日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏休みが始まった

夏休みに入り、児童クラブも朝の8時から子供たちが続々
「出勤」してきます。

とはいうものの・・・・・普段よりも少ない人数
(そのうち増えるかと思うのですが・・・今はなぜか普段より10人くらい
少ないです)

午前中は10時くらいまで「宿題の時間」

午後の1時半以降、4時まで学校のプールに行くので
プールに行かない子は5,6人。
その子たちだけ見てればいいので、午後はかなりラクです。

なによりも子供たちが、春休みのときより確実に成長してるので、
色々なことがスムーズに運びます。

長期休暇利用だけの子も何人か新しく入室してきたのですが
その子たちは学校で鍛えられている?せいか、あまり手がかからない

小さないざこざや、相変わらず言う事をきかない子もたくさんいますが
想像していたよりはマシかなあ(今のところは)

ただ、学校のプールが無くなってしまう8月第2週からが大変かなあ・・・・
(うちの子たちもそうですが)

まあまだ始まったばかりですので、そんなことが言えるのであって
これが終わりのほうでは、「もう、うんざり!早く夏休み終われ~」
と言ってるだろうな と思います(笑)

*******

苦しいながらも勝ち続けてきた高校が、ついに優勝し甲子園出場が
決まりました。

連日、メンバーのお母さんにメールを送っていましたが、おそらく
たくさんの方からメールが届いているであろうに、私にまで律儀に返信して
きてくれて(返信はいらないですよ とは書いているのですが)

本人の努力はもちろん、サポートするお母さんの力
いつも話を聞くたびに
「やっぱり私とは違うわ~」 と思っていましたが、

まさにいろんな力が結集しての甲子園出場だと思います。

今日、息子の三者面談で、「このままでは行きたいところに受からないよ」と
いうことを、先生と私で散々本人に言いましたが・・・・・

甲子園出場を果たした彼らの話になり

「きっと今まさに、彼らは自分たちにしか見えないことが見えていると思う。
だからお前も、自分にしか見えないことが見えるように、もっと努力しなきゃ」

という先生の言葉に深くうなづいた私でした。

苦しみながらも「甲子園出場」を成し遂げた彼らに刺激されて
息子も自分の決めた道を頑張って歩んで欲しいと思っています。
(かなり苦しい道ですが・・・・・)
[PR]
by juntumai | 2012-07-25 19:37 | 保育士 | Comments(2)

野球が終わった

この連休で、息子の野球は終わりました

夏の甲子園予選、1回戦はなんとなんとコールド勝ち
しかもこれが公式戦初勝利!!

やっと勝てたと、みんなで泣き(親が)

2回戦は雨で伸び続け・・・・(仕事の調整がみなさん
大変だったはず)

ようやく試合が出来たけれど、負けてしまいました。

やっぱり息子はベンチに入れず、スタンドで1,2年生と
応援

結局私が背番号を縫い付けたのは、1年生大会だけだったという・・・・

それでも、高校野球が一番楽しかった

なんと今年で野球をやって10年ですが、

最後の3年間が一番楽しかった!

負けたあとは、3年生がひとりひとり、親への感謝の言葉を
言うというセレモニーがあったのですが、息子は

「本当は中学で野球をやめるつもりだったけれど
やっぱりやめられず

でもこの3年間が一番楽しかった

甲子園なんて自分には縁がないと思っていたのに
少しでも夢を見れたこと

こんな下手な自分と、一緒に野球をやってくれてありがとう!」

と、メンバーにお礼を言っていました。

まさに、私が思っていたことをそのまま表現していたなあ・・・・
(一応、親への感謝の気持ちもちゃんと言ってましたが)

その夜は、親しいメンバーがうちに泊まりに来て

彼らが帰ったあとは、気が抜けてしまったようで・・・・

そのままずっと、どこか魂が抜けたままの息子
(まだ2日だけど)

当然、勉強なんてやってるふうではないし・・・・

「こりゃ、いかん!」と、

某予備校の体験に申し込みました。

宮崎ではもちろん、ビデオ受講になるので

「どうせビデオ受講なら、近くがいい」

と息子が言って、高校受験でお世話になった塾と同じ系列(になるのかな?)
同じ場所(階が違うけど)で申し込みました。

はたして彼がビデオ受講に向くのかどうか・・・・

なによりも、心にぽっかりと空いた穴は、埋まるのだろうか・・・・・

中学のときの「終わった」感とは全然違う、この虚無感

毎日の朝練で早く起きての弁当作りやら、夜遅くのユニフォームの洗濯やら
遠征のときは、4時起き(下手すりゃ3時半起き)で息子を送り出したり

そんなのから解放されて、私は楽になったはずなのに

苦しい試合ながらも勝ち続けている高校のメンバーの母友に

「1日でも長く野球ができますように・・・・応援してます」

と、メール送りました。

この私がねぇ・・・・そんな気持ちになるなんて、

やっぱり10年の月日は長かった・・・・
[PR]
by juntumai | 2012-07-18 09:02 | こどもたち | Comments(8)

怖い話

子供は怖い話が好きです。

児童クラブでも、人気があるのは怪談本

夏に入ったので、本屋も「怖いはなしシリーズ」のコーナーが
どこも充実しているようです。

でも最近は少しグロテスクな絵本が多いようで・・・・・

「こんなのどうなの?」みたいな内容もあるそうです。
(私はまだ見てませんが、読み聞かせのお仲間さんたちが
言っていました)

