日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

また腰が・・・・

また・・・・

腰をやってしまいました(泣)

月曜の夜から、足から腰にかけて(右だけ)
痛くなり・・・・(筋がひきつったような感覚)

翌日、コルセットをして児童クラブに行きましたが

運悪く、高いところにのぼって作業をすることがあり
それで悪化したのか

次の日、床に座るのが痛くて我慢できない・・・・・
やっとの思いで座ったと思ったら、今度は立てない・・・・・

その日は託児のバイトがあったんだけど、床に座るのが
ダメだと、託児は絶対に無理なので

急遽、代わりの人を探して交代してもらいました。

これで2度目だわ~~~(泣)

と、落ち込む私を、託児仲間さんが

「みんなそうなのよ。休む時は重なるのよ。
たまたま今、あなたがそうだけど、他の人もみんなそう。
だから、そういう時は休みなさい」

と、励ましてくれました。

思わずぐっと胸に来て・・・・・・

ここ2,3年、自分よりも10、20年上の人と
接することが多く(仕事上もプライベートも)
折々で、実に胸にくるようなひと言を言って下さいます。

実家から離れて今年で19年になりますが(わー、来年は20年だ!)

私の場合は、これまでいろんな人に助けてもらっていたなあと

言われたことは覚えているもんで、今になってよみがえる「ひと言」
もあるし、その時はちょっと傷ついた「ひと言」でも、今となっては
「わかる~」ということもあり

自分の考え方というのは、他者の「ひと言」でも変わるもので

「そう考えればいいのか」 と、切り替えられるキッカケにもなりますね~

逆に考えて、自分自身はどうなんでしょう・・・・・他者の心に残ることって
言えるんだろうか?(嫌なことばかり残していたらどうしよう みたいな)

うーん・・・・自信ないかなあ・・・・


※※※※※※


火曜日、児童クラブから帰ってくると、娘がソファで泣いている・・・・

「頭が痛い」

明日は修学旅行なのに、頭が痛くてどうしよう・・・・みたいな。

熱もなく、気持ちも悪くない ということで
とんぷくを飲ませました。

痛みがひけば、元気に前向きになるからね

でも翌朝、気分悪そうに起きてきた娘・・・・

今度は「気持ち悪い」 と言っている

「じゃあ、修学旅行、やめる?」

と聞くと、首を激しく振ってるが、気持ち悪さには勝てないのか
不安なのか、涙を流す娘

「行くなら仕方ないでしょ! 大丈夫だから!絶対に治るから!
しっかりしなさい!」

と、鬼親になって叱咤する私

何度かトイレに行き、小さなおにぎりと味噌汁を飲み、
酔い止めも飲んで

腰が痛い私は送れないので、夫に頼んで
出発場所まで送ってもらいました。

もう、たまらんね~~ という気分。

それでも夫が言うには、友達と会うと途端に笑顔になり
楽しそうにしていたとこのこと。

そして、友達のママの証言によれば
「元気そうに手を振って、バスに乗り込んでいたよ~
そんなふうに、気分が悪いなんて全然思わなかったよ~」

だそうでした。

そういうもんよね~~

行く前に疲れてしまう・・・・というのは、私の子供のころと同じです。
[PR]
by juntumai | 2012-05-31 08:33 | つぶやき | Comments(6)

そばだんご

今年度の読み聞かせが始まりました。

私は新しいメンバーさんと一緒に、3年ぶりに1年生に入りました。

教室に行くと、娘と同じ6年生のお世話係りの子たちが、「今月の歌」
を教えていて・・・・・

私たちを見ると、「はーい、これから読み聞かせです」 と1年生に
声をかけてくれました。

私が6年生に、「一緒に見る?」と聞くと

「私たちは1年生を見てなきゃならないので、一緒にいます」と

きっぱりとしたお答えが返ってきました(笑)

まず、相方さんが
「なーんだ なんだ」
「ティッチ」
「おひるのアヒル」(言葉あそび)

を読んだ後、私と交代。

「じゃあ、ちょっと手遊びをしようか?」と言って
覚えたての 
「そばだんご」 という手遊びをしました。

これは、実は足し算になってるんですね~
1年生に、「足し算って、もう習ってるんだっけ?」と聞くと
「習ってるー!」

そんなわけで、楽しく手遊びをしたあとに
こちらを ↓

d0220848_18125824.png


「はなのさくえほん」

これは仕掛け絵本なんですね~
春先から、今の時期しか使えないのですが・・・・・

(アマゾンで検索すると、どんな本かわかります)

