日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

離任式

本日、宮崎市の小中学校は離任式でした。

やはり、次男の支援級の担任の先生は異動されていました。

はたして4月から、次男は新しい先生に適応できるのかなあ・・・・と
不安ですが

補助の先生が残留してくれるので
(これも先生方の働きかけのおかげですが)
少しホッとしています。

でも・・・・・

補助の先生も辞めさせられてしまうだろうと思っていたので
サイン帳を作ってしまってて・・・・・

離任式の前日に、「一応、確認しておこうかな」と思って
学校に問い合わせたところ

「(補助の先生は)残りますよ~」

と言われ、ぶっ飛んでしまいました。

あわててお花を1つキャンセルし、サイン帳はどうしようか・・・と
支援級の保護者と相談したら

「せっかく作ったんだし、渡しちゃっていいんじゃない?」

と、みんなが言うので渡しました。

お別れモード満載のサイン帳(笑)

でも「笑い話」になって、ちょっとホッとしたかも・・・・・

******


離任式では、娘が児童代表でお別れの挨拶をしました。

こっそりと、物陰に隠れて聞いていた私は、娘の声だけしか
聞こえてこなかったので、あまり会場の雰囲気はわからなかったのですが・・・・

異動される先生方に挨拶に行ったら、どの先生も
「Hさんの挨拶が本当に素晴らしくて、涙が出ました」
と言われました。

あいさつ文は、びっくりするぐらいあっという間に自分で考えて
私がアドバイスしたのは
「ゆっくり言う」 ということだけ。

娘は「別れの手紙」みたいなものを書くのが得意なのかも・・・・
将来、彼氏と別れるときは、手紙にしたら?と思ったのでした(笑)

今回の異動は、娘や次男が関わった先生方ばかりだったので
感慨もひとしおでした。

(それにしても毎年、次男の交流級の先生が異動されちゃうのが
不満だわ・・・・1年生から3年生までの担任がすべていなくなった次男です)

そして長男の時にいた先生は、今回ですべていなくなってしまいました。

長男はおろか、下手すると長女の先生も残りわずか・・・・・
(しつこいけれど、次男の先生は既に誰もいないし)

学校も人の出入りが激しくて、なんだかなあ・・・・と思ってしまいます。
昔のようではありませんね~(←って、私が小学校、長いってだけかも・・・・)
[PR]
by juntumai | 2012-03-30 19:25 | こどもたち | Comments(6)

4月からのこと

この時期に、「仕事をするので」と言う人が多いのが、
若干不思議に思っていたのですが

やっぱり求人がたくさん出る時期ではあります。

そんな私も、気がついてみたら来年度は
4つのバイトを掛け持ちしそうな勢い です。

自分から就活しなくてもお話を持ってきて下さるので、
大変ありがたいのですが

一番嬉しかったのは、2月に保育実習に行った保育園から

「怪我をした職員がいるので、人手が足りなくて…・・・
1か月だけ働いてもらえませんか?」 

と言ってきてくれたことでした。

3月はちょうど定期的にある託児の仕事が無かったので
ヒマだったのですが、そのせいもあって予定がちょこちょこと入っていて
お断りせざるを得なかったのですが

代わりにお友達を紹介しました。彼女も3月は仕事がなかったので
声をかけたらOKだったので・・・・・
先方さんには大変感謝されました。

誰かいないだろうか?と思った時に、私を思い浮かべてくれたことが
とても嬉しかったです。
少しは役に立ちそうだ・・・・と思ってくれたのかなあって。
(それだけ「猫の手も借りたい」状況だったとは思いますが)

とにかく4月になってみないと、色々分からない状態ではありますが

次男の預け先も確保しました。
障害児の児童デイサービスですが、本人は「嫌だ~」と言っております。

毎日通うわけではなくて、主に長期休暇のときに利用させたいのですが
(さっそく春休みから)

その申請のために、次男を連れて診断やら問診に行ったり
施設を見学したりすることが何回か続いたせいか

常同行動が激しくなってしまいました(泣)

おまけに嘔吐して、高熱を出して学校を休みました(泣)
(ちょうど嘔吐下痢やらヨウレン菌が流行っているのですが・・・・・)

