日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

死神の名付け親

「来週からは夏休み。夏休みには自由研究の宿題があるんだって」

↑これは、先週6年生のクラスで読み聞かせした「ウエズレーの国」の一節です。

d0220848_2021172.png


ウエズレーは壮大な自由研究をやってのけるのですが・・・・

まさに「来週からは夏休み」の時期に読み聞かせに使えて、
ひとり勝手に大満足な私でした。
(しかも自由研究の宿題もがっつり出てるしね~)

こんなドンピシャな時期に、そしてドンピシャな学年で読めるなんて、
ありそうでなかなか無いのです。

でもやっぱり私は、例え朝の15分の読み聞かせでも「おはなし」(素語り)
を入れたい

4月に覚えた「食わず女房」は6月までは6年生、中学生 とやる機会がありましたが
端午の節句の由来話になってるので、これからの時期はちょっとキツイ

秋のおはなし会に向けて、やはり新作を覚えたい~ ということで

今年は長いこと覚えたくても覚えようとしなかった
グリムの「死神の名付け親」にチャレンジしようと思っています。

実はこれを、人がやってるのを聞いて、本格的に「語りをやってみたい」と思った
記念の一作なので・・・・

その時、はじめて目の前に絵が浮かんだのです。
主人公が死神に連れて行かれた、「命のろうそく」がずらっと並んでいる光景

私もこんなふうに、目の前に「絵」が浮かぶような語りをしてみたい!

そう思って、道ならぬ道(笑)に踏み込んでしまってかれこれ5年。

まだ「死神・・・」を語るには力量不足かな と思いつつ、やはり
「これが好き」というおはなしでないと語れないので・・・・・

死神は名付け子を医者にしますが、それはやっぱり医者が
生きる者にとっては「生死」を司る職業だからなのでしょうか

でも実際に「生死」を判断するのは死神であり、それに逆らった
名付け子は「死神の手に落ちる」ことになるのですが・・・・・

「どんなに医学が発達しても、死に逆らうことはできない」

というのが、今の時点での感想です。
(何回か語るうちにまた感じることがでてくると思います)
[PR]
by juntumai | 2014-07-18 20:50 | 語り | Comments(2)
Commented by さやか at 2014-07-18 22:22 x
すごいなぁ〜語れるって、あこがれます!
私は読み聞かせも自分の中で手探り状態なので…
仕事上、ブックトークやアニマシオンの方が必要にせまられていて、やるしかない感じです。


『ウェズレーの国』は、私自身はそれほど…と思ったんですが、
当時小6の長男が夏休み前に出会って響いたようで、
めずらしく「この本よかった」と言ってきたのを覚えてます。

タイムリーな選書ができると、テンションあがりますよね!
Commented by juntumai at 2014-07-19 08:33
さやかさん。

ブックトークにアニマシオンのほうが、はるかに大変というか
難しいように私は感じます。でも本好きな人にとっては
やってみたいなあと思うこともあり、そういう講座に参加
したことが1回だけあります。
あ、でも私は宮崎で子どもの本を通しての交流会に
入会してるので、そこで例会当番としてブックトーク
をやったことがあるんだった(「こびとの本」がテーマでした
過去ログにあります。)
どういう切り口で紹介していくのか、悩みますよね。
3人でひとつのテーマに取り組んで発表するので
3人で話し合う段階で、いろいろ着眼点が広がるので
いいのですが・・・・・それを一人でやるとなると大変だと
思います。

ウエズレーは、それこそ私が読み聞かせを始めて7年経ちますが
ちょうどその頃に流行った?本です。
やっぱり男の子が好きですよね~この本は。
6年生くらいが最適かなあ~あんまり小さいと響いてこないかな
と思います。