日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

中学のオープンスクール

夏休み中に6年生に向けて、校区内の中学のオープンスクールがありました。

私は次男の教育相談もあるので、お休みを取って朝から見学していました。

親の見学もOKなのですが、見に来てる人は本当に少なくて・・・・・

普段よりもオシャレな格好をした5、6年生の先生ばかりでした(笑)
(OL風なファッションで誰だかわからなかったわ~みたいな)

実は色んな意味で憂鬱だった中学のオープンスクールでしたが
教育相談でその憂鬱が吹っ飛びました。

次男の支援級の先生2人と、私、中学の情緒学級の先生と4人で
1時間ほど話しましたが、色々具体的なことが聞けて、不安な部分が
少なくなったような気がします。

それもこれも、娘が在学してるので具体的な中学生活を私自身が
把握できていること
小学校支援級OBが何人かいて支援級の様子もよく聞いていること
(逆に、それだからこそ色んな意味で不安だったのですが・・・・)

通常級、支援級での活動を含めて
突っ込んだ質問がしやすかったからかなあと思います。

小学校の支援級の先生は、教育カリキュラム上の質問を色々してくれて
かつ次男の特徴も話してくれて、私が知らない観点でのことを問いかけて
くれていました。

入ってからも色々本当に大変だとは思いますが、いくらか不安感が薄れた
ところで、体験授業を見学

2年前の娘のときとは違って、各科目楽しい授業が色々計画されていました。

次男は英語を体験したのですが、「買い物ゲーム」の形式を取っていて
英語科の先生全員と、ボランティアの中学生何人かでフォローしてくれて
次男も本当に楽しそうに参加できていました。

ボランティアの中学生の中に、長女の知り合いが何人かいて
その子たちが次男の面倒をよく見てくれていました。

その後は部活動紹介。

長女は弓道部で道着を着て参加
各部5分という時間制限がありましたが、小学校の先生(長女の担任だった先生)
と、「あの子、何君ですよね?」 「あ、何ちゃんが出てる!」と盛り上がりながら
楽しく見ていました。

そんなわけで、行く前は気が重かったオープンスクールでしたが
次男共々、「楽しかったね」と言えて本当によかったです。

とにかく長女には感謝しています。
長女が在学してくれてて本当によかった・・・・

彼女も小学校のころは弟が支援級ということで
色々周囲から言われて、辛かったこともあったけれど
今となっては
「私が守ってあげるから」などと言い出しているので・・・・

しかも「弓道部に入りなよ」とまで言ってるという・・・・

でも1日でコロコロと浮き沈みの激しい年齢なので
来年はどう思ってるか全然わかりませんけどね~(笑)
[PR]
by juntumai | 2014-09-06 19:15 | 次男のこと | Comments(2)
Commented by yuraliya at 2014-09-17 09:41
お久しぶりです。
事前にいろいろと中学校のこと聞けて良かったですね。

じゅんこさんとは立場は違いますが、
長男が中学で不登校となり、次男が入学する前はすごく不安だったのですが、今のところ楽しんでくれているので安心しています。
私自身、長男の時のように子どもを追い込むことをしなくなっていることも大きいかもしれません。学校自体も以前よりゆる~くなっているけど・・・。

こちらでは中学校に弓道部がないので、長男は次男に「弓道部のある高校に行け!」と言っていますが、次男は拒否しています(*^▽^*)
Commented by juntumai at 2014-09-17 10:01
ゆーらりやさん。

お久しぶりです。中学は本当に不登校の子が多いです。
今回の体育大会も、欠席の子が何人もいました。
娘の話を聞いてると、息子の時もそう感じましたが
この年齢特有の足の引っ張り合い、妬み、陰口・・・・
まあてんこ盛りですね。常に色んなことに不安感を
持ったり、イラついたり・・・・・
これが高校生になるとそれほど無くなるので、この時期だけの
辛抱だと思いつつ、子供にとっては長い3年間ですよね。
(親にとってはあっという間の3年間ですが)

娘の去年の体育大会は、参加するだけでいっぱいいっぱいな
ところがありましたが、今年は心底楽しかったようで、
「もう、マジ楽しかった~~さいこー!」などと連呼していました。
やっぱり時間の流れや経験というものは大きいですよね。

学校自体は、超キツイです。規律的にも
「こんなにキツかったんだ」と驚くことばかりです。
それは、長男は学校のことを全く話さない子だったので知らない
だけで、長女は学校のことをたくさん話す子なので、たぶん
長男のときとはあまり変わってないのだと思います。

弓道部も色々ありますが(笑)、ホントあと1年もないですね。
そう考えると早いです。