日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

花子とアン終わる

「花子とアン」終わりましたね~

最終回の村岡花子(吉高ちゃん)のスピーチは、往年のアン・ブックスファン
である私としては、じーんとくるものがありました。

まさに私は、アンに助けられた中高生時代といっても過言じゃなかったなあ~
元々ネガティブな性格で、中高生の頃はそれがマックスだったので
アン的な考え方には衝撃を受けたし、「ああ、こんなふうに考えれば
いいんだろうね~」と思いながらも、なかなかアンのようには前向きに
なれなくて、グズグズ悩む面倒くさい子でしたが・・・・・

今、娘が中学生のモヤモヤ真っ最中なのですが、彼女にも言いたい
「何か自分の拠り所となる本を読め」と。

うちの3人の子たち、長男は私に似て活字中毒気味で
いまだに本を読み倒している「文学青年」(笑)なのですが
あとの2人はその点はダメやった~

長女もその気になればガンガン読むタイプだとは思うのですが
いかんせん本を読まないタイプ。

今の子だって、読む子は読みます。
でも読まない子は多分一生読まないかな(うちのダンナがそうだもんな。
1年に1回の人間ドックとか、半年に1回の検診の待ち時間くらいしか
本を読まない。)

ダンナも長女も、その気になれば読む力は持っていて、
本を楽しむ能力もあるけれど、まず「本を読む」という習慣がない

でもなぜか、本を読まないタイプのほうが世の中上手く渡っている人
が多いような気がします。
本を読む人っていうのは、私もそうだし息子もそうだけど理屈っぽい
んだよね~たぶん理屈で満足しちゃうんだよね、きっと。

正直、アンの物語は昭和の終わりまではまだ受け入れられていたと
思うのですが、平成に入ってからはほとんど読まれてないのでは?

やっぱり今の時代じゃ、村岡先生の訳はあまりに文語調で時代がかっていて
今の子にはほとんど通じないのでは・・・・・・「歓喜の白路」なんて、それこそ
今の子の「想像の余地」を超える言葉だろうしなあ~

この前、ようやく花アンの原作「アンのゆりかご」を読みましたが・・・・
村岡先生は、ついにカナダを訪れることはなかったそうです。
(そのチャンスは何度かあったようですが)

たぶんそれは、自分が訳したものと、実際のプリンスエドワード島の
印象と違うものだったら・・・・・と、ちょっと怖くなったのかも?

これほど広く日本人に受け入れられた翻訳物は、村岡花子訳
「赤毛のアン」 と、大久保康雄訳「風と共に去りぬ」と、松岡佑子訳
「ハリーポッター」 の3作でしょうか

(うち村岡訳と松岡訳の批判は色々と出ていますが、最初に
翻訳した人がやっぱり偉いと私は思います。言葉は悪いが
「やったもん勝ち」かなあ~と)
[PR]
by juntumai | 2014-09-27 20:36 | 読んだ本 | Comments(9)
Commented by さやか at 2014-09-28 19:10 x
じゅんこさん、お久しぶりです(*^^*)

「花子とアン」山梨は恩恵を受けていたので、終わってしまって寂しいです。

私が勤める図書館には村岡さん訳の『赤毛のアン』がなくて、今年に入って購入しまし(^^;;
確かに、今の子たちにはちょっとなじまない言葉もありますよね。
でもおっしゃるように、最初に翻訳した功績は大きいと思います!

うちも長男が一番読書家で、次が次男坊、娘は多少読む程度。
でも3人とも国語の成績はサッパリです。(笑)
Commented by juntumai at 2014-09-29 10:41
さやかさん。

おー、ついに村岡訳「赤毛のアン」が図書館に置いてない時代
が来たのね!(でも購入されるから、また置くのですね)
なんか、ついに来たか・・・・という感じがします。
少し前は赤木かん子さんいわく、「赤毛のアンはYAコーナーに」
などと言っていたけれど、もはや赤毛のアン自体置いてない図書館
がほかにもたくさんありそうな気がするわ~
だって正直、今の子には絶対といっていいほど馴染みのない
言い回しだもの・・・・・
私は好きですが、今の子には合わないよね、やっぱり。

Commented by juntumai at 2014-09-29 10:41
つづき・・・・

国語が苦手な子は本当に多いですよね~
国語は一長一短では成績が上がることではなく
それこそ読書の積み重ね・・・みたいなところがあると
思います。

でもね、昨日、娘の宿題の長文読解の文章を
聞いていたんだけど、あんな文章を出題する
意味がわからん!と思ったわ~
サザエさん論を展開してる文章なんだけど、
サザエさんが初期の頃、終戦直後の闇市の
様子だとか引き揚げの様子だとか、そういうのも
描かれていた・・・・・なんて、私たち世代だって
知らないじゃん と思って。
(私は長谷川町子フリークなので、知ってましたが)

そんな親世代も知らないような文章から出題したって
仕方ないんじゃない?と、ひとりで文句を言ってました(笑)
まあ、古典なんかも現代を生きている日本人にとっては
未知の世界ですけどね(笑)まあ、それはそれとして・・・・

なので国語が苦手な子が多くても仕方ないと思ったことでした。
Commented by おはなしせつこ at 2014-09-29 22:15 x
じゅんこさま、おばんです♪

27、28、29と、「全日本語りの祭りin南三陸」という、語りのイベントに行ってきて、本日夕方に帰宅しました。
そして、今さっき花子とアンの最終回を見ました。

残念ながら私は文学少女ではなかったので、花子とアンは読んでいません。
朝ドラを見ながら、少女の頃に読んでおきたかったなぁ~今からじゃあ遅いだろうなぁ~と、悔やんだこともありました。