ひまわり、あさがお、チューリップまでは、1年生も簡単に答えられるけれど
球根になると難しい

でも6年生がいたので、

「6年生は、わかる?」 と振ることが出来て、ちょうどよかった!
ちょっとした科学本としても使えます。

最後に1分くらい余ったので、なぞなぞ をしましょうとこちらを・・・・・

d0220848_18172414.png


これもゲットしたばかりです。1年前に図書館で見つけて以来、欲しかったんです。

私はまず絵を見せないで、文章を読んで当てさせます。

そして、「正解は・・・・」といって、絵を見せる方法で使っています。

ちょこっと時間が余ったときに便利ですよ~
1年生には結構難しいかも?
これもまた、ちょうど6年生がいたので
「6年生はわかるよね?」 と聞くと、「わかります!」と返ってきました。

せっかく6年生がいたので、みんなで楽しめるものを用意しておいて
よかったです。

来週は、特別支援級(次男のクラスではないほう)
子供ちゃんは3人しかいないけれど、楽しみ~~
[PR]
by juntumai | 2012-05-28 18:21 | 図書ボラ | Comments(0)

やっぱり頑張ろう

月曜から読み聞かせが始まります。

2ヶ月間、ブランクがあったので、モチベーションが全く上がらず
どうしようかと思っていたところ・・・・・

長年、福岡でご活躍されている語りの方(実名を出すと、このブログが検索で
引っかかってしまいますので伏せますね)

の、お話会に行ってきました。

ずっと聞きたいと思っていた、グリムの「がちょう番のむすめ」

25分と長いおはなしなのに、まったく長さを感じなかったという・・・・・

そして「魔法使いのチョコレートケーキ」

以前別の方がされていたのを聞きましたが、その時はあまり印象に
残らなかったのに

今回は、なぜか涙が出てしまいました。

泣くようなお話ではないのですが、自然と涙が出てしまい・・・・・

実はいろんなことがあって、少し気持ちが弱くなっている私。

そしてこれから先、しんどいことが待っているのですが
(待っている・・・というよりも、自分からしんどい「事」を起こさなければ
ならないという)

「そうだよね、きっといつかわかってくれる人が現れてくれるかも」

と、少しだけ勇気をもらいました。

おはなしの力って本当に不思議で

自分の中の「何か」を呼び覚ます力があるというか・・・・・

その時その時の自分の「思い」に寄り添ってくれる「おはなし」に
いいタイミングで出会えたりとか

これもやっぱり読み聞かせを続けてこそ なのかなあと

だからまた、今年度も頑張ろうと思ったのでした。
[PR]
by juntumai | 2012-05-26 21:49 | 図書ボラ | Comments(0)

引き算

娘ネタ連続ですが・・・・

今月末、修学旅行を控えた娘。

修学旅行の「部屋割り」やら「班割り」 を見ていると
クラスの実態がよくわかる・・・・・

特に部屋割り。

これは見事に、わかりますね~クラスの派閥の実態が(笑)

なんだか知らんが、娘は一方の派閥の「班長」になってるし。

実は「班長」ってダミーよね~ホントの「長」は
また別にいるよね~ 的な感じも伺えて・・・・・

いやいや、色々おもしろいですね~

こういうのも6年生になったことと、同じ学校にずっといると
わかることですね。

男の子の班割りを見ても、「あははは」みたいな感じ。
よーくわかるわ、実態が。

先日、娘の話を聞いていたら、「女の子がグループ化するきっかけ」
みたいなのがわかって、なかなか興味深いものがありました。

6年生ともなると、「このグループにはついていけない」とか
「なんかこのメンツでは自分が浮いてる感じ」
とかがわかってくるみたい

そういう感覚、やっぱり必要だと思うなあ~

そういう感覚が身についてこそ、自分にとって本当に大切な人や
大切な事が、わかってくると思うし

私なんか、無理して付き合ってしまうタイプで、
そういう自分を反省することも多いのですが

でも人ってそういうもんかなあと。

無理して付き合う仲間もいれば、そうでない仲間もいて

でも長い間「女子」をやっていると、無理してるな・・・と感じたら
自分なりに距離を置いたり、「引き加減」がわかってくる

若い頃は「足し算」が得意?だったけれど、これからは
「引き算」が上手いほうになったほうがいいのかな
と思っているところ。

引いてばかりだと、マイナスなので
時々足して・・・・・・

そういうのは、てんびん座が元々得意とするところですが

時々、「思いっきりどっちかに傾いてしまおうかなあ」
という衝動にかられるものの

やっぱりバランスを保ってしまう、根っからのてんびん座体質です。
[PR]
by juntumai | 2012-05-18 22:12 | つぶやき | Comments(8)

