日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

小学生2人それぞれ

私の勤務中は、ほぼ1人で過ごした長女
(次男は週に2回、施設に行っているので)

もう6年生なので、「1人でいるのが幸せ」と常々言ってましたが
長く続くと、それもだんだん飽きてきたようで・・・・・(口では相変わらず
「全然大丈夫だよ」と言ってますが)

弟を気にせず、友達と遊べるようにという思いもあって、次男を
児童デイに預けたりしてるのに・・・・・

周りの友達は、塾だ、少年団だ、習い事だ、と色々忙しいらしく

誘って一度断られると、「もういいや」という気持ちになるようで
結局誰とも遊ばないまま、夏休みが過ぎました。

ずっと家に引きこもって、パソコンやらDVDやら・・・・・・

こんな生活、うちの娘だけかなあ・・・・と心配していましたが、
友達の娘ちゃんもそういう状態だったらしく

「家から一歩も出ないよ」

というので、少しだけ安心したり
(その子はどっちかというと、「野外派」のイメージが強いのだけど
元々読書家だったし、ホントは家にいるのが好きなのかも)

「女の子は1人にしてても安心だけど、男はそうはいかない」
と、男の子の親に言われましたが
(長男の時は私は家にいて、チビ2人の世話に翻弄されていたので
「小学生男子1人」になることはあまりなかったのでよくわからないです)

そこで教訓

「働きに出る前に、子供を忙しくさせよう」(笑)

働く親にとっては、習い事で子供が忙しいほうが安心ですね。
それも急に始めちゃダメで、自分が家にいる頃から徐々に習い事を
増やしていかないと・・・・・(いまさら、「公文に行ったら?」と言っても
「は?行かんし」と言われておしまいだった 笑)

少年団や塾に行ってる子が、うらやましかった夏でした。

******

次男のほうも、これまたお兄ちゃんが昔やっていた「ロックマンエグゼ」にハマって
しまい(なんと、驚くなかれゲームボーイアドバンスよ。DSは壊れてるから)

家にいる時は、ずーっとこっそり「ロックマン」をやっているので・・・・・

週に2回は施設に行かせてて、本当によかったです。

いろんな所に連れて行ってくれたり、コミュニケーション力を磨くゲームや
レクをしてくれるし、おやつ作りとか絵画遊びや工作やら・・・・

何よりも、お友達の名前や「スタッフさん」の名前がバンバン出てきて、
かなり親しみがわいている様子
(たぶん、直接からむことはなく、じーっと見ている状態なのでしょうが)

この前はボーリングに連れて行ってくれたらしく、大興奮して説明してくれて

結局その週の日曜日に、家族で(高校生は除く)ボーリングに行ったほどでした。

しかしあの投げ方ときたら・・・・・両手で転がす投げ方で
「あれってアリ?」と長女。でもスコアは良かった(ガーターなしレーン
だったので)

来年、いや冬休みは、もうちょっと施設の利用を増やせるかも~と思いました。
(本人的には「毎日は嫌だ。たまにならいい」そうです)
[PR]
by juntumai | 2012-08-31 08:17 | こどもたち | Comments(4)

よかったこと

前のエントリーに、もうすぐ夏休みが終わるのでバンザイ!という記事を
書きましたが・・・・・

仕事的には、充実感がありました。

4月から児童クラブで働き始めて、理想と現実のギャップに悩み
自分には向いてない・・・・・・と、落ち込んだり

周囲には「辞めたい、辞めたい」と愚痴ってばかりで
(実際、「もう辞めます」と言いに行ったこともありましたが)

こんなに自分に自信がなくなったのは、久しぶりだったのですが
(元々劣等感が強いほうでしたが)

本当にテンションが下がっていた夏休みの初め頃

次男の個人面談で、交流クラスの先生が

「お母さんは児童クラブ勤務なんですよね?
わたし、本当に児童クラブの先生を尊敬しますよ!
本当に大変だと思いますもん・・・・・うちの子もお世話になりましたが、
子供たち、学校と態度が全然違うみたいですよね。」

と言ってくれて・・・・・(そうなんです!学校とは態度が全然違います。
おそらく親に対する態度とも違うと私は思ってますが・・・最近の子は
親に気を使うので←おそらくうちの子たちも)

