日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

お手軽レジャー

夏休みなので、夏休みらしいことをしたいなあと思い、
川遊びに綾に行きました。
(余談ですが・・・夏休みらしいことといえば、土曜日はディズニーライブに
行きました。でも席が4,5階席だったので、いまいちノレなかった)

今まで、綾南川のほうに行っていましたが、綾北川のほうが
河川プールもあって、日陰もたくさんあるしいいよ~と聞いていたので
綾北のほうへ・・・

ほーんとだ・・・河川プールがあった!
ウオータースライダーがあることは知っていたけれど
普通のプールかと思ってて、「綾に来てまでプールに入ることはないよね」
と引き返して、綾南川のほうに行ったことが何度かあったけど
下のほうに降りていけばちゃんとあったのね・・・・

d0220848_21403186.jpg


でもご注意を・・・午前午後の入れ替え制です。
午前午後で料金を払わなければなりません。
このシステムを知らなくて、うちのように中途半端な時間に来て
泣きを見ることのないように・・・

More
[PR]
by juntumai | 2011-07-31 21:52 | おでかけ | Comments(4)

なんと娘が水泳大会に

6月の終わりごろ、娘が突然

「あたしね、水泳大会の選手に選ばれそうなのよ・・・嫌だなあ・・・」

と言いだしたので、びっくりして!
水泳大会って、市の水泳大会よね?あの、5,6年生の選抜の子が
出るあの大会・・・・

「えー!!あんたが?なんで?他にいないの??」

と思わす聞いてしまったのですが

娘が言うには、まず50mを泳げる女子があまりいないとのこと

娘はスイミングをしているので、一応50mは泳げるのですが
学年で女子5人を選ばなければならず、50m泳げる女子が5人
ギリギリだとのことで・・・・

「でも私と選手の座を争っている子は、やる気満々なのに、私より遅いのよ~~ 
もう嫌だよ~ 私、出たくないよぉ~~」

そんなこんなで、5人の中に入ってしまった娘は
いやいやながらも練習に参加することに・・・・

練習初日は、帰ってくるなりトイレで全部吐いてしまい
どうなることかと心配しましたが、

それでも徐々にタイムも上がってきて、飛び込みにも慣れて
だんだんやる気になってきたようでした。

そして、本番!!

つづきをよむ
[PR]
by juntumai | 2011-07-29 08:57 | こどもたち | Comments(2)

キャンプ

今年のボーイスカウトのキャンプは、木城にある川原自然公園でした。

カヌーや、河川プールや(まだオープン前でしたが)、ボルダリングや
マウンテンバイクなど、いろんなことが出来るとあって、夏は超人気スポット

あいにく台風の接近にともない、2泊を1泊に切り上げての実施でした。
(私は1日目の夕飯当番が無くなってちょっとホッとしました 笑)


カヌーや、カレー作りや、スタンツやら、終始興奮していた長女。
(カヌーはパパより上手に出来たようでした)

夜は女子テントで、遅くまでUnoやガールズトークを楽しんだようで・・・
(Unoは、隊長には内緒らしい)

去年は女子テントも2つに分かれて、あれこれとあったらしいけれど
今年はみんなで仲良く過ごせたようでした。
やっぱり子供は成長しますね~いろんな意味で。

それに、山の中で川のそばだったから、涼しかったのが良かったです。
去年は青島だったから、めっちゃ暑くて大変でしたが。

夕方にはなぜか日暮らしが鳴いてて、朝は寒いほどだったらしく・・

小さなロッジもあるので、お母さんとビーバーの子たちは
そちらに宿泊。
(私は長男を送り出さなきゃならないし、次男もいるし、帰りましたが)
お母さんたちを思うと、ほーんと1泊でよかった!(笑)


カブスカウトではこれが最後のキャンプ。
ボーイに上進したら、寝袋から何から持って
電車に乗って移動して、下手すりゃ野営?

