日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

「黄色いリボン」デビュー

有名なアメリカの民話「黄色いリボン」
これを聴いたのはもう何年前か・・・・
小学校のおはなし会でこれを毎年語られる人が
いて、そこで覚えてしまったのですが
(うろ覚えで児童クラブで子供たちに
おはなししたところ、何度もせがまれました)

このたび、とうとう私も、テキストを覚えて
語る機会を得ました
(せつこさま、私もやっとマスターしました~)

このおはなしのインパクトはすごいので、
ほかのおはなしと組み合わせると、聴いた子たちが
こればかり心に残ってしまうからと、今までは避けて
いたのですが

まあ、朝の読み聞かせにはいいかも・・・
と思い、中学2年生に初披露。

中学生って思いもよらないところで笑いますね。
主人公たちがお互いに好きあってるところで
笑うとは思わなんだ(それってやっぱ
中学生だからかなー)

そして、メアリーがジョンに
「私の首の黄色いリボンをほどいて下さらない?」
・・・で、なぜか笑いが・・・・

でもそのあとのオチは、えー!!
という反応でした。

「このはなし、知ってる人」と聞いたら
男の子が一人手をあげました。

おはなしの前に、「このはなし、知ってる人が
いるかもしれませんが、その人は黙っててね~」
と言っておいたので、その子には
「黙っててくれてありがとう」と言っておきました

d0220848_11101390.jpg


赤木かん子セレクション、「語られると怖い話」に
載ってます。
原文は「ジョンとジェーン」ですが、私はなぜか
「ジョンとメアリー」と覚えてしまっていたので
そのまま通しました。(昔聞いたのが「メアリー」
だったような記憶が・・・)

この「語られると怖い話」には古今東西の
怖いはなし(読むよりも聞いたほうが
怖さを感じるおはなし)が載ってますが

私が誰かにやって欲しい(そして自分もちょっと
やってみたい)のは、この中の
「子捨てのはなし」

貧しい百姓が生まれた子供を、育てられないからと
次々と川へ流していくのですが

そのうち暮らし向きもよくなり、最後に生まれた7番目
の子だけは育てることにしました。

その子が5ヶ月になったある晩。
その晩は月が美しい夜でした。
男が赤ん坊を抱いて、
「ほら、きれいなお月さまだね」
と言うと

男の腕に抱かれていた赤ん坊が

「お父っつあん、あんたが私を川に流したあの晩も、
きれいな月夜だったね」

・・・・・と、大人のような口をきいた

ハッとして赤ん坊を見ると、赤ん坊は男の腕の
中ですやすや眠っていた・・・・

そのあと、たった1行

> 男は僧になりました

・・・・・・
やっぱりこうして字面だけで見ても、伝わらないですね~

誰か、うまい人、語ってください

****

中学2年生の読み聞かせ
1.へびのみこんだなにのみこんだ
2.<語り>黄色いリボン
3.アレクセイと泉のはなし(3.11が近いので)
[PR]
by juntumai | 2016-03-03 11:22 | 語り