日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

こびと

昨年から、子供の本を勉強する会に入っているのですが
6月ごろ、「今度の例会(勉強会)を担当して下さい」と依頼があり・・・・・

テーマは、「こびとの本」

うーん・・・・・こびと ね~

こびと というとパッと思い浮かぶのは「こびとづかん」(笑)

それ以外はあまりに漠然として、本も膨大すぎて、どう切り込んでいいかわからない
・・・・・と、担当者3人で集まって、「どうしようか、どうしようか」と悩み

結局、それぞれが興味ある分野で発表しようということになり

私はグリムの「ルンペルシュティルツヘン」 を語っていて、思ったこと
(ルンペルシュティルツヘンの「こびと」とはどういう存在なのか・・・ということ)

  <話を展開させるために、やむなく「ルンペルシュティルツヘン」を語ったのですが・・・・・
  やっぱり最初のほうに少し失敗し、その気持ちを引きずったまま語っていたので
  語りのクオリティは全くダメでした>

それから広げて、北欧に伝わる「ニッセ」や「トムテ」の本を紹介し

これら、おはなしの「こびと」には、ある共通のテーマがあること

・・・・という流れで発表することにしました。

もう一人の担当者は、「こびとづかん」現象と、
古来から日本やヨーロッパに伝わる「こびと」たちについて(絵本と絡めて)

もう一人は、児童文学に出てくる「こびと」をテーマに、
自作の心理チャートを使って紹介してくれました。


・・・・・・・こう書くと、結構中味が濃かったかも(笑)

打ち合わせの最中は、

「こんなんでいいのかなあ・・・・」

と、みんな自信がなくて

3人とも、「こびとの本なんてあんまり興味ないし~」 だったので
(なのになぜ選ばれたか、よくわからないのだけど)

他のお二人はたくさんの本を読んで、ちゃんと色々勉強していたのですが
わたしはといえば、新しく読んだ本といえば、4冊くらい。

その中のひとつ・・・・・・「こんなん、あったんだ!!」と驚いたのが

d0220848_813754.png


「ノーム」

1970年代にオランダで出版された本ですが、これがすごいんです!!

著者は2人いて、1人は科学者

こびと(ノーム)の生態が、実に科学的に実証的に描かれています。

日本ではなんと、あの遠藤周作さんが監修し、サンリオ出版から出されています。
まるで事典のような厚さで、値段にして5800円。アマゾンの中古でも最低が4800円で、
コレクター扱いにもなってるらしく、そうなると1万以上します。
遠藤さんも、「もう少し安ければ、日本でもベストセラーになっただろうに・・・・」とあとがきで
書いていますが、

でも質のよさ、内容の充実度から言っても、5800円やむなし!!でしょう
(買う、買わないは別として)

はじめは、「あはは!うけるー」と笑って読んでいた私も、最後の方は真面目な気持ちになりました。
遠藤さんも書いてますが、「読んでいるうちに、この世には本当にこびとがいるのでは」と思ってしまう

この続編の「秘密のノーム」も、図書館で借りて読んだのですが、
そっちはもっともっと考えさせられる内容で・・・・・

ノーム(こびと)を通して、「これ以上、人間が地球を勝手に壊さないで欲しい。このままでは
地球は滅んでしまう」 ということが、切々と語られています。

例会でも言ったのですが、「こびと」の存在を信じることは、人間以外の地球を構成する生き物や
自然を尊重し、認めること。それが長い目で見て、人間の幸せにつながるのだ

ということが、「こびとの本」を通して私が感じたことでした。

帰り際、会員の皆さんが「ノーム」を見に来てくれて、嬉しかったです。
市立図書館から長い間お借りしているので(借りては返し、また借りては返し・・・・を繰り返し)
これでやっと返せる・・・・と、ホッとしています。

*******

ちょうど「こびと」のことが頭から離れなかった、夏休みの期間

児童クラブで、子供たちと外で遊んでいたら
ある1年生の男の子が

「先生、いま、こびとがいました!」 と突然言い出しました。

木のところにいた というのです。

「えー、いいなあ~ 見えたんだね!」と私は言いました。

ちょうど、「ノーム」や、ニッセの本を読んでいて
「こびとはその存在を信じる者の前にしか姿を現さない」と描かれていたので・・・・・

「どんなこびとだった?」と聞くと、どうやら「こびとづかん」に出てくる
葉っぱみたいな「こびと」でした(笑)

やっぱり「こびとづかん」の影響、おそるべし
[PR]
by juntumai | 2012-09-26 08:14 | 読んだ本 | Comments(4)