親が何もかもお膳立てしてくれるのは、これが最後だよ~~
[PR]
by juntumai | 2011-07-21 08:03 | スカウト活動 | Comments(2)

長男と買い物

昨日は台風で、小中学校は休校、高校も休校になり

なぜかお休みを取っていた夫も含め(ボーイスカウトのキャンプ明けに合わせて
あらかじめ休みを取っていたらしく)

平日にも関わらず、家族全員、家にいる事態になりました。

天候は「目」の中に入っていたからなのか、なんともなくて
(夜のほうがすごかった)

午後からは家族全員で買い物へ というこれまた珍しい事態に

嫌がる長男を連れて、彼の私服を買いに行ったわけです。

普段は制服&野球の格好、家に帰ったら冬はスエット夏は半ズボンにTシャツ
の息子。
私服を着る機会が全くといっていいほどありません。
(部活なかったら引きこもり野郎なので)

去年のTシャツがほとんど小さくなっていて(丈が短くなってて)
おまけにズボンはダブダブで(丈で合わせると、ウエストがブカブカ)
靴もないし(野球で履くアップシューズですべてを済ませるので)

「このままじゃ、東京に行けない!!」

と、嫌がる息子を引っ立てて、ユニクロやらライトオンを周り

靴は結局、間違えて履いたパパの靴がピッタリだったので、
それを借りることになり

「ついでにメガネもオシャレなのに替えようよ~」と言って、
メガネ屋に連れていったら、見事にどのメガネも似合わなくて
(坊主頭で、丸顔だからね)

どの店行っても、「もういいよ~ いらないよ~ これでいいよ~」
を連発され

Tシャツを選ぶときは、「こんなわけのわからない英語が書いてあるのは
嫌だ」とうるさくて

「無地がいい!なんの文字も入ってないのがいい!もう、父ちゃんのでいい!」

を連発。

私だって嫌なんですよ、息子を連れて歩くのは・・・・

自分で買い物に行ってほしいけれど、洋服屋なんて絶対に行こうとしないし
(かといって、本人連れていかないとサイズがわかんないし)

そんなわけで、短時間でしたが疲れました。

そもそもなぜ東京に行くかといえば、大学のオープンキャンパスです。
こちらでは高校2年生の夏に、大学のオープンキャンパスに行くのが主流らしく
「別に見に行かなくてもいいんじゃない?」と思っていましたが、
やっぱり田舎にいたら、大学のイメージをつかみづらいので・・・・

部活の先生も、「オープンキャンパス」とか「夏季講習」とか
とにかく進学面のことに関しては、何よりも第一優先なので
部活を休むのは問題ないらしく・・・・

お金はかかるけれど、行かせることになりました。
幸い、私の実家に泊まりますので、飛行機代だけですが夏はやっぱり高い!!

あわよくば、私も下の子たち連れて一緒に行こうかな・・・なんて思っていましたが
飛行機代見て、速攻であきらめました(笑)

そんなわけで、私は今年も帰省はできず・・・・もう7年は帰ってません。

息子もうちの実家は7年ぶり。
見た目はすっかり変わってるでしょうが、中味はそれほど変わってないから安心して
と、うちの親には言っています。
[PR]
by juntumai | 2011-07-20 08:45 | こどもたち | Comments(8)

一瞬の夏、一生の記憶

やっぱり優勝候補にして第1シードは違いました。

初回の相手の守備を見て、「あ、これはダメかな」と正直思ったもん・・・

まるで、「高い壁」のように思えて
これまでとは全然違う・・・という印象を持ちました。

結果7回コールド負け。

あの終わり方はかわいそうだった・・・
(7回までに5対0で、7回に2点追加点を許した直後に終了という終わり方)

なんだか心の準備のないまま、終わってしまったような感じでした。

試合が11時に終わってから、息子が家に帰ったのは5時半過ぎ。

1、2年生はそのまま残って練習をしていたようでした。

つまりは来年に向けて、もう始まっているわけね・・・

おまけに、「朝練を続けるから、母ちゃんよろしく」だって。

(朝練となると、私は5時起きなので)

いつまで続くやら・・・内心、1週間続けばいいほうだけどと思いつつ
(朝練は自主練習なので)

なんだかんだ言っても、高校野球の魔力ってすごいですね。
平日の球場、年配の方がたくさん見に来てて、中にはクーラーボックスに
飲み物やらお弁当やら詰めて、準備万端でいらしている方もいて

見知らぬおじさんが私の肩を叩いて(2回戦の時ですが)