本当に自信喪失していた時だったのですが、その言葉で、
「もっと自信を持っていいんだ」と思う事ができました。

そして残りの夏休みを乗り切る事が出来たと思います。

それと、プール当番に来ていた元ジャザの先生に、

「よく頑張ってるね!偉い!
私なんか、自分の子を見るだけでも大変なのに」
と言われた時

あのときもちょうど落ち込んでいた真っ盛りだったので、
本当に救われました。

それとお迎えに来たお母さんたちに

「先生方も本当に大変ですね・・・・毎日、ありがとうございます」
と言われたこと

何よりも・・・・・

仲良くなれた子供たちが増えたこと

いままであまりなついてくれなかった子が、なついてくれるようになったこと
(これは女の子)

この前は

「先生(わたしのこと)が、一番好き」

と言ってくれた子がいたこと(しかも男の子←笑)

あんなに「辞めたい、辞めたい」と思っていたのに
だんだんこの仕事に愛着がわいてきたこと・・・・

なんでもそうですが、続けなければわからないことが多いですね。

でもまだほんの5ヶ月

とにかくあと半年は頑張ろう!
[PR]
by juntumai | 2012-08-30 19:42 | 保育士 | Comments(0)

ゴールが見えてきた

あと2日で、夏休みの勤務が終わる~~~!!
あー、長かった!

今日は前から決まっていた別の仕事に行くので、児童クラブはお休みしますが
明日、あさっての勤務で、私の夏休み勤務は終了

夏休みの前は、気が遠くなるような思いでしたが、ここまで来れて
ホッとしています。

何よりも悩んだのが家庭との両立で、これはほとんどの人が
経験していることとはいえ、本当にしんどかった・・・・

子供たちの三度の食事の世話をするだけで精いっぱいでした。

午前出は、朝8時前には児童クラブを開けないきゃならないので
5時半起きで4人分のお弁当を作り
(夫のはパス。私と子供たちの分。
私も児童クラブでお弁当を食べなきゃならないので)

中抜け(昼だけ抜けてまた3時から勤務)のときは
朝から夕飯もちょっと作っておいて・・・・・
(6時まで勤務なので、ちょっとでも作っておかないと
夕飯が遅くなるので)
この「中抜け」が、8月は2週間くらいあったので
しんどかったのかも・・・・

ほーんと、ご飯ばっかり作っていた毎日だったなあ・・・・
その分、掃除とか全然してないので、家の中はひどい
もんです。

たまの休みの時は、プールとか博物館とかイベントに連れて行き

次男が施設の日は、長女だけになるので、午前勤務(1時まで)
のときは、午後から2人でショッピングしたり、「お茶」したり

残念だったのは、後半のたまの休みの時に
天気が悪くて屋外で遊べなかったこと

激しい雨がざーっと降る日が多く、東京は暑い暑いと言ってるのに
宮崎は涼しかったので、そういう点はよかったのですが・・・・

夏休み前は、「あっちゃんの卒業、まだまだだなあ・・・・」と思ってましたが、
やっとあっちゃんの卒業の日が来て、「もうすぐ夏休みが終わる!」と
実感がわきました。

待ち望んでいたよ、あっちゃんの卒業の日。
(あっちゃんが卒業するのが嬉しいのではなく、夏休みのゴールが見えて
きたので嬉しい)

感想: やっぱり小学生がいると大変だ。3学期制に戻して、27日から
     学校にして欲しい・・・・・ 秋休みなんていらんし~(また1日勤務じゃん)
[PR]
by juntumai | 2012-08-30 07:42 | 保育士 | Comments(0)

古事記めぐり

お盆もほとんど児童クラブの勤務が入っていたのですが
子供の数が少ないので、主任の先生が
「休んでいいですよ」と言ってくれて・・・・・・

急遽、休みになりました。

しかし!宿題提出まであと1週間(切ってるし)

