日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

花子と杏(←これも狙ったな、きっと)

このたび始まった朝ドラ「花子とアン」は、「赤毛のアン」のオマージュが
各所に散りばめられて、私世代で「村岡花子の赤毛のアン」にハマった
人にとっては、割と楽しめるようになっていると思いますが、どうでしょうか?

朝市、石版事件(この名前は完全に「アサイチ」狙ったよね)

朝市のお母さんが、リンという名前

奉公先が「女はいらない、男の子が欲しかった」と言うエピ

この先でてくる仲間ゆきえは、ダイアナなのかなー
(でも吉高ちゃんと仲が悪いという噂が立ってるけど)

こういうのって、わかる人にはわかるけれど、村岡訳・赤毛のアンを
知らない人にとっては、全部スルーしちゃうことですよね。

脚本が中園ミホさんなので、朝ドラ向きとは言えないタイプだと思いますが
割と期待しています。

全然期待してなかった「ごちそうさん」も、なんだかんだで全部見た。

「あまちゃん」の前の「純と愛」も途中から全部見た(笑)

なので朝ドラに関しては、ハードル低くなってますが
(「梅ちゃん先生」は見なかった。ああいうのはダメなんです)

私の思春期は「アン・シリーズ」で支えられた・・・・といっても過言はないので
吉高さんはあまり好きではないけれど、たぶん全部見ると思います。
(冒頭の空襲のシーンは、あんまり良くなかったのでちょっとばかり
悪い予感はありますが・・・・・あれだったら、めい子の「地下鉄開けろ~」の
絶叫シーンのほうが断然いいな)

それにしても「ごちそうさん」。
杏ちゃんがあんなに器用な人だったなんて知らなかった。
最初は下手だった関西弁がどんどん上手くなってることに
驚きました。
最初が下手ってところがまたミソなんだけど・・・・東京から嫁に来たという
設定なので、下手からだんだん自然な方言に・・・・というのがリアルだった
と思います。

たぶん、花子とめい子は同じ時代を生きた世代だと思うので、
花子の極貧の子供時代と、めい子の豊かな食生活に彩られた子供時代との
対比がまた面白いというか、作り手が狙ってるとこなんじゃないかなーと思います。

そんなことを思いながら、今日も出勤前にメイクしながら、ドライヤーかけながら
朝ドラを見る私でした。
[PR]
by juntumai | 2014-04-04 19:49 | つぶやき