私も色々悩んで、「やっぱり働くのはまだ無理なのかな・・・・」と
落ち込みましたが
(児童デイもすんなり受け入れてもらえたわけではなく、事情があって
色よい返事がもらえなかったこともあり)

どのみち、どこで始めても一緒だろうと(そのたびに次男の心配はついて
回るんだし)
自分がふんぎりつけるしかない! と思っています。

とにかくやってみて、どうしてもダメだったらまた考えようと
思っています。
[PR]
by juntumai | 2012-03-17 07:59 | 次男のこと | Comments(2)

大変だった1年

この1年、娘のクラスはありとあらゆる事件が起こりましたが
娘自身も小さいことにいくつか巻き込まれ
小さい怪我も繰り返してきました。

まあそのたびに、ある程度は目をつむってきましたが・・・・・

昨日はついに爆発!!

娘の話を聞くなり、

「もう我慢できない!!教室に乗り込んでやる!」

と私が口走ったものだから、娘がオロオロしてしまい・・・・・・

まあ、そうは言ってもすでに夜だったから、どうすることもできず
娘の話を聞きながら、色々対策を考え

(私はすぐに感情的になるから、パパに話して「どう思う?」と
聞くと、パパも 
「今から親に電話する!」と言いだし・・・・・娘に止められると
今度は「校長に言う」とか言い出し・・・・・・
やっぱり娘のことには冷静になれないのね~息子の時とは違うね)


連絡帳に 「今日のことは納得できませんので、もう一度
当事者全員と、先生と娘で話し合ってもらえませんか?
よろしくお願いします。」

と 書きました。

たったそれだけ書いただけなのに、(娘の話によると)「当事者たち」は
ビビってしまったようで、先生も
 「ごもっともでございます」と 電話をかけてきてくれました。

そんなにビビる内容かなあ・・・・・・

まあ、きっと「当事者たち」もさすがにマズイと思っていたんでしょうね。
事件の後、すぐに自主的に娘に謝りに来た男の子が1名。

絶対に「話し合い」に参加しないであろうと思われていた男の子も
「話し合い」に参加したようで・・・・・・(娘に直接暴力ふるった子)

娘が一番嫌だと言っていた男の子(そもそもの事件の発端人)が、
最後まで不満そうだったのが気になるけれど・・・・・・

おおむね、娘は言いたかったことを言って、すっきりしたようでした。
(と、本人は言っています)

それにしてもさー、そんな「話し合い」は事が起きたその日に
やるべきなんじゃないの? 

と、思ってしまうけれど

(1日持ち越すと、事はおおごとになるし。こんなふうに間接的にでも
親が出てくるんだし)

そもそも、娘が話してくれなければ、全然知らなかったのも
どうかと思うわ~ これが長男次男だったら、まず親には黙ってるし

まあ娘もちょっとはすっきりして、私も先生に電話で「あとはお任せします」と
言った手前、いろいろ動いてくれたのでよかったと、思うことにしたのでした。

あー、1年大変だった~
それでも今年は女子間のいざこざが無かっただけまだマシなのかも

来年はどんなクラスなんだろ??
もういろいろ心配するのに、いい加減疲れたなあ・・・・・
(心配するのが親の仕事 とはいえ)
[PR]
by juntumai | 2012-03-13 21:40 | こどもたち | Comments(8)

鍛えられた1年

今年度の小学校での読み聞かせも終了しました。

最後は5年生のクラスを担当しました。
娘が嫌がるので、娘とは違うクラス。

娘のクラスも落ち着かないけれど、このクラスも落ち着かない・・・・

ほーんと、うちの学校、なんでこうなっちゃったんだろ??

と言ってても仕方ないので、気合を入れて

なかなか読み聞かせの態勢になってくれないので、
椅子に座って、じっとしていたら

徐々に集まりだし、「静かにして」という声があがり

1名の男の子だけ、先生の机の下から出てこないので
チラっと見たら

「髪の毛切ったから嫌なんだって」 と他の子

(みんなにからかわれたんだろうね、きっと)

その子は放っておいて、「最初にクイズを」 と
「やさいのせなか」 を取り出し
「はい、これなんだ?」 と始めたら・・・・・・

いつの間にかその子もみんなの中に入ってました(笑)