五十肩

夏休み明けの9月3日に、張り切ってジャザサイズに行ったら

左肩が痛くなり、上がらなくなりました。
いわゆる、四十肩? と思っていたら、行きつけの整骨院の先生が
「五十肩ですね」と・・・・・

わたし、まだ40代なんだけど・・・・・ と思っていたら、
(児童クラブではない別の)仕事仲間の看護師さんに

「四十肩、五十肩は年齢じゃないのよ。肩の部分の名称よ」

と言われ、納得(笑)

ところが、左が治ったと思ったら、今度は右が痛くなって・・・・・
我慢していたら、背中の真ん中あたりに激痛が走り、物を書いたり
も出来ない状態になってしまいました。(笑うと激痛が走ったりする)

その週は急遽、休みをもらって家で静養しました。

は~ 一体なんなんだろ?更年期かしら・・・・・

それとも夏休み勤務の疲れがドーッと出たのかしら・・・・

今週は仕事も毎日入ってますが、午後からなので、午前中にジャザサイズに
行けばいいものを、なんとなく気が進まず、午前中はウダウダ過ごしています。
(買い出しに行ったり、夕飯の準備はしておきますが)

なぜか朝が眠くて眠くてたまらない・・・・5時半に起きて弁当作りしてるけれど
みんながいなくなった後、倒れこむように寝てしまいます(そのせいで午前中、
ウダウダ過ごしているんですけどね)

マジで更年期かも~~ 何か飲もうかしら(「命の母」とか)

ウダウダしている時に、よく録画しておいたドラマを見たりしてるのですが

今、宮崎では夕方に武井咲の「Wの悲劇」をやっていて、それにハマっています。

これ、低視聴率で打ち切りになったんですよね~
でもおもしろいよ~

薬師丸ひろ子のは見たことなかったので、実は初めて見るのですが

武井咲も、今までいいとは思わなかったけれど、初めていいと思ったなあ~
なかなか上手いです>1人2役が。
(「息も出来ない夏」はつまんなかったけど←これも録画で見てて、まだ最終回を見てない)

「今までいいとは思わなかったけれど、初めていいと思った」という人が、もう一人いて
それは向井理。

サマーレスキューを録画して見てますが、あの人は意外と「山」とか「大自然」が似合うんだなあ
と思いました。なんというか、3割増しくらいに見えるもん
(山小屋の男性陣がショボいせいもありますが)

逆にオノマチは、全然合わないですね~ 
やっぱりオノマチは、濃い役が似合うなあ・・・・

学校からは、運動会の予行練習が聞こえてきます。
朝から頑張ってるなあ~・・・・・
私もウダウダしてないで、頑張んなきゃ・・・・
(家で暗いのが、私と高3の息子。小学生2人は運動会のことで頭がいっぱいです)
[PR]
by juntumai | 2012-09-21 09:32 | つぶやき | Comments(2)

ポマード

児童クラブで、必ず「先生、これ読んで」と言われるのが
「学校の怪談」(笑)

子供は本当に怖い話が好きですね~

この前、1年生の男の子6人に「学校の怪談」を読んであげた後
この学校に出たお化けの話(2年生の受け売り)で盛りあがり

さらに私が、「口裂け女」の話をしたら・・・・・

ほんとーに怖がってしまった1年生男子たち

(なぜ「口裂け女」の話になったかというと、最近になって
小6の娘が、「鹿児島に口裂け女が出たんだって!」と言ったもんだから)

「でも大丈夫!おまじない があるから、おまじないを言えば逃げるんだって」

と言ったものの、おまじないをド忘れしてしまい・・・・

「早く思い出して、先生!」 と言われても思い出せない

仕方ないので、
「だいじょうぶやが。1人で歩かなければいいんだから・・・・・」

と、言いかけて

「マズイ!!この子たちは5時になると1人で帰らなければならない子たちだった!」

ことを思い出して

「だいじょうぶ、だいじょうぶ。夜にならないと出ないから」(本当は夕方でるんだったよなあ・・・と
思いつつ)

それから、1人の子が何分か置きに

「先生、おまじない 思い出した?」 と聞いて来て・・・・

「ぼくが帰るまで思い出してよ!」とか、
「先生、口裂け女って5時には出ないよね?」とか

ああ、本当に怖いんだなあ・・・・悪いことしたなあ・・・・と後悔し、とにかくおまじないを思い出さねば
・・・・と焦るけれど、全然思い出せなくて
(4時半になったら長女が帰ってるはすだから、家に電話して聞いてみようかと思ったほど)