夫は文学青年で国語の教師でしたが、おっしゃる通り、世の中をうまく渡っていけるタイプではありませんでした。

それに対して、大した読書もしないワタクシの方が、夫いわく、「世渡り上手」だったようです。

ただ、この歳まで生きて来ると、どちらが良かったのかなんて、どうでもいいように思えるのですがね~

大人になって、おばさんになってから、語りに出会い、昔話の他にも、安房直子、新美南吉、小川未明などの文学作品を語れるようになれたのは、何と言う恵みであったろうかと、ふとした時に思っています。

今は、安房直子の「サリーさんの手」という作品に取り組んでいますが、作者の思いを語り伝えられたら・・・と、日々、奮闘しています。



Commented by juntumai at 2014-09-30 20:13
おはなしせつこさま。

すごいですね~全日本語りの祭り!!
レポはブログでアップされてるのでしょうか
また拝見するのを楽しみにしてますね~

多分ですね、今「赤毛のアン」を読んだら、大人の方が
共感できるような気がしますよ~
現に私の母はおそらく子どもの頃は読まなかったと
思いますが、私が年頃になって村岡訳を読むように
なってから読んだので・・・・そしたらすごくハマって
いたので、きっと大丈夫と思います(笑~大丈夫って
おかしな言い方ですが)

やっぱり上手く渡っていけないですかね?>文学青年は。
息子なんてダメだもんなあ・・・・私はそこそこ世渡り上手ですが
それは女性だからかもしれないです。
もし私が男だったらダメだったかも~(根拠はないが、なんとなく)

でも本を読む楽しみという楽しみを与えてくれて
よかったな とは思っています。
結局世の中は、自分なりの楽しみがあれば
それなりに楽しめますよね~

実はわたし、創作物は語ったことが無いのです。
いずれ語りたいなあと思っているのですが・・・・・

Commented by kay at 2014-10-05 23:40 x
読書好きの世渡り下手・・・わかる気がします。
子供がそう。ただDS買ったら読まなくなったのが残念。
本の虫だったので、理屈ぽくて子供らしさがないの。

私は文学はではないけど活字好きなのね、そしてよあたり下手。

国語って、読書関係ないと思います。多分、作者の意図と出題者の意図は違うし、読書好きは自分の解釈もあるし、
案外テクニックでサラッとできるのでは?
ただ、作文得意な人は世渡り上手だと思います!

赤毛のアンは読んでないんですが、アニメは見ていて、
親になってアニメを見て感動しました。マリラ、イイですよね。子供の頃にはわからなかったです・・・
そしてアンがうざいと言った友人にも凹みました・・・
Commented by juntumai at 2014-10-08 21:01
kayちゃん。

ごめんなさい、遅レスでした。
私は国語が得意だったのよ~そして息子もそう。
だから読書好き≒国語得意 と勝手に思ってた(笑)
作文も私は得意だったよ~
というか、たぶん文章関係が好きなんでしょうね。
長女も割と作文、得意です。
一番得意なのは(特異というべきか)長男ですが・・・・
彼は特異な作文なので、世渡り上手とは言えないのかも(笑)

人の親になると、マリラファンが増えますよね。
リンドのおばさんの気持ちも、今ならよくわかるしね(笑)
アンはやっぱりひとりの女性としての変化があって
それはシリーズ通して読まないと、その友人のように
「ウザい」と感じる人もいるかもしれません。
でも赤毛のアンでも後半部分は、アンも物静かに
なっていくんですよね。
そして「大げさな言い回し」をしなくなっていくんです。
そこをマリラが「どうしてだい?」と聞くと、「こういう心の
変化があるからなのよ」的なことをアンが答える場面が
あるのですが・・・・・・



Commented by kay at 2014-10-09 03:06 x
いいな~~国語&作文得意な事!!!うらやましい!!!
大人になってホント困るんですもの、自分の文章力のなさに。

そうそう、バブル入行組、読みました。
色々思いながら読んだし、読んで初めて知った事もあったわ(苦笑
あの人はそうだったのか、とか。。。
まぁ他人はともかく、多々身につまされる感じね。
下町ロケットの方が好きだな~
次の花のバブル組?も読もうと思ってます
(まだ図書館から回ってこないの)

私はアンを好きだったので、
仲良かった友人の発言は本当にショックでしたよ
実はそれから友人とはちょっぴり距離を置いてしまいました。(それくらいショック受けた。。。)
なんだか自分を否定されたような気持ちになったのでした。(大げさですよね!)
Commented by juntumai at 2014-10-09 19:56
kayちゃん。

わたし下町ロケット読んでないです~
結局、池井戸さんの本は「果つる底なき」だっけ?
(多分題名違うと思う)しか読まなかった~
(半沢直樹シリーズの2冊は読んだけれど)
でもロスジェネとか、最近出た続編とか
文庫になったら多分読むと思います。
でも今は文庫も高いですよね~
最低700円はしますもん。980円ってほとんど単行本価格
ですよね。ブックオフ利用したほうがいいかも~(と思いつつ
私は本に関しては中古がどうも苦手です。気分の問題だけ
なんですが)

赤毛のアンは、2冊目以降はアンよりも周辺の人たちが
生き生きと描かれているので、それもまた魅力のひとつ
なんですけどね~
モンゴメリはアンを通して、プリンスエドワード島の人たち
を描きたかったのかも