日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

急転直下

毎年この時期はなんだか気が滅入るし憂鬱で
気力がわかないです。
年々憂鬱さと無気力がひどくなっているような
気がします・・・
4月に向かうこの時期って苦手ですね~
たぶん年とともに環境の変化に対応するのが
キツくなっているのかも
自身の環境の変化が苦手というよりも、
身近な人たち含めて世間がわーっと
「4月からスタートです!」という雰囲気が
苦手なのでしょう。

かくいう娘も中学を卒業しました。
彼女の高校受験に関しては、直前でまさかの進路変更が
あり、夏にあれほど「一度は見ておいたほうが
いいんじゃない?」という私の忠告も聞かず
「絶対に行かない」と言っていた高校を受けることに
なりました。

自分で迷って、いろんな人に助言してもらって
親に言いだしたのは、最後だったみたい(笑)
まさに公立高校の願書受付一週間前でした。
ということは、決心してから今もまだ
1ヶ月そこらしか経ってないってことだなあ・・・・
(担任には2月初めに願書を提出していましたので、
急きょ三者面談をやり直し、その場で願書書き換えです)

上の子のときもそうだけど、
私たちは意見はいろいろ言うけれど、
最後は必ず子供に決めさせる という信念があるので
(じゃなきゃ、絶対に後悔したり、親のせいにしたり
するので)
この先いろいろあっても、自分の決めたことなので
やりぬくことでしょう

宮崎は狭いので、進路変更のあれこれを書くと
どこの学校かバレバレなので今は書きませんが(笑)
合格はすると思っていたので、発表も見に行きましたが
正直嬉しさは湧いてこなかった というのが
本当のところです。

私たち夫婦にとっては、まさに未知の世界で、
でも昨日の入学説明会を聞いて、
「ああ、この子にはこういう学校のほうが
合っているだろうな」ということは、改めて実感
できました。
(なんせ、一度も学校を見てないから不安だったんですが
先生の話を聞いてるうちに安心できました)

それにしても子供のことは、わかんないですねー
今は、ある職業に就きたいなんて言ってて、高校も
半分そのために変えたような感じだけれど、それも
たぶん変わるだろうし(笑)
とにかく直前まで二転あることは、上の子でも
実証済み

そんなわけでこの1年はいろいろあり、いったん
片が付いたとはいえ、なんだかまだ現実について
いけない自分もいて、それで気持ちが不安定なの
かもしれません・・・・
(これも上の子の時の急転直下の決着と同じかなあ~
うちは親に「心の準備」というのをさせてくれない
子たちなのですかね)
[PR]
by juntumai | 2016-03-26 09:27 | こどもたち | Comments(0)