時間差で入室してきた2年生に、

「ねえねえ、口裂け女って知ってる?」と聞くと、知ってると言うので

「じゃあ、おまじない わかる?」 と聞いたら

「ポマード ポマード」

おおーーーー!!!そうだ~~ 「ポマード ポマード」だ~~

さっそく1年生男子に教えてあげたら、

「ポマードって何?」 と聞かれ

(その前に、「口裂け女は、べっこうあめが好き」と言ったら、「べっこう飴ってなに?」とも聞かれた)

「ぼく、覚えられないから自由帳に書く」 というので

「これくらい覚えなさい。ほら、ポマード、ポマード、ポマード・・・・・」

と、となえさせ

帰る時も、「ポマード、ポマード、ポマード」 と みんなで言いながら帰っていきました。

あんなに怖がるなら、言わなきゃよかった・・・・
しかも1人で帰らなきゃならない子たちに、言うことではなかった・・・・
もしかして、「なんでそんなこと吹き込んだんですかっ!」と親から
クレームきたらどうしよう・・・・・

と、とても後悔した私。(娘に話すと、やっぱり責められました)

それにしても「口裂け女」は、今も昔も、子供たちに恐怖心を与えるのですね~
(私も子供のころ、怖かったもんなあ・・・・・「口裂け女は走るのが早い」というのが
怖いですよね。すぐ追いつかれてしまう・・・というのが)

でも逆にそれを利用して、いつも「5時だから帰りますよ~」と言っても、なかなか
遊びをやめない子たちに

「はい、口裂け女が出ないうちに帰ろう!」と言ったら、パーっと帰っていったので(笑)
しばらくは使えそう

次の日、学校が終わって入室してきた1年生の男の子(一番怖がっていた子)が

「先生、ぼく、朝起きたときにちゃんと覚えてたよ!ポマードポマードって」

と、嬉しそうに言っていました。

「口裂け女」の伝説は廃れないですね~
 (佐土原に「ポマード」という喫茶店があるということも、小6の娘が言ってた)
[PR]
by juntumai | 2012-09-13 13:09 | 保育士 | Comments(4)

心の柵

9月最初の読み聞かせは6年生。
夏休み明けから1週間、「ウエズレーの国」を読むにはギリギリですが、
(夏休みの自由研究が出てくるため)
今しか読めないので・・・・と思って準備をしていたら、直前になって別の本を
見つけました。

d0220848_10143540.png


「むこうがわのあのこ」

表紙と題名を見ると、「あ、人種差別系の本かな」とわかりますが・・・・

内容は一概にそうとも言えない です。

主題は、いまだにある「黒人と白人の心の隔たり」がテーマなのだけど
(「むこうがわ」とは、「柵の向こう側」という意味です)

何も人種に限ったことではなく、私たちは誰しもが、「心の柵」を無意識に作っているのでは
ないでしょうか・・・・・・

日本人じゃないから話しかけないとか

子供たちの間では、「同じクラスじゃないから話かけない」とか

そういうちょっとした「心の隔たり」ありますよね。

この夏、また再浮上した「いじめ問題」

何年かに1回は大きく報道されるけれど、報道されてない期間でも
どの世界でも、どの集団でも、大小ある「いじめ」

根本は、人間の心にある「柵」なんじゃないかな・・・・・と、この本
そして「ウエズレーの国」を読むと、少しわかるような気がします。

d0220848_10231539.png


「むこうがわのあのこ」も「ウエズレーの国」も、根本のテーマは重め ですが
明るく、勇気が出るような、そして心がキュンとなるような、少し大きくなった子たちに
ぴったりの本だなあと思います。

読む前に、両方の表紙を見せて、「どっちがいい?」と聞いたら

女子は全員、「むこうがわのあのこ」を指差し

男子は全員「ウエズレー」(笑)

「じゃあ、ウエズレーは学校の図書室にあるからいつでも読めるので
こっちを読もう」

と、「むこうがわのあのこ」を読みました。

最初はチャチャを入れていた男子も、あのあたりから・・・・・
そうですね、お母さんが「あたらしいともだちができたのね」 と聞くあたりから
シーンとしました。

そして最後のページを読んだあとの場の雰囲気は、なんとも言えない「深い感動と共感」 
に包まれたように私は感じたぞ~(たぶん 笑)
あんなに色々言っていたのに、しばらくシーンとしたもんなあ~