昔話は残酷だ・・・という人が多いのですが、昔話の
ほとんどが、残酷な場面を詳しく語ることはありません。

例えば、最近読み聞かせで語ったおはなし・・・・「とりつこうか ひっつこうか」

も、「おじいさんは丸焼けになってしまったんだと」

で、終わりますが、「丸焼け」の詳細部分は語られません。
そういうことを事細かに描写する必要はないわけです。

あくまで、聞き手(読み手)の想像にゆだねる 想像の余地を残す・・・・・
というのが、「おはなし」の良さですので、最近の事細かな描写のある
「怖い絵本」はそういう意味ではどうなのかなあ・・・・・と思います。


4年生の読み聞かせ

私が選んだ「少し怖いはなし」シリーズです。

1.だから? (4年生にはまだちょっと早いかな?5,6年くらいがちょうどいいかも。
         「グロい」という声が上がりました。グロいわけではなく、ブラックユーモアなんですが)

2.とりつこうか ひっつこうか (こぐま社の「日本の昔話」で覚えました。ちょうど
                    「とりつこうか~ひっつこうか~」を言ってる最中に、
                    開始のチャイムが鳴ってしまったのが残念だった~
                    もう少し遅く開始すればよかった)

3.お化け屋敷へようこそ
d0220848_11452751.png


毎年使ってる気がしますが、ハズさない本です。川端さんのお化けシリーズの中では
一番盛り上がるような気がする~
[PR]
by juntumai | 2012-07-09 11:46 | 図書ボラ | Comments(0)

夏への不安

私が児童クラブに行くことになったので、次男は児童デイ施設を利用することに
なったものの

普段の平日は次男の下校も遅いので、本人が行きたがらない

土曜日は利用者が少なということで、土曜は6月から閉鎖
(いいなあ、うらやましい・・・・・わたし、土曜日は毎週勤務だもの)

そういうわけで、長期休み以外は全く利用する機会がなくなってしまったのですが

先日は久しぶりに、平日利用することになりました。
職員研修のために、1時30分下校とのことで、宿題をして
3時のおやつに間に合うように行くことになって・・・・・

私は勤務があるし、長女は友達と遊びに行くだろうから
1人で行かせることにしました。

(2回ほど、長女に行きだけ付き添ってもらったことがありました。
帰りは施設の車で送迎してもらえます)

次男は「決められたこと」はしっかり守り、行動するタイプ
(それがパターンが好きな自閉症児の特徴といえば特徴なので)

鍵の開け閉め、鍵の管理

家から施設まで、決められた道を歩いていく(徒歩10分くらい。
近道は色々あるけれど、一番安全なコースを何度か練習しています)

そういうことに関しては、長女よりも信頼がおけます(笑)

プラス、最近暑くなり、窓ガラスが開いてることが多いので
家を出る前は窓ガラスを閉めて鍵をかける・・・・・

だとか、

時計を見て、時間になったら家を出る
(一応、家に置きっぱなしの長男の携帯のアラームも鳴らします)

だとか、

何回も確認して、メモにも書いて

「ホントに大丈夫かなあ・・・・」

と不安3割、でも次男ならきっと大丈夫!という気持ちが7割

勤務中も、次男が出る時間になるとソワソワ

もう出たかな?という頃を見計らって、長男の携帯に電話
(これに出ないということは、家を出ている ということなので)

4時半ごろ、施設に電話して、次男が来てるか確認し

(ホントは勤務中は携帯禁止なのだけど)

無事に来てるということで、ホッとしました。

家に帰ると、すでに長女も次男も帰っていて

「帽子もかぶっていったぁ~」 と次男が言うので

まあ!なんてしっかりしてるの~~ と、親ばか全開
(しまった、帽子をかぶるように言わなかった!・・・・と思っていたので)

これで、夏休みも安心できる~ と、ちょっとホッとしました。

夏休み中、私はほとんど勤務なので、次男もほとんど毎日
予約入れています。

私が午後勤務のときは送って行けるけれど、午前勤務や
1日勤務のときは送って行けないから・・・・・
(私の午前勤務は8時からですが、施設は8時半からなので)

不安なのは「計画停電」

うちは日中は、エアコンなしでもなんとか大丈夫ですが

施設はどうなるんだろう・・・・・
(外出プログラムが多いものの)

それと長女がちょっと心配です。
春休み中も、あれほど「火を使わない」と言っておいたのに
勝手にチャーハン作っていたし・・・・・
(ちゃんと弁当作っておいたのに、弁当の中のご飯を
チャーハンにして食べたというのです)

その前に自分自身の体力がもつか不安ですが
(暑い中、大勢の子を見る自信がイマイチないなあ・・・・)

あんまり考えると、またストレスで腰を痛めるから
考えないようにしようっと(笑)
[PR]
by juntumai | 2012-07-05 08:14 | 次男のこと | Comments(0)

災難つづきだった

5月6月は、災難つづきでした・・・・

2回、腰を痛め

娘は食中毒っぽくなり

買ったばかりの車(中古の軽)をぶつけて・・・・

中耳炎になり(←これも私。日曜日の明け方)

あー・・・・・ホントに、悪い時には重なるもんですね

車をぶつけたのが一番ショックだったなあ・・・・

腰を痛めて自転車に乗れなくなり、託児先に車で行ったのが災難の
もとでした。

駐車する所は指定されているので、番号を探してバックして

右ばかりを見てて、左を全く見てなくて

後ろに止まっていた車に全然気がつかず・・・・
(あーあー)

すべて保険でまかなったのですが、来年度からは保険料アップ
は確定です(1万以上アップだって~ 泣)

そんなこんなで6月は終わりました。
災難もこれで終わって欲しい・・・・

そしていよいよ7月

夏の大会(甲子園予選)まであと1週間になり、今週は
「これで練習試合も最後かなあ・・・・」と、親たちはちょっとしんみりしています。

1回戦まで、永遠に来ないで欲しい気分
[PR]
by juntumai | 2012-07-01 21:55 | つぶやき | Comments(0)