日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

2か月に1回の経験で

2か月に1回回ってくる図書館でのおはなし会

これはエキサイティング感はハンパないです。
なんてたって、聴衆の年齢層が全く読めないから

なのでどの年齢層が来ても大丈夫な絵本を選び

おはなしも聞きにきてくれた子たちの年齢層を
見て瞬時に判断しなければならない。

(ちなみに小学校の読み聞かせの人を1回誘った人が
いたのですが、1回でダメだったらしいです)

いや、もちろん大いにスベる時も大半ですよ
小学校のおはなし会であれだけウケていた人も
ここでは玉砕!なんて日もありますから

かくいう私もいろんな試練を乗り越えて・・・・

これまで「赤ちゃんや小さすぎる子たちが多かった
時にして」と言われていた、ブラックさんとブラウンさん
何回したことか!(笑)

ところが今日は、初めて一緒にした人に褒められました
「今までブラックさんブラウンさんを見た中で、一番
反応よかった」と

いや、小学校のおはなし会では今日よりもずっと
いい反応だったんですが・・・・

それでも、「設定された年齢層の決まってる場」
(いわゆる「おぜんたてされた場」ですが、それでも
スベるときはスベる 笑)
よりも、誰が来るかわからない、年齢層も予測できない
「場」でやって、そういう評価が得られたのは
素直にうれしいです。
もちろん、いい聞き手さんたちがたまたま集まって
いたからでしょうけれど・・・・

こういう経験をすると、「もうやめようかな」と思って
いた自分に「やっぱり続けてみようかな」と思わせる
神様の思し召しといいますか、そんな運命を感じますねー
(おおげさ)


[PR]
by juntumai | 2016-11-19 19:54 | 語り | Comments(0)