日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

手なし娘と反抗期

この前、「手なし娘」が語れなくなった話を書きましたが・・・・・

今はインターネットでいろんな文献を見れるので、それらを見ながら
色々考えたのですが、

このおはなしは、「思春期、青年期、成人期」の変遷の物語 なのだ~と
わかりました。

保育士試験の勉強で何度も出てきた「エリクソンの心理社会的発達理論」
というのがあるのですが

その理論を地でいく、人間の成長過程からすると、きわめてオーソドックスなタイプの
おはなし なんだなと。

継母(親)から、手を切り落とされ谷に突き落とされる という極悪非道な扱いは
「思春期の親子の葛藤」、そして「親からへの自立」 を意味しています。

そして、若旦那に出会い、結婚すること。これは青年期(そして成人前期)。

継母の策略により、結婚生活は破たん。これも、成人前期から成人後期につながる時に
誰しもが経験する、「人生の苦難や障壁、それに伴う挫折」を意味するのでは?
それはある意味、「さまざまな人生の転機」を象徴するような気がします。

そしてクライマックスで、「(子どもの命を助けようとした時に)失われたはずの手が生えてくる」

「なぜ、そんな神がかり的なことが??」 と疑問に思って、なかなか納得出来なかった私ですが

これは、「子供を思う親の強い気持ちのあらわれ」 であり、
これまで「自分にふりかかる苦難」だけの時は、手は生えてこなかったけれど
子供を思う気持ちの強さ、子供を助けたいという一心な気持ち によって、
手が生えてくる・・・・・

つまりそれは、「親としての成長」を示していること

「次世代のために知識、経験、愛情を継承していく時期」である、
(エリクソンの理論でいうところの)成人後期になります。

だから、「手が生えた場面」は、このおはなしの最大のクライマックスであり
そのためだけにこのおはなしが存在する といっても過言ではないと
ある大学の先生も書いていました(ネット上にアップされている論文で)

長々と小難しいことを書いてしまいましたが・・・・・

私が語りを始めるちょっと前に、ある人が言っていたのですが
「自分が、語るおはなしを選ぶとき、そのおはなしのどこに惹かれたのか を考えると
興味深い」

つまり、その時選んだおはなし というのは、その時期に抱えている心理的なものが
大きいのでは と、私はいつも思っています。
でも選んだ時点では、それが何かはわからないのです。
(その時、自分がどういう心理状況にあるか、よくわかってないという意味)

なぜ、私が「手なし娘」を選んだのか

それは思春期に突入した娘のことがあるからかもしれません。

いや~、娘、まさに思春期突入でして・・・・とにかくイライラしています。
ほーんと、反抗的!!
今朝もプリプリ怒って学校に行きました。

家の中、更年期でイライラしている私と、思春期でイライラしている娘
がいるのですから、我が家の男性陣にとっては迷惑なんでしょうが

そんな娘を見ていると、「ああ、自分にもあったよなあ・・・」と思います。

これから、思春期から大人への道を歩んでいく娘と、これまで歩んできた自分を
重ね合わせることが、ますます多くなるのでしょうね~

なので、このおはなしは、小学生でいえば6年生
もしくはそれ以上(中高生)の世代にした方が、しっくり来るような気がしてきました。
(そういえば、このおはなしをしてみて一番反応がよかったのは、高校生の長男だったなあ・・・・・)
[PR]
by juntumai | 2012-10-24 09:04 | 語り | Comments(9)

幸せの価値観

保育士の免許を取って働くようになってから、研修として保育者向け講演会に行く機会が
何回かあります。

今日は発達障害の講演会に行ってきたのですが・・・・

対象者が「小さい子を持つ親」向けだったので、私自身は少し物足りなく感じました。

物足りないというよりも・・・・・・うーん、なんだろ?
今までの考えてきたことなどを、講師の先生に系統立てて
代弁してもらっている感覚はありました。

特に、最後のほうに先生が力を入れて話していたこと

「親は幸せの価値観を変えなければならない」 というくだり

日本の今までの価値観の中では、発達障害を持つ子供は幸せを感じにくいだろう と。

そもそも、幸せってなに? ということ。

これはねー、ホントに今まで長い事かけて、自問自答してきた部分です。

私は、昔ネット上で(自分の掲示板で)

「子どもは、自分より先に死ななければそれでオッケー。それだけが願い」

みたいなことを書いて、なぜか反響が大きかったことがあり・・・・・

その中で、

「プラス、幸せになってもらいたい」

と書いてくれた方がいました。

そのとき、その方には申し訳なかったのですが、自分の中で「ん?」と引っかかってしまった部分があり

「この場合の幸せってなんだろう?それは親が考える幸せであって、子供が望む幸せとは
また違うのではないだろうか?」

と、思ったのです。

こう書くと、すごく「物分かりいい親」みたいな感じですが(笑)

「思うようにならない子」を育てる期間がとても長かったので、自然と自分の価値観も
変えざるを得なかった 

なので、講師の先生がおっしゃっていた「(価値観を)変える必要がある」のではなく、
自然と「変わってくる」のが現実かな

実は身近に、「親は子供をこう育てなきゃならない」 という、確固たる信念?を持った方が
いらっしゃるのですが(主に、仕事関係で)

正直、「そんなふうにあてはまるものでもないけどな」 と、心の中でいちいち反発してしまう自分が
います。

たぶん私がやってる仕事としては、そういう観念をどこかで持ちつつ、理想と現実の折り合いを
上手く取りながら、親御さんに働きかけていけばいいのでしょうが・・・・・・

うーん・・・・・そういう「~でなければならない」 という価値観自体が、私にはもう無いからなあ・・・・

私にできることは、親御さんに共感すること だけかなあ・・・・

たぶん、それから一歩進んで、何かを働きかけることがプロなのでしょう。

そういう意味では、もしかしたら自分は永遠に「プロ」になりきれないのかなと
思うのですが

うーん・・・・まとまらない(笑)
[PR]
by juntumai | 2012-10-22 16:20 | 保育士 | Comments(5)