「相手校は、関西人ばっかりやが。甲子園で戦ってるのと一緒やぞ」
と、地元新聞が掲載しているメンバー表を見せながら話しかけてきて・・・

ああ、こういう往年のファンによって支えられているんだなあと
思ったことでした。


「一瞬の夏、一生の記憶」

選手権のキャッチコピーですが、ホントその通り。

でも「一瞬の夏」までは、いかに長いことか・・・
この「一瞬の夏」を経験するまで、それこそ、ながーい歴史がありますよね。
息子がグランドに立つ姿といえば、補助員くらいしかないけれど
これまた長い長い歴史がね・・・・(多くは私とのバトルの歴史かな 笑)

でもこの1年が、正真正銘の「ラスト1年」になるんじゃないかな・・・・
[PR]
by juntumai | 2011-07-17 22:21 | こどもたち | Comments(2)

次は3回戦

勝った~!やったー!

次の対戦相手は第1シードだ~~(笑)
去年、甲子園に行ってる学校だ~

でもなんか、やってくれそうな気がします。
投打がかみ合ってるし、守備もいいし。

私はとにかく、相手校がどんなもんか間近で
見てみたかったので、勝ち進んでくれて嬉しいです。

ボーイスカウトのキャンプと見事にバッティングしておりますが
私はそっちはブッチして、ダンナもキャンプを抜け出して
応援にいきまーす!

昨日は、プロ注目の武田選手が次の試合に登板だったので
1回戦の途中から、それらしき荷物を抱えたスカウトマンらしき
人たちが、続々とスタンドに入ってきて・・・・

私たちも1回だけ、武田投手のピッチングを見ました
(打たれてました)
私たちが帰ったあとは、バッチリ押さえて、最終回まで
相手打線を見事に寄せ付けなかったそうですが

今年のドラフトが楽しみですね~ 

さて、今日こそは腰を据えてキャンプの準備をしなければ
と思っていたら、託児の依頼が(泣)

正規の託児さんも、某高校の「高校球児の母」なので
(しかもちゃんとベンチ入りメンバーに入っているし)
試合を見に行くので、その代わりに・・・・

最近、ある外部保育の仕事を月に2回程度しているだけなので
私も依頼のあるうちはありがたくやらせてもらおうと思っています。

あーーー、でも保育士試験まであと3週間!!
ここへきて、勉強が全然出来てません・・・・
気は焦るばっかりです。
今日こそは勉強しなきゃ!
[PR]
by juntumai | 2011-07-15 07:55 | こどもたち | Comments(0)

選手権

高校野球の県予選が始まり、まず1勝!(しかもコールド勝ち)

でも雨続きの宮崎・・・・

2回戦、雨の中はじまったものの、1回終わったところで中断。

小1時間待っていたところ、「試合再開は12時です」と
言われたので・・・・
私は球場からとんぼ返りして図書ボラの打ち合わせに行って、
そしてまた12時に球場に着いたら、

「結局ノーゲームだって」

と言われ・・・・(泣)

せっかく1点先制していたのにね~
でもグランドコンディションが超悪かったし、
その後、また雨がたくさん降ったから、ノーゲームでよかったかも。

そんなわけで、今日これから、試合があります。

2日間、4時半起きの私(息子が5時半過ぎに家を出るので)

今朝はちょうど「なでしこジャパン」の試合がやってて、
決勝進出を決めたとこもリアルタイムで見れました。

・・・・が、今日も1日長いなあ~~まだ朝の6時だなんて。


*******


夏休み前の最後の読み聞かせは、3年生のクラスでした。
(次男とは違うクラスです)

そこで好評?だったというか、全員が入り込んで聞いてくれたのが

d0220848_69316.jpg


「ぼくのかわいくないいもうと」

「いやだ~こんな妹!」
とか言いながら、がーっと入り込んで聞いてくれて

読み終わったあと
「学校できょうだいに会うと、どんな感じ?嬉しい?」

と聞くと、

「うれしくなーい!」と言う子や、微妙な表情の子

この本はもうちょっと上の学年のほうが、より実感がわくのかな
と思ったけれど、3年生でも充分イケました。
(本の主人公は2年生なので、2年生でもいいのかもと思いますが
「学校にきょうだいがいる」という設定だと3年生以上の
ほうがより実感がわくのかも?)


今週のプログラム(3年生)
・みず
・語り ねことねずみ (また間違えそうになったので、もう開き直って「次はなんだっけ?」と
            子供たちにふってみたところ、ちゃんと答えてくれました。この話、
            「間違えない。リズム感が大事」なのだけど、逆にこんなふうに子供と
            一緒に楽しむやり方もアリかも)
・へんしんマンザイ
・ぼくのかわいくないいもうと
[PR]
by juntumai | 2011-07-14 06:14 | 図書ボラ | Comments(2)

グリムの絵本

語りの会に続き、子供の本を勉強する団体にも加入してしまいました。

ここ2年くらい、興味があった時はビジターとして出席していましたが、
その団体の主催者さんから、

「あなた、まだ会員じゃなかったのね!」と言われ、入会するように薦められ
「はいはい、入ります」という形で、ようやく入会しました。
(会員じゃないのがバレてしまった・・・というのが本当のところ)

今回の例会は「グリムに親しむ」がテーマ。

この前、ルンペルシュティルツヘンを語った私としては、まさにタイムリーな
テーマでした。

グリムといえば、語りをするようになってから(語りのテキストは)読むように
なりましたが、それまでは絵本や読み物で読んだことは全くといっていいほど
ありませんでした。

唯一、これまでに借りたことのあるグリムの絵本は、ホフマンの
「おおかみと七ひきのこやぎ」

d0220848_17204640.jpg


More
[PR]
by juntumai | 2011-07-06 17:16 | 図書ボラ | Comments(2)

へんしんマンザイ

久々、支援級の読み聞かせ。

新しく支援級に入ったお母さんとペアになって入りました。

最近、ひとりで入ることに限界を感じているので、2人で入ると
とても気がラクだし、楽しいです。

人の読み聞かせを見ることって大切だなあと改めて思います。

相方さん、読み方はとっても上手だったのですが、
惜しいことに絵本が斜めに傾いてて、ハシに座っていた子が
見えにくそうにしていたので、それだけは後で伝えました。

中にはそういうアドバイスをするだけで、嫌な感情を抱く人もいる
のですが(以前、そういうことを言っていた人がいました)

なるべく嫌な感情を持たれないように、さりげなーく
言うことを心がけています。

相方さんが、
「わにさんどきっ 歯医者さんどきっ」を持っていらしたので

More
[PR]
by juntumai | 2011-07-05 08:35 | 図書ボラ | Comments(2)

夜の集い

宮崎ってホントに・・・

バレーと飲み会ばっかり(笑)

今月は2回、バレー大会があったし(2回とも全敗でした)

飲み会は3回はあったかな(この1カ月で)

普通の主婦がこれだけ飲み会に出ていいのだろうか??
と思うんだけど、そういう土地柄なので・・・・
(結構参加者も多いし)

普通の話し合いやら会合もすべて夜にやるので、
「夜に集うこと」に関しては、当たり前なのでしょう。

このへんは男女平等で、男も女も「昼は働いて夜に会合」
バレーの練習も当然、夜です。

でも大阪もそうだったけれど、都市圏は夜に集まるというのは
めったにないのでは??
特に主婦が・・・・

そういうわけで、1日がとても長い、宮崎の主婦なのでした~
朝はめちゃくちゃ早いし~~(バレー大会の朝は、息子が熊本遠征で
私は4時起きでした)

これって子供が小さいと無理よね

「小さい」って、その家庭で感じ方は違うのかもしれないけれど
とりあえず小学生ならば、宮崎では「小さい」うちに入らないのか、
結構みんな、子供だけで留守番させてますね~

私は基本的に、ダンナの予定を聞いて、ダンナがいてくれれば
「参加します」なのですが、

飲み会ではなく、普通の夜の会議だったら、留守番させてます。
8時以降なら長男もいるし、飲み会は留守番させてまでは行かないけれど
会議は仕方ないから・・・・(そのうちダンナも帰ってくるし)

そういえば結婚したばかりの頃、ダンナのお母さんが
よく夜になるとフラフラと出ていくのを不思議に思っていたけれど・・・・

今ならわかるわ~

「夜の集い」に出るうちに、マヒしてくるというか、
だんだん、夜に家にいるのが手持ち豚さんになっちゃうのかも~
[PR]
by juntumai | 2011-07-04 17:47 | つぶやき | Comments(0)