最初は全く真面目に答えてくれないのですが、だんだん
マジで答えてくれるようになり

でもこんな中、おはなしなんて聞いてくれるかなあ・・・

と不安でしたが、「はなたれこぞうさま」を語り始め・・・・

なんと途中まではシーンと聞いてくれたのですが、

何かのくだりで(確か鼻をかんだらお米が出てくるところ)
ある男の子がチャチャを入れたら、周りの子が笑いだし

それでもメゲずに語り続けました

最初からずっとおしゃべりしている女の子も2人ほど
(どのクラスも必ずそういう女の子がいます。低学年にも
高学年にも)


それでも「はなたれこぞうさま」は、もう口からスラスラと
出てくるので、詰まることはありませんでしたが

まあ、とにかく鍛えられますね(笑)

あまり何があっても動じなくなりました。
そういう意味で、「鍛えられた1年」になりました。

もう何年も続けてくれているOBの方も
「今年のような状況はホントに初めて!」と
嘆いておりました・・・・・・・申し訳ないです。

この前は公立図書館の読み聞かせも
初チャレンジでしたが

あの場もかなりやりにくい・・・・・・

「大きい子向けのおはなし」の時間帯も、
幼稚園の子がほとんど

「小さい子向けのおはなし」の時間帯は赤ちゃん
「大きい子向けのおはなし」の時間帯は幼稚園生

と、考えて選書したほうが良さそうです。
(でもそれも日によるんだとか)

幼稚園生たちには、こぐま社版「はなたれこぞうさま」
は、あまりピンとこないみたいでしたが、後ろで聞いていた
小学生とかママさんたちは、真剣に聞いてくれました。

(この読み聞かせは、初心者の私には決定権がなく
一緒に組む方に「これをして下さい」と言われるままにやって
ます。もちろん「これなら語れます」というのは最初に
言いますが・・・・・・絵本もその場で決めるので
統一性や順序性に欠ける気がして、若干苦手かも)


*****

5年生の読み聞かせ

1.やさいのせなか
2.<語り>はなたれこぞうさま
3.ハックション あれ?
  (この本は、ハズれがないです。ただしちょっと大きい子向け)
[PR]
by juntumai | 2012-03-12 17:41 | 図書ボラ | Comments(0)

卒業式の日に・・・・

昨日は高校の卒業式でした。
(うちの子は2年生なので、送る側です。)

予定していた野球部の送別試合も雨で中止。

夕方、卒部式をやって、卒部うどんを作って3年生を送りだしました。
(最近流行の「合格うどん」を参考に、1,2年生の保護者で作ります。
全部で150食分)

そのために2時からスタンバイして

かまぼことネギを切ったあと、いったん家に帰って
下の子たちの夕飯を作り

また5時ごろ高校に戻って、卒部式をちょっとのぞいて
6時から、うどんのふるまい

あたりはだんだん暗くなって・・・・・終わりごろには
真っ暗になって、何がなんだかよくわからない状態

・・・・・・そんな状況だったので、今朝出かけようとしたら
「鍵がない!!」

もしかして、昨日のうどんふるまいの時に落としたのかも・・・・・

と、高校に行って探してみるけど、落ちてないし

どうしよ~~ と、いろんな人に嘆きまくっていたら

次男のリュックに入っていました!

今日は小学校は遠足で、早く帰ってくるかもしれないので
リュックに鍵を入れておいたのだけど、間違って私のカギを入れて
しまったようでした。
(次男の鍵も一緒に入ってました。次男は自分のは自分で入れたようです)

あー、よかった!!(←超、お騒がせ)

久しぶりに見た3年生は、髪もすっかり伸びて、アカぬけてる子はアカぬけてるし
髪は伸びたもののアカぬけてない子はアカぬけてなくて(笑)

中には、学ランのボタン全部取られてる子もいて
(彼はすっかりアカぬけてた)

卒業生でもないのに、うちの長男はうどん4杯も食べてるし
(4杯目はノルマだと言っていた)

今朝の地元新聞に卒業式でのパフォーマンスが載ってましたが
それを見て、ウルっときてしまいました。

推薦で決まってる子も多いみたいだけど、来週の国立大の
発表待ちの子も多いことでしょう・・・・・

来年の今頃は、ホントどうなってることやら。
[PR]
by juntumai | 2012-03-02 17:13 | こどもたち | Comments(2)