自由研究が終わってない・・・・・

次男のビーチコーミング標本箱は終わりましたが、長女がまだ。

友達と浅井三姉妹をやるはずが、どうやら決裂したらしく
それでも自分だけでやろうと思っていたようですが
私が

「宮崎は今、古事記編纂1300年で売りだしてるから、
古事記にしたら?」

という一言で、古事記になり

それならば宮崎は古事記の遺跡の宝庫なので、
近場でもいろいろあるし・・・・・

西都市にある、「記・紀の道」 をめぐることになりました。

記・紀の道 は、こちらをご参照ください。

暑い暑い中、これといったすごい遺跡があるわけでもなく
小さな石碑とか、古ぼけた(失礼)神社を探して、延々と歩く・・・・・・
(途中でズルして車に乗ったりしましたが)

d0220848_10441336.jpg

↑ 車だとあっという間に通り過ぎて、全然気がつかず、
何度もUターンした「御舟塚」(「売地」とかの看板が出てそうな所ですよね)

こっちかなあ・・・・ホントにこっちにあるのかなあ・・・・と
不安になってきて

やっと見つけた!と思ったら、「え、これだけ?」みたいなところだったり

d0220848_10445397.jpg

(でも、ここはニニギノミコトとコノハナサクヤヒメが初めて出会った「逢初川」
というロマンチックなところなんだけど・・・・・)

うっそうとした木立の中に、ポツンとある石碑は、昼間でもなんだか
不気味だったり・・・・・

d0220848_110938.jpg


↑ コノハナサクヤヒメが生まれた3皇子の産湯につかった「児湯の池」
・・・・・なんですが、現像するとちょっと怖かった・・・・

とにかく、古事記や神話に興味ないと全くおもしろくないルートですが、
私たちは事前に仕込み充分だったので、結構よかったです(暑かったけど)

地図を渡して、順番にたどるのが大好きな次男も
張り切って付いてきました。
(肝心の長女がすぐバテてダメで・・・・)

この「記・紀の道」、地元の小学校では4年生になると廻るそうですね。
毎年11月の古墳祭りでは、普段は入れない「男狭穂・女狭穂塚」の柵の中で古代の舞を
するんだとか・・・・
d0220848_1030497.jpg


(↑ 普段はホントに不気味・・・・・ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメのお墓と言われてます)

それにしても古事記は、ぶっちゃけ「エロ本」かなあ・・・・みたいな感想を抱いて
しまう私ですが(と言ったら、夫が後で読んでいた)

田辺聖子さんも書いてますが、古代のおおらかさを感じ、人間味あふれる神様の姿に魅かれ、
読んでいておもしろいと思います。

(「そんなこと、あるわけないじゃん」 と思ったら、神話は読めない 笑)
[PR]
by juntumai | 2012-08-15 10:38 | おでかけ | Comments(6)

海に行かねば

8月に入り、私の休みはあまり無いのですが、
貴重な休みを利用し、お泊り1泊してきました。

高校生1名は、セミナーがあるとのことでキャンセル。
もしかして家族全員で行ける最後のプチ旅行だったかもしれないのに・・・・・

今年は次男が4年生になったので、初の自由研究

長女は友達3人と「浅井三姉妹」をやるとのことで
(長女は「お初」のパートを担当するそうです。なぜだかわかる人にはわかりますよね)

次男の自由研究は・・・・・・

「ビーチコーミング」


夏休み直前に参加した科学の勉強会で、「漂流物」(海から流れてきた物)
を蒐集する人の話を聞いて、いろいろ感銘を受けたので・・・・・
(私だけが感銘を受けても仕方ないのですが、次男に色々「根回し」した結果
彼もその気になったので)

車で10分走らせれば海にたどり着く宮崎

今まで、海から流れてきたもの・・・・といえば「貝殻」くらいしか拾わなかったけれど

実はいろんな物が流れ着くのですよね~

そこには色々なロマンがあって・・・・・・

なぜ今まで、そういうことに目を向けてこなかったのだろう!
と、まさに目からウロコ でした。

そんなわけで、まだ2海岸ですが、色々な物を拾ってます。

20日までにあと1つ、海岸に行けるといいのですが・・・・・
(自由研究の締め切りが20日の登校日までという)

20日までびっしり勤務が入っている状態で、いつ彼を「海岸」に連れて行けるか

それが目下の悩みです。
[PR]
by juntumai | 2012-08-07 20:02 | こどもたち | Comments(6)