日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

命を預かる仕事

私は40歳過ぎてから、2年間勉強して保育士資格を取り
、その間3年間、託児のアルバイトや、保育士資格を活かせる
乳幼児健診、児童クラブなどで働いてきましたが・・・・

結局今は全く違う仕事をしています。
(でも自分的には「元さや」なんですけどね
独身時代と似たような業種ともいえるし・・・)

私みたいな人(保育士資格を持ちながら、保育士
として働いてない人)を保育士として働かせるべく
保育士の待遇改善をはかるように策を練っている
という報道はされているのですが・・・・

なかなか・・・みたいですね。

何よりも私みたいな人がしり込みをしてしまうのは
保育士は「命を預かる仕事」ということ。

たとえ大金積まれても、命は預かれないよ・・・

そこまで要求されたら、私は無理なんだけど・・
(むろん、わさび付きのから揚げを食べさせたりする
保育士なんかは論外ですが)

それでも長いこと保育士さんとして働いている人は
そんなこときっと超越されていると思うのですが・・・・

なので、そういう覚悟がない限り、保育士として
働けないかなあと思うのです。
「待遇」とか云々より、そういう覚悟がない
私のような人たちが二の足踏んでいるということが
実態なんじゃないでしょうか・・・・

そこを国はわかっているかどうかは疑問ですよね~
(とりあえず保育園を増やし、保育士を増やせば
いい的な考えだとダメよね ってこと)
[PR]
by juntumai | 2016-02-23 19:22 | 保育士