日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

ねずみ年さんごめんなさい

図書館での読み聞かせ当番で、私が毎年1月に語る
「干支のはじまり」

私は、こぐま社の「日本の昔話」のを覚えて語って
ますが、図書館のように年齢層がつかめない場では
このはなしはちょっとやりづらい・・・

そのわけは、ねずみが悪役的なポジションのため
ねずみ年の子がいたらかわいそうかなーと

そんなわけで私が語るときには、原文の
「ずるがしこいねずみは」というフレーズを省き
単に「ねずみは」というように語ってます

・・・・そうはいっても、この話の流れだと
どうしても「ねずみってずるいなー」なんですが

そこで私は考えました!

おはなしの始まりに「おはなしのろうそく」に火をつけて
おはなしが終わった後に今月だったら
「1月生まれの人に火を消してもらいましょう」と
いうことになるのですが・・・・・

前半の「ちいさい子のおはなし会」で1月生まれの子が
3人いてその子たちにろうそくを消してもらったのですが
後半の「おおきい子のおはなし会」にもその子たちが
残って聞いていて・・・・

またその子たちに消してもらうのはちょっと・・・
と思ったので

「では・・・最初に神様のところに着いた、ねずみ年の人に
消してもらいましょう。ねずみ年の人、いますか?」

と聞いたら、女の子が一人いました(喜)

一人だけだとほかの大勢の子たちがかわいそうなので

「では・・・2番目に着いた うし年の人いますか?」

と聞いたら、3人いました(喜)

計4人で、一斉にろうそくをフーと消して
拍手で終わりました。

本当はさる年の子がいたら消してもらいたかったけれど
さる年の子って一番小さくて0歳、その次が11、12
歳じゃないですか

パッと目、0歳の子はいても、小5小6の子なんて
いなかったしねー
0歳の子はろうそく消せないしね
(ちなみに私はさる年です)

なんかねずみ年の子にとってはちょっと嫌なはなしだと
思うので、フォローの意味も込めて・・・・
少しはフォローになったでしょうか?

*****

ちょうど見ていたテレビ番組で、今話題のスマップごろちゃんが
「普通に電車に乗って、ホルモン食べに行く」と証言されて
いましたが・・・

イノッチもあさイチで前に言ってたけれど

「いまや普通に電車に乗ってても全然気が付かれないよ
だってみんなスマホ見てるから」

それを実証してるのか、子供たちの後ろでソファに座っている
ママたちは、スマホ見てたなー

それはまあ、私たちがやってることがスマホに負けてる
ってことなんでしょう多分。
[PR]
by juntumai | 2016-01-16 21:20 | 語り | Comments(3)
Commented by おはなしせつこ at 2016-01-18 23:16 x
じゅんこさま♪

干支の話は、仲間のようこさんが簡単なパネルシアターにしてくれたので、保育園の年少さん~高齢者まで、様々な年齢の方々に話しています。
ねずみは猫を騙したり、牛の背中に乗って行き、先に自分が門に入ったりと、感じの悪いキャラクターに仕立てられていますよね~

誰か異を唱える者はおらんのかぁ~~~
と、思いながらネットで調べていたら、あった!あった!
新潟の長岡に伝わっているのは・・・・
お世話になっているねずみを牛自ら背中に乗せて行き、神様の門のところでは、牛が頭を振って投げ込んであげるのです!!

一昨年、小6で、元の話と長岡の話を織り交ぜながら語ったところ、とても好評でした。
「時には、このように考えることも大事ですね!」という感想もあり、気を良くしたことを思い出しました。

聴き手の子どもたちは、ねずみ擁護のせつこさんが、ねずみ年ということに気付いていたみたいでした~

昔話というのは、伝承される過程で変わるものだという話もできて、めでたしめでたし!!でした。
Commented by juntumai at 2016-01-19 19:16
せつこさま。

そう、せつこさまはねずみ年ですよねー
私が解釈したのは、ねずみはとても小さいので
牛の背中に乗らなきゃ、とてもじゃないけれど
神様の御殿に着けないだろう・・・そこで知恵を
働かせて・・・ということだと思います。
つまり「生きる知恵」ですよ。
ねこをだましたのも「生きる知恵」です。
昔話に共通するのは、弱い立場の人が成功していく
(あるいは心の中で成功していく)はなしですよね
そこにはすべて「生きる知恵」があるんだと思います。
ほかを頼って成功する、まさにサクセスストーリー
の原点なんだと「干支のはじまり」を毎年語りながら
思うようになりましたよ~

このおはなしは私が語りデビューした思い出のおはなし
なのですが(本当の意味での語りデビューは「腰折れすずめ」
ですが)
やはり何年か語っていると見えてくるものがありますね。
きっとまた何年後かには違うことも見えてくるのかなーと
思います
Commented by juntumai at 2016-01-19 21:22
(つづき)

私はさる年なのですが、なぜこの干支のおはなしは
ねずみと牛(ちょっとだけいのしし)しかスポット
が当たらず、あとの動物たちは全く触れられない
のだろう・・・とそこが長年の謎です(笑)

やはりこのおはなしはねずみが主人公なのですね~