娘に見習う

私も児童クラブで1年生と接しておりますが、娘も6年生なので
毎日1年生のお世話係りで頑張っている様子・・・・・・

朝、1年生の教室に行くと誰かしら泣いているそうな

ある日は、おもらしをしてしまった と言って泣いてる子

またある日は、「おうちに帰りたい~」 と言って泣いている子

そしてある日は、さっきまで仲良くふざけあっていた子たちが
ケンカになって泣いている・・・・・

そのたびに、「どうしたの?」 と駆け寄る娘。

いまや、「なだめ係り」として君臨している様子

何もウンチの世話までしなくてもいいのでは・・・・・と、つい思って
しまうけれど、朝早かったので、先生も保健室も誰もいなかったんだとか

「おうちに帰りたい~」 と言って泣いている子が
「お母さんに会いたい~」 と泣くので、

「いっぱい勉強したら、お母さんに会えるよ」 

と、なだめたんだとか。

「なんでもかんでも私に言ってくるんだよ~ 
目がかゆいです!とか
言ってくるんだよ~ そんなの知らないっつーの」

(そうそう、それくらい自分でなんとかしろ 笑)

「時々、面倒だから放っておこう と思いながら、
この足が駆け寄ってしまう・・・・・」

という、「お世話好き体質」なようです(笑)

校歌指導(そんなことまでするのか・・・・・)の時に、全然真面目に
やらない子が何人かいて、でもそういう子は先生が来ると途端に
真面目にやるので

とうとうある日、娘は1年生の前で説教したんだとか

「私たちはなんのために校歌を教えてるか、わかる?
みんなに覚えて欲しいからなんだよ
だから、先生がいなくてもちゃんとやろうよ!!」

たかみな を尊敬する娘は、その時自分にたかみなが
降りてきていた・・・・ と言っていました(笑)


娘のほうが私よりもずっと「先生」だなあ・・・・・

そこまで熱くなれない自分を自覚しております。

娘を見習わなければ
[PR]
by juntumai | 2012-05-15 17:04 | こどもたち | Comments(4)

ぎっくり背中?

昨日、やってしまいました・・・・・

ぎっくり腰 ならぬ 「ぎっくり背中」

毎朝、5時半にお弁当を作るのですが(長男、朝練のため)

冷蔵庫の野菜室から野菜を取って、その直後

「あーーーーー」

と、背中からわき腹にかけて(右半分)、激痛が走り・・・・・

痛みをこらえて、なんとか弁当を作って、長男に朝食を食べさせて
そのまま布団に・・・・・

痛い痛い痛いよ~

でもこれから1日、あれこれあって忙しく、児童クラブもあるので
朝のうちに夕飯を作っておかなきゃ・・・・・

寝ているよりも立っているほうがラクなので、そのまま朝食作り&夕飯作りを終えて

9時に学校に向かうべく、家を出たら・・・・・・

痛い・・・・痛い・・・・いたい~~

歩いていると痛むのです、とっても。

図書ボラの打ち合わせがあったので、1時間くらい引き継ぎをしてから
車で行きつけの整骨院へ・・・・・

車の運転中も、「痛い・・・痛い・・・・いたい~~」

どうしよう・・・・・このままじゃ児童クラブもダメかも・・・・
明日は久々の託児の仕事も入っているのに・・・・・

整骨院の先生にも
「本当は安静にしてなきゃイカンよ」 と言われたけれど、確か今日は交代の
人がいないはず・・・・・

一応、主任の先生に連絡したら、ほどなくして交代の人を探してくれました。

明日の託児の元締めさんにも連絡すると、交代の人を探してくれて・・・・・

結局、2日間は家でゆっくり出来ることに。

時間を追うごとに、だんだん痛みが強くなってきて
始めは背中だったのが、どんどん腰に降りてきてる感じ
症状的には完全に 「ぎっくり腰」 です。

座ってから立つ動作、トイレ、ズボンを履く時に

「あーーーーーー!!!!」 状態(笑)

娘にズボンをはかせてもらう始末。

寝る態勢もキツイし、ソファも高さが合わないのか具合が悪い

結局じっと立っているのが一番ラクでした。

ひと晩寝たら、だいぶ良くなってちょっとホッとしています。

わたし程度じゃ、仕事はいくらでも代わりが効くけれど
家事は代わりがいないのよね・・・・・
しかも家事って、腰を使うのよね・・・・・

ということが、よくわかりました~
みなさんもお気をつけて~
[PR]
by juntumai | 2012-05-09 08:59 | つぶやき | Comments(2)