ラスト7分余ったので、「ウエズレー」を強行。
(一応、「どうする?」と反応を確かめたら、読んでもいいよ的な雰囲気だったので)

こちらも途中まで、ほぼ終わりまで、色々ツッコミ入れていたけれど

最後のページでは、「シーン」だった

久々、私も「読み聞かせした!」という充足感が得られました。
(自己満足だったらすみません)

*******

6年生の読み聞かせ

1.だから?
2.むこうがわのあのこ
3.ウエズレーの国

(読み聞かせの人たちが見たら、「なんじゃ、このプログラム!」的な感じですが
場の展開がそうなったもんで・・・・・)
[PR]
by juntumai | 2012-09-11 10:32 | 図書ボラ | Comments(2)

育て方間違えた~

今日、次男の療育のために帰ってきたのが5時過ぎで・・・・

嫌な予感がしていたら、やっぱりカギがかかってなかった!!

今日は長女はピアノの日なのですが、下手するとピアノの日だということも
忘れるので、「今日はピアノだよ」とメモして、さらに「ピアノに行ってね」と
電話もしたのに(療育の場所から)

ついでに「鍵をかけてね」というのを忘れた~ と思っていたら、
やっぱりカギがかかってなかった!!

家の中はもぬけの殻

しかも、カギをかけようとピアノバックに鍵を自分から入れていたのに
カギをかけなかったという・・・・

なんでこの子はこうなんだろう!!

私は1年生の頃から「カギっ子」だったので、そういうミスは全くもって
信じられないのだけれど!

やっぱり育て方を間違えたのかな・・・・・

多分私がいるから、子供は成長できないし、生きる力もないのかな
と、思ってしまいました。

みんな私(母親)に頼り切っているよね・・・・
朝も自分からは絶対に起きないし
指示されないと動かないし

私が1年生のころは、洗濯ものはちゃんと取りこんで
5時になったら、お米もといでご飯のスイッチもして・・・・・
それが日課だったのに。

何もそこまでしろとは言わないけれど、誰もいない家にカギをかける
くらいはしてもいいはずだけどね!
やっぱりそういうことは小さいうちからしつけないとダメですね~

6年生になって慌ててしてもダメ。
頭でわかっていても「習慣」になってないから、
こんなふうにカギをかけ忘れて出て行っちゃう

母親が働くとか働いてないとか、そういうことに限らず
「明日、母親がいなくなってもいいように」
という心構えで、最低限の生活スキルは身につけさせておくべきだった

と、後悔しています。

長女をすごく責めたけれど、元々は私の育て方が悪かった・・・・と後から反省しました。

でも次男だったら、一度言えばきちんとするんだよね~

夏休み中も、長女が家にいるのに、自分で歩いて施設に行く日は
きちんとカギをかけて出て行ったみたいだから

そういうとこ、「きまりを絶対に守る」特性がある子は強いですよね。
だからかえって次男のほうが育てやすいのです。
(コミュニケーション能力は別として)
彼ら独自のパターンがわかれば、最大限にそれを利用して
物事がスムーズに行く事が本当に多いです。

もしイレギュラーなことがあったとしても、「こういう時はこういうこともあるんだ」
と「学習」して、気持ちを整理できるし・・・・・
整理するまでは、もしかしたら普通の子よりは多少は時間がかかったり、
イレギュラーな場面では、奇異な態度に出てしまうことも
あるけれど、次からは上手く行く場合が多いです。

でも、「普通」であるはずの長女は、何度言っても同じミスを繰り返したり、
私が声かけしないと(日課となってるはずのことでも)、しないことがあります。

それにイライラしてしまう私です。
(実は夫もそんな感じで、この20年間、いやそれ以上、彼には同じポイントで
イライラしっぱなし)

他のご家庭はどうなんでしょう?やっぱりうちだけなのかなあ・・・・・・
[PR]
by juntumai | 2012-09-07 22:18 | こどもたち | Comments(2)

最後の学祭

今週は、高校の文化祭&体育祭週間です。
文化祭は昨日と今日の2日間、体育祭は日曜日

3年生は最後なので、そう思うと途端にやる気が出るのか、夏休みは
やれダンスの練習だ~ 合唱の練習だ~ リレーの練習だ~ と、朝早く行ったり
放課後遅く帰ってきたり

どのクラスもそんな感じだったみたいです。

息子はある1週間、「リレーの朝練をするから6時半に出る」と言いだし・・・・

えー!また5時半起きで弁当作りかよっ!と、私は文句タラタラだったのですが
(どのみち、夏休み中の勤務でその時間帯に起きてはいたのですが)

