日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

ラチとらいおん

今年度、最後の読み聞かせは次男の支援クラスでした。

メインの本は、「ラチとらいおん」

d0220848_13175261.jpg


この本は小さいので、大勢の読み聞かせには向きません。

でも支援クラスのような少人数のクラスでは読めます。

前からずーっと読みたかったの!
やっと読めた!

そしてやっぱりよかった・・・・・

次男の支援クラスは全員男の子なんだけど、本当にピッタリだった。
(たぶん)ラチに感情移入してくれたんじゃないかな と思います。

期せずして今の時期にピッタリでした。
このはなしは、「自立」のおはなしだもの・・・・・

昔は、最後のらいおんの手紙で泣けたけれど

今は、らいおんの手紙を読むと、「よかったね」って思えるようになりました。

やっぱり母親である私も、子どもの成長とともに変化してくるのですね・・・・

初めて読んだのは、長男が幼稚園だった頃。
あの時長男がらいおんの手紙で涙して、それを見て私も泣いて・・・・

でもそんな長男も私の元から旅立っていったし~

それを経験したので、らいおんの手紙が「よかったね」と思えるようになったのかな

今年もまた、旅立ちの季節になりました~

去年の卒業式に、息子のクラスの先生が言ったっけ

「これから宮崎を離れて、国内でも海外でも活躍していく人が多いと思いますが、
宮崎のことを忘れないでください。
こういう仕事をしてると、毎年、こうやって宮崎から人材が流出してしまうんだな
とついつい思ってしまうけれど・・・・・
皆さんがここまで育ったのは、親御さんを始め、たくさんの宮崎の人の
助けがあったから。
だから、遠く離れていても、宮崎のことをちょっとでもいいから
意識して生活して欲しいと思います。」

あんまりこういうことを言うキャラの先生じゃなかったから(笑)
余計、胸にしみた

でも多いですよ、ヒトカドの名声を得てから、宮崎に還元してくれる人が・・・・
(有名シェフ系に多いような気がしますが)

ついつい脱線しましたが、やっぱり「ラチとらいおん」はいいな と思ったことでした。
できるなら、毎年この時期に読みたいな。
[PR]
by juntumai | 2014-03-10 13:32 | 図書ボラ | Comments(0)