お話会が今年も始まります。

毎年この時期は小学校の「お話会」の準備で忙しいのですが・・・・・

私は今年は役員をしてないので、出しゃばるのはやめよう と思っていたけれど
やっぱりそうもいかなくて

あれこれ調整にいそしんでいます。

役員の人たちは、入会して2年目ということもあり、長くいる人たちとは
接点があまりなかったので、主に私は「長くいる人」との調整役みたいな形で
サポートしています(ってただのおせっかいなんだけど)

私自身は、語りで参加する予定で、1年生をのぞく全学年(2年生~6年生)
に入ることになっていましたが・・・・・

まず、半年ばかり前から温めていた、高学年向けのおはなし
「手なし娘」に失敗し(語りの会で披露したら、思っていたよりあまりよくなかった)

「ルンペルシュティルツヘン」は、去年もしてて、5,6年生には使えない・・・・

最近いろんなところで語っている「とりつこうか ひっつこうか」は、相方さんの
お話と雰囲気がカブったりして使えなかったり

そんなこんなで、あまりテンションが上がらず、5年生は無理を言って他の人に
お願いし

6年生のおはなしは、「とりつこうか ひっつこうか」をするために、相方さんに
持ち話を変更してもらったり

いろんな方面で迷惑かけています。

でも、お話会のプログラムというのは、難しいもので
和物(日本の昔話)ばかり偏っている人同士が組むと、バランスが悪いし
(でも皆さん、自分の都合のいい日というものがあるので)

本音をいえば、私のような語り初心者で、持ち話に乏しい者に合うように
ベテランさんが、自分の持ち話を考えてくれればいいのだけれど・・・・・・
(考えてはくれているのですが、やはり「今、語りたいおはなし」が
皆さんそれぞれあるので)

ほーんと、難しいです。

すべては、「手なし娘」が語れなくなってしまったのが原因かしら・・・・

「手なし娘」というのは、世界各地に類似話がたくさんありますが
私が覚えたのは、日本の昔話(こぐま社)で、

継母に両手を切り落とされた娘が、自分を最初に見染めてくれた若旦那と
結婚し、子供を産むのだけど、

継母の策略によって、子供と一緒に婚家を追い出され

守護神の助けによって、子供の命を助けようとしたときに、失われた手が生えてくる

そして結果はハッピーエンド


と、ものすごくざっくり言うとそういうはなしです。

このおはなしの見せ場は3つあって

①冒頭で娘が継母により、両手をナタで切り落とされ谷に突き落とされてから
はいあがって、再び若旦那に出会うまで

②江戸にいる若旦那に、両親が「子どもが生まれたよ」という手紙を
(下男に)持たせるのですが、その途中で継母にその手紙を読まれ
継母が嘘の手紙に書き換えてしまうこと

③家を追い出された手なし娘が、子供の命を助けようとしたときに
手が生えること

私は、②の場面は喜々として語れるのですが(ホント、私ってヤマンバとか意地悪ばあさんとかが好き)

一番重要な③の場面、手なし娘に手が生えるところで

「手が見えない!」と指摘され

(つまり聞き手に手が生えたという情景が伝わらない ということです)

そこで手が見えなきゃ、このはなしは台無し です。

よくよく考えてみると、自分の中で「なぜ、手なし娘に手が生えるんだろう?」と
疑問に思う気持ちがあって、そういう思いで語っているので、聞き手に情景が
伝わってこないのかもしれない

それなら、このおはなしは私にはまだ出来ない

と、思ったわけです。

語りはやっぱり難しい・・・・
それだけ、自分の生きてきた過程であるとか、思いであるとか
それを表現できる行為だなあ とつくづく思います。

おはなしせつこさんに言われた

「あなたが選んだおはなしは、あなたに語ってもらいたいのですよ」

という言葉を、しみじみとかみしめている最中です。

きっといつかまた、「手なし娘」を語れる日がくると信じています。
[PR]
by juntumai | 2012-10-19 08:08 | 語り | Comments(4)

初スマホ

スマホ全盛ですが、まだガラケーを使っている私です。

私のケイタイ、今まで2回壊れているのですが
またもや壊れてしまい・・・・

もういい加減、他のにしたい!

と思ったけれど、まだダンナもスマホじゃないし・・・・・

2人ともスマホにしたら、料金高いし~(他の家庭は携帯代、いくら払ってるんだろ?)

じゃあ、ダンナがスマホ、私はダンナのケイタイを使う

・・・・・ということを提案しました。

そういうわけで、うちにスマホがついにやってきたのですが、

あっという間に子供たちに占領されて
(帰ってきた長男に、「へいちゃーん、スマホが来たよ~」と長女)

長女と長男でアプリを入れまくり

長女が最初に入れたのが「なめこ栽培」(みんなしてるし~ みたいな)
長男が最初に入れたのが「英訳ソフト」

・・・・・って、自分のじゃないのよ(笑)

しかもダンナは、使い方が全くわかってないのに、子供たちがどんどん
色々やってしまう

「LINEは入れちゃダメなの?」とか
「乗換案内なんて宮崎じゃ使わないし~ カーナビにしなよ」とか

何年かぶりに子供3人が仲良く寄りそう姿を見ました(笑)

夜遅くまで、長女か長男がスマホいじり
(って、何度も言うけど、自分のじゃないのよ)

しかし、子