自分のクラスの子たちと練習してると思いきや、なぜか野球部の他のクラスの子と
2人で「朝練」をしていたようで・・・・・・

しかもその子は日南から通っていて、列車は1時間に1本だから、私が起きる頃には
列車に乗っているはずで・・・・・

なんでそこまで頑張るの?? と思うのですが、野球部での日々を思えばチョロイもん
なのかな・・・・・とにかく、日曜日のリレーを楽しみにしておきましょう
(ちなみにクラス全員リレーです。去年は選抜だったんだけど)

文化祭では、クラス対抗合唱コンクールがあります。

宮崎は(いや九州は)、合唱が盛んで、小学校から力を入れているし
中学の文化祭も「クラス対抗合唱コンクール」があり、高校もそうですが

そんなわけで普通の子でも合唱歴は長くなるわけです、高3ともなると。

最後なのでみんな練習も真面目に出るらしく、3年生はみんな上手い!

5位以内は3年生のクラスがすべて独占していました。
(去年は2年生にも関わらず、息子のクラスが優勝しましたが)

息子のクラスは2位。

家に帰って改めてビデオを見直すと、1位のクラスには曲のインパクトでは負けるけれど
3年間で一番よかったんじゃないか と思いました。
何度見ても泣けたわ~~ なんというか、歌詞と曲がじーんと迫ってくるんですよね。
これぞ合唱の王道!という感じ。
合唱で有名な宮崎学園が、全国優勝した時の曲を使ったようです。
(だからちょっと難しいんですよね。派手さがないので、余計難しい・・・・)

日曜日の体育祭が終われば、もう高校生活も終わり。
あとはひたすら受験に向かう日々・・・・・

次に泣くのは、卒業式だなあ~(←卒業生退場時に各クラスパフォーマンスをするので、それが
みんな泣けるらしい)
[PR]
by juntumai | 2012-09-06 09:00 | こどもたち | Comments(2)

のどかだ・・・

児童クラブは土曜日も、朝8時から夕方の6時までやるので、必然的に私も土曜日は出勤です。
なので、土曜日に遊びに行く事は全く出来なくなりました。
(元々、土曜日は下の子たちはスイミングだったし、長男の練習試合がずっとあったので
遊びに行くこともなかったのですが・・・・)

なので、日曜日は下の子たちと意識的に遊びに行くようにしています。
特に夏休み中は、それこそ日曜日しか出かけられなかったので、毎回遊ぶ計画を立てていました。

そんなわけで9月2日の日曜日も、ちょっと遠征。
宮崎と鹿児島の県境に、湧水町(鹿児島)というところがあるのですが、そこのラーメン屋さんが
とてもいい!とかねてから夫が絶賛していたので・・・・・

ラーメン屋といっても・・・・・↓ こんな感じで、オシャレ~

d0220848_21332855.jpg


民家の1階がお店になっています。「あら木」というお店です。

もう風は秋の気配で、こんなふうなお庭でラーメン食べても暑くない(笑)
夫が言うには、寒い冬にこの庭で食べるラーメンはおいしいんだそうです。
お庭から霧島連山が見えますが ↓、冬は雪化粧でキレイなんだとか・・・・

d0220848_8422695.jpg


コーヒーを頼むと、手作りケーキがついてきます。この日はニンジンとシナモンの
ケーキ。(ケーキ付コーヒー350円)
子供たちには、かき氷を頼んだのですが、とっても豪華でした!(400円)

帰りは吉松駅に展示されている汽車を見てきました。

d0220848_21375729.jpg


わたし、この吉松駅って宮崎だと思ってた~~

実はもうすぐ、結婚して20年目になります。
ということは・・・・・宮崎に嫁に来てまる19年になるわけですが
隣の県(鹿児島とか熊本とか大分とか)に行ったのは、この19年間で数えるほど

お嫁に来た時は、「よくぞこんな陸の孤島に・・・・」とよく言われたものですが
やっぱり「陸の孤島」だったな(笑)

それも慣れてしまって、それどころか半径2キロ圏外に出る事も
あまりない日々を送っています。

d0220848_2151271.jpg


駅だというのに、電車が全く来ない吉松駅・・・・・
それが不思議ではなく、もはや「当たり前」と思うようになったけど

やっぱり、のどかだなあ~~(笑)
[PR]
by juntumai | 2012-09-04 21:52 | おでかけ | Comments(4)