日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

屋根チーばんざい!

このところ「落ち着かないクラスでの読み聞かせ」の話題ばかりですが(笑)

今週わたしも落ち着かないクラスを担当しました。
今回は4年生。

学校でもかなり有名になっているクラスで、本当は2人で入るところを
相方さんがお休み・・・・・げー、私ひとりで大丈夫かなあ・・・・・と思って
不安いっぱいでした。

1冊目を「やさいのせなか」 にして、クイズ形式で楽しみ
盛り上がったところで

「屋根がチーズでできた家」 を語りました。

よりにもよってこの日が初披露!

本当は「はなたれこぞうさま」をやるつもりが、前回他の方がされてしまったと
いうことだったので・・・・・・

それでも、「屋根がチーズでできた家」の威力はすごかった・・・・・

出だしの、「昔、はるか遠い森の中に、子供の肉を食べるのが大好きな
悪いトロル女が住んでいました」

で、ぐっとひきこまれてくれて・・・・・(なんとこのクラスで自発的に
「静かにして!」との声があがりました)

「家の屋根をチーズで作り、そのあたりを歩きまわる男の子や女の子を
おびきよせていました」

と続けると、「屋根がチーズぅ?」という声があがり

「そして子どもをつかまえると、かまどで焼いて食べてしまうのでした」

で、「ひえー」 と言われ・・・・・・

まさに「つかみはOK」な、おはなし。
語り手はラクです、とても。

その後の、兄さんとトロル女とのやりとりには笑いが起こり
妹がホントのことを言うと、一瞬「げ!」となるけれど、兄さんの
見事な機転 に「ほー」となり・・・・・・を繰り返し

最後のシーンは、おはなしに合わせて身振りをしてくれる子も
いたりとか

本当に全員が聞いてくれました。

補助に入ってくれていたお仲間さんが言うには、ずっと立っていた子も
最初は後ろにかくれていた子も、途中から熱心に聞いていたようでした。

やっぱり「屋根チー」は使えますね~
ホントは低学年(2年生くらいまで)向きなのですが、意外と上の学年とか
大人にもおもしろがられます。

北欧版「ヘンデルとグレーテル」 みたいな話しですが、
お菓子の家ではなく、屋根がチーズでできた家 なのが実直的な
北欧らしいところなんだそうです。

最後は「おおきくなるっていうことは」 を読みました。
その日はちょうど2分の1成人式を行うということだったので
ちょうどよかったと 4年生のお仲間さんに言われました。
(上のふたりのときはありませんでした>2分の1成人式)

********
4年生への読み聞かせ

1.やさいのせなか
2.<語り>屋根がチーズでできた家
3.おおきくなるっていうことは

1冊目「やさいのせなか」以外は、幼稚園保育園でもオッケーだなあ・・・・(笑)
[PR]
by juntumai | 2012-02-27 17:26 | 図書ボラ | Comments(6)

はなたれこぞうさま

中学校の読み聞かせに行ってきました。

中学生にはちょっと幼すぎるのかなあ・・・・と思ったけれど、
「はなたれこぞうさま」 を語りました。

私は、こぐま社の「子どもに語る 日本の昔話」 で覚えています。

このテキストは方言の味わいを残したり、
今はあまり使ってない言い回しをしたりするせいか
「昔話」の味わいがよく出ていて、私は好きです。

これまで5年生、3年生に語りましたが、

「はなたれこぞうさま」の食べ物が「えびなます」であることに
誰かが必ず、
「えびなますって何?」 と聞くこと

こぞうさまが鼻をかむときに、米が出たり家が出たり蔵が出たり
する場面で、聞き手の目が大きくなること(笑)

おじいさんの願いはなんでもかなえてくれたので、もう働きに
行くことはせずに、「だんなさまになった」

というところで、全員がぐっと話に入ること
(きっと、「これから何かが起こるのだろう・・・・」と無意識に
感じているのでしょう)

おじいさんの
「もうお前に頼むことは何にもなくなったから、どうか
龍神さまのもとに帰ってくだされ」

というセリフで、全員が身動きもしなくなること

そして、最後の無常感たっぷりの結末・・・・・・・
「シーン」 となんともいえない空気がただよい

ちょっと間を置いて

「えびなます というのは、生のえびを細かくきざんで
お酢であえたもの ですよ」

と言うと、子供たちは昔話の世界から
現実に戻ってきてくれます。

こういう展開がどの学年にも共通して見られます。

中学生もそうでした。

中学生も「えびなますって何?」とコソコソっと隣の子に
聞いてる子がいたし

はなたれこぞうさまが鼻をかむたびに、お米やら家やら
蔵やらお金やら出てくるところで、目が大きくなり

「(おじいさんは)たきぎを取るのはやめてだんなさまになった」

の以降は、全員が私の顔をじっと見ながら聞き入っているのがわかり

それから結末まで身じろぎもしないで聞いてくれました。

「えびなます」を説明した後は、なんだかホッとしたように
それぞれが隣の子たちとおはなしの感想を言い合っていて・・・・・・・

割と単純な、短いおはなしですが、こんなにもいろんな学年に
わたって聞き入ってくれるおはなしなんだなあと

前に「おはなしせつこさん」が、ブログで
介護されているお母様と「はなたれこぞうさま」を重ね合わせて
いらっしゃいましたが・・・・・・・・

(せつ子さま~そうでしたよね?)

それを読んだ時に、「ああ・・・・そうなのかも」 と、私の中で
すっと何かが落ちたような気がしました。

私も、障害のあるわが子と一緒に人生を歩んでいますが

時には正直言って、おじいさんのように「恥ずかしくて仕方ない」ことも
あります(人前で注目をあびてしまうことも時々あるので)

それでもこの子はいろんな幸せを私にもたらしてくれるのです。

この子がいなかったら、私は幸せというのを実感することはなかっただろうし
いろんな喜びも感じることはなかったと思います。

もちろん違う種類の幸せや喜びはあったでしょうが、私が感じる
深い意味での「幸せ」や「喜び」は、きっとほかの人にはわからないだろうな
と思います。

これから、色々な変化のある時期ですが、「おはなしを語る」ということだけは
手放さないでいこうと、心から思っています。

*******

中学1年生への読み聞かせ

1.ぼくのおじいちゃんのかお(中学生にもおじいちゃんは何歳か聞いてみました。
  割と若くてびっくり!)
2.<語り>はなたれこぞうさま
3.ハックション あれ?
  (前に紹介しましたが、初めて読みました。最初の見開きでみんな笑いだし
  楽しく読めたし、楽しく聞いてくれました)
[PR]
by juntumai | 2012-02-23 13:43 | 図書ボラ | Comments(4)

おおきくなるっていうことは

ひさしぶりに3年生のクラスに読み聞かせに入りました。

「はなたれこぞうさま」を語ろうと思ったので、その前に
「ぼくのおじいちゃんのかお」 を読んだのですが

「ねえ、みんなのおじいちゃんっていくつなの?」

と聞いてみたところ・・・・・・

なんと54歳! と言った子がいました。

9歳の孫がいる54歳。
つまり45で「おじいちゃん」になったわけね・・・・・

50代のOBの人にそれを話すと

「えーーーーー!!どうしよ」

と、苦笑い。
(それでもその方は、一番上のお子さんが去年結婚されたので
「おばあちゃん」になる日も近いのですが)

それから、この本 ↓ を読んだ時に・・・・・

d0220848_8251552.png


(「おおきくなるっていうことは  ようふくが小さくなるっていうこと」
有名なのでご存じの方が多いはず)

本の途中で、
「ぼくのお母さん34さい」
「私のお父さん40さい」

というセリフが出てきますが・・・・・そのときに

「みんなのお母さんは何歳?」と聞いてみたらば

30代が多かったです(苦笑)
40歳が最高齢 
(このクラス、ホントはもっといってる人がいるのを私は知ってるが)

読み終えた後に、
「おおきくなるっていうことは なんだと思う?」
と聞くと、ある男の子がこう言いました。

「別れが増えるっていうこと」

・・・・・・深い
・・・・・9歳の子が言うこととは思えない
(しかもちょっとイケメン)

この本、たぶん幼稚園やら保育園のときに読んでもらったことが
多いと思うのですが、こうして年齢が上がったときに読んでもらうのも
また別の味わいがあるのだなあ と思いました。

年齢が上がった人たちへの読み聞かせ・・・・・ですが
今週は中学校にも出張してきます。
あー、久しぶりなので緊張するわ~~
中学生で「はなたれこぞうさま」はダメかしら・・・・・
(その後に、クシャミのおもしろい本を読むので)

********

3年生への読み聞かせ

1.ぼくのおじいちゃんのかお
2.<語り>はなたれこぞうさま
3.おおきくなるっていうことは
4.パンツのはきかた (唄も覚えて、みんなで一緒に唄いました)

d0220848_8401347.png

[PR]
by juntumai | 2012-02-21 08:36 | 図書ボラ | Comments(4)

続・落ち着かない子たち

このところ読み聞かせの日は、教室に入らずに図書室に待機してて
事務作業に追われているのですが(人数足りなかったときには入ります)

お仲間さんのひとりが

「もうこんなの初めて!全然読めなかった」

と言いながら戻ってきました。

「わ!やっぱり?あのクラスやろ?
ごめん、一緒に入ればよかったね」

と、あやまる私。

落ち着かないクラスが何個かあるのですが、そういうクラスは
2人体制で対応してるはずが、この日は
「大丈夫だろう・・・・」と、1人で入ってもらったのです。

でも多分、1人でも2人でもあんまり状況は変わらないと思います。

普段、先生がいる時でも全然ダメなんだそうで・・・・・

以前私も補助でそのクラスに行きましたが、あちこちで
ケンカが始まるし、ちょろちょろウロウロする子は複数いるし
もう手がつけられない、一種興奮状態な様子で・・・・・

「あのクラスは先生が2人いるよね」

と、みんなで言っていたことでした。

そういうときはどうしたらいいんでしょうか・・・・・

前に私が入ったときは、手遊びしたらみんな集中して
やってくれたんだけど、その日はそれも全然ダメだったそうな

もうどうしようもない時は、

「じゃあ、今日はもうおしまいにするね。」

と言って、切り上げて帰る しかないかなあ・・・・・
(そして後で担任に報告)

でもそんなすごい状況の中でも、読み聞かせを楽しみにしている子も
いるし(人数としたらそっちのほうが多数です。ただ落ち着かない子が
数人いるとダメですねー、多数派を凌駕してしまいます)

そういう子たちのために、皆さんこらえて最後まで頑張るわけ
なのですが・・・・・それも限界かも~

日常がずっとこんな感じなら、真面目な子にとっては
すっごいストレスですよね
私も実際、子供のころに崩壊クラスにいたからよーくわかります。
ホント、どんなふうに過ごしていいか、わからなくなってしまうのですよ・・・・

(ひたすらクラス替えを待っていたような気がするなあ・・・・あの時は)
[PR]
by juntumai | 2012-02-15 08:49 | 図書ボラ | Comments(6)

保育実習

保育士免許を持っていて長い間保育所の現場を離れている人向け
の研修があるのですが(年に2回ほど、市が企画します。
保育所の人材不足解消を図るためでしょう)

「私は去年、試験に合格したばかりで保育所経験がないのですが
参加してもいいでしょうか?」

と聞いてみたところ、オッケーだったので、今回申し込んでみました。

1日目が講義で、2日目が実地研修。

今回、30名定員のところ10名しか応募がなかったようでした。

皆さん、現場を離れて10年とか20年とか30年とか・・・・・・

それでも私以外は、現場経験のある人ばかり。

託児保育を始めてから1年半は経ちますが、保育所は初めてな私。

受け入れる保育所も、まさかそんな人が来るとは思わなかったのでしょう・・・・・

そこの保育所は若い先生ばかりだったので、年だけ喰ってて新米なおばちゃんを
どう扱っていいやら・・・・やりにくいだろうなあ~と感じました。

それでも子供の前に出れば、たちまち
「だあれ~?だあれ~?」と、寄ってきてくれて・・・・・

子供たちはみんな全身で歓迎してくれます。
本当にそれに救われる思いでした。

あとは託児のときと同じように、色々声かけしながら、先生たちの動きを見て
気がついたところを補助していけばいいのかな と。

どこまで手出ししていいかがよくわからないけれど、まあなんとなく
他の先生を見ながらやっていきました。

保育所というのは、いろんな人が出入りしてて、勤務体系もいろいろと異なり
私のような実習生もいれば、いつの間にか来ていたけれどお昼には帰っていく人とか
いろんな人が関わっているのですね~

それに保育所の子たちは本当にすごい!!
2歳児さんで、あそこまで自分で色々出来るとは・・・・この前2歳になったばかりの子も
ちゃんとボタンをはめたり、1人で色々と出来るのにびっくりしました。

(うちの子たちがみんな成長遅かったせいもあるけれど)

言葉のコミュニケーションも2歳児さんはちゃんと出来る子が多くて
これまたびっくり!!
どの子も3歳までまともに話せなかったうちの子たちとは大違い
(1人は今でもまともには話せないし)

・・・・・・・って、うちの子たちと比較してはいけませんね。

午後からは年長さんのクラスにも参加させてもらったのですが
これがまあ、すごいね(笑)
ほとんど小学生だね~ 

幼稚園の子たちはまだまだ幼い気がするけれど、
保育所の子たちは、たくましく感じます。

「こっち来て~」
「一緒に〇〇しよう」

とあちこちから声をかけてくれて(しかもとびきり若い男の子たちに)
人生初めてモテた気分(まさに「モテ期」)

先生以外の人は物珍しくて、甘えられるからね~

時間はあっという間でした。
思ったほど疲れませんでした。
子供たちのおかげですね~

子供と接するのって本当に楽しいです。
まさかこの私がねぇ・・・・・
人生、何が起こるか本当にわからないですね

大人ばかりの仕事はもう無理だろうなあ~今の私には
[PR]
by juntumai | 2012-02-10 22:35 | 保育士 | Comments(4)

宮崎の良さを経験するなら

この前話題にした「最後から2番目の恋」ですが・・・・

視聴率が微妙~らしく
「あゆの主題歌ジンクス」がここでも発揮されたと話題になってました。
(浜崎あゆみが主題歌を歌ったドラマはいずれも低視聴率だという
ジンクス)

私はあの主題歌、とっても好きです。
思わず、「誰が歌ってるの?」と、巻き戻しして確認してしまったし・・・・・

だ・か・ら~~

視聴率は関係ないっつーの!!

視聴者の感覚と、スポンサーおよびテレビ局のズレは埋めようがないですね。

朝ドラ「カーネーション」も、前代未聞のヒロイン交代だし・・・・・・
なんでオノマチに全部やらせないんだろ???

(確かに娘たちの時代になってからは
途端におもしろくなくなってしまったけれどね~)


******


最近、土日に用事があるときは、車は家族に残し
私はもっぱらバスを利用しているのですが(帰りだけね)

この前の日曜日、バスに乗ったら小銭が全然なくて・・・・・
1万円札しかなく

1万円札を両替することもできず・・・・・

乗ったばかりで気がついたので、運転士さんに
「おろしてください」 
と頼んだのですよ。
(繁華街の渋滞で、まだ本格的に発車してなかったのです)

そしたら運転士さんが

「今度でいいが」

と言ってくれて・・・・・・

(つまり、またバスに乗ったときに今日の分を払ってくれ ということ)

でも申し訳ないので、必死に小銭を探していたわけです。
(私は財布以外の所あちこちに小銭を入れておく癖があるので)

そしたら、すぐそばに座っていた女性の方が

「300円なら持ってるから、これ使って」

と言ってくれて・・・・・

「いや、いいです。大丈夫です」
(全然大丈夫じゃないんだけど)

「いいのよ、お互いさまよ。こんなこと、よくあるわよ~
いいから使ってよ」
と、その方は言うし

運転士さんは
「いいが、いいが。次でいいっちゃがー」 
と言ってくれるし

私は申し訳ないやらなんやらで、必死に探したあげく

「あった!!!ありました!!100円ありました!」

なんと不足分の100円、財布の小銭入れじゃないところから出てきました~

きっと神様が急遽、入れてくれたに違いない(笑)

「よかったねーーーー」

と、女性も運転士さんもホッとされてました。

ああ、なんて宮崎っていい所だろ~~

こういうのが宮崎のいい所だよね~~

と、久しぶりに実感したのでした。

いま、キャンプシーズンで「県民一丸となって、おもてなしを」
といわれてますが・・・・・

バスに乗ったら、一発で宮崎の良さがわかるよね~と
思ったのでした。

以前も、停車ボタンを押したがる次男に

「おばちゃんは次で降りるから、代わりに押していいよ」
と言ってくれた女性がいました。

ああ、ホント宮崎っていいとこだな~~
[PR]
by juntumai | 2012-02-06 20:51 | つぶやき | Comments(6)

モノ申す

「最後から2番目の恋」って見てますか?

私は録画して見てるのですが、鎌倉っていうのがいいですよね~

といっても、訪れたのは2回くらいしかないのだけれど

このドラマが始まる全然前でしたが、
「晩年は鎌倉に住みたいわ~」 などと言っている宮崎のお友達がいて

「そりゃ、誰でもそう思うわ」 と思いつつ、ツッコメなかったのでした。
(10歳くらい上の人だしね)

あのドラマ見てると、「まだまだ、そんなこと言うには早いやろ」

と思ってしまうのは、まさにジャストな年齢だから??

あんな感想いだくには、私たち40代はまだまだ早いんでない?と思うよ~~
この高齢化社会で!!

失礼やん

とか、思っちゃうけど・・・・

大石静さんが、スタパに出たときに

「セカンドバージン は、本当の設定はもっと上の世代にしたかった」

みたいなこと言ってて

でも、どうしても鈴木京香にやってもらいたかったから、
仕方なく40代に設定したけれど

あんなふうな心境になるのは、もっと先のことで
まだ40代では全然そんなふうに思わなかった・・・・・・
みたいなことを言っていましたが

私もそう思います!!

まだ40代はひよっこだなあ・・・・って、常々思いますよ。

ただ、うちらの世代の合言葉というのは

「うちらの世代って長生きしないんだってよ」

つまりは、体に悪いものばかり食べてて(食品添加物とかいろいろと)
その上の世代よりは、長生きしないんだとか

ついこの前、話題になっていた

「低所得者は肥満率が高い」

これ、つまりは炭水化物率が多いってことらしいですが
それ聞いて、ドキっとしたなあ・・・・・

まさに私、そのもの だもんなあ・・・・・

5人分っていうのは難しいもんで、世の中すべて4人分に出来てるといっても
過言でないくらい、5人分に分けるの難しいんですよ

だから私はいっつもおかずを我慢してて
お酒でお腹を満たすか、炭水化物でお腹を満たすか・・・・・

せめてなんもない日はジャザに通って6年目です。

何はおいても運動!!

これだけは譲れないですね~

ジャザで最高齢の人が母と同じ70歳!!
(しかも最前列のセンターで踊っていらっしゃいます)

あんな激しい動きで・・・・・・素晴らしい!

そういう方を見ると、自分はまだまだだなあ・・・と思います

頑張ります!!
[PR]
by juntumai | 2012-02-03 22:48 | つぶやき | Comments(10)