でのおはなし会。
もうひとつは、小学校の5年生の朝のおはなし会でした。

図書館のおはなし会では、小さい子の時間で
「干支のはじまり」を語りました。

どんなに小さい子でも、自分の干支を知っている・・・・
というのは本当のようで

「みんなは何どしなの?」と聞いてみると、
次々と声があがりました。

私が語る「干支のはじまり」は、こぐま社の「日本の昔話」が出典で
なまりがキツいのですが。幼稚園生くらいだとちゃんと知っていて

「ねこがだまされるんだよ!」

と、ご丁寧にオチまで大きな声で言ってくれました(笑)

でもいいんです、「知っているおはなし」をその場のみんなと
共有するというのは、それはそれで子供にとっては、喜びとなると思うので

一方、5年生でのおはなしは、先日のブログに書いた「馬の首」
を語りました。

これがまあ!
かたずをのんで、聞く聞く!

しかも長さもちょうどいい感じ。

短いけれど、インパクトあるおはなしだなあと思ったのが、
まさにそのとおりだった!

でも5年生ともなると、オチは予測できてそれらしきことを口にする子も
いるのですが・・・・・

「わたしの左の耳から入って、右の耳から出ておいで」

というセリフに、何人もの女の子たちが
顔を見合わせました。(「あ、さっきと逆だね」というように・・・・・)

いい聞き手さんたちのおかげで、その後の勤務中も
楽しい気分で過ごせました。

やっぱりおはなしを続けていれば、幸せな気持ちになれますね~
(もちろん、失敗はいろいろありますけどね。)
[PR]
by juntumai | 2014-01-20 19:52 | 語り | Comments(5)
Commented by おはなしせつこ at 2014-02-01 20:44 x
おはなし会は本当に幸せな気持ちになりますね~
相棒のゆみこさんと「シアワセ!」を連発していて、これってお歳だから?と、思ってきましたが、じゅんこさんもそうなら安心!!

「馬の首」のことをお聞きして、ロシアの昔話「魔法の馬」を思い出しました。
よく知られたイワンのばかの話ですが、右の耳のなかにもぐりこんで、左の耳からはいでてくると立派な若者になっている!って、ワクワクしちゃいますよね~
こちらを覚えようかと考えていたのですが、やはり短さに惹かれて、おはなしのろうそく29を発注しました。

おとしだまのはなしは、テキストが見当たらなくなってしまい、今年は断念しました、

その代わり、十二支のはなしは保育園の年中、年長、小2で2回しました。
どこで覚えたか聞いたら、テレビだと言っていました!!
Commented by juntumai at 2014-02-02 20:13
せつこさん。

わー、そういうおはなしが元々ロシアにはあって、しかも
「イワンのばか」がそうだったとは!
「イワンのばか」ってそういうおはなしだったのですね!
私って無知だわ~お恥ずかしい限りです(汗)

今月は、図書館のおはなし会をピンチヒッターですることに
なったのでそれが1回、小学校が1回、中学が2回 と
「おはなし月」となりました。

まだプログラムは考えてませんが、
「馬の首」は入れるつもりです。図書館のおはなし会は
2人のベテランさんがいらっしゃるので、私が語るか
どうかはわかりませんが・・・・・

十二支のはなし、テレビでやっていたのですか?
こっちの幼稚園生は絵本で覚えたそうです。
それだけインパクトがあるのでしょうね。
私も子供の頃に見た、「日本むかし話」の十二支のはなし
がいまだに記憶にあるので・・・・・
Commented by おはなしせつこ at 2014-02-03 23:41 x
じゅんこさま♪

「魔法の馬」がイワンのばかの話だったと気付いたのは、たまたまですよ~
ところで「馬の首」も「魔法の馬」も、アレクセイ・トルストイの再話でした!!
馬の耳にもぐり込むところが同じですから・・・納得!!

「馬の首」は、素直で従順な姉と反抗的な妹という昔話によくある話ですが、馬の耳にもぐり込むところが不思議でドキドキしますね~

長い話はそれなりに聞き応えがありますが、短い割に聞き応えのあるものもあって、やっぱりミリョクありますよね~

「馬の耳」やってみますね~
Commented by juntumai at 2014-02-04 19:28
せつこさま。

両方ともトルストイの再話だったんですねー。
ロシアでは馬の耳に入る というのはメジャーな
ネタなのでしょうか?(笑)

実は昨日はピンチヒッターで朝の読み聞かせに
入り、4年生で「馬の首」を語りました。
5年生と同じで、食い入るように聞いてくれて
最後の「左の耳から入って・・・」のくだりでは、何人かが
顔を見合わせていました。

やはりこの話、オススメです!
おそらくどこでもハズレがないと思いますが・・・・・
今度、中1と中2でやってみますね。
Commented by juntumai at 2014-02-04 19:33
(追加)

一人だけ、どうしても聞けない子がいて、チョロチョロと
後ろのほうで走ったりしていましたが
その子に引きづられることなく、みんな固唾を飲んで
聞いてくれました。
たぶんそういう子は視覚から入る情報じゃないと
ダメな子なんだろうなー(つまりうちの男の子たちと一緒。
でもうちの男の子たちは母ちゃんのブツブツいう練習を
聞いてますので、おはなし となると耳ダンボですが)

それでも誰ひとりとしてその子につられることが
なかったのがびっくりしました。
(たぶん、いつものことなので慣れてるのかなあと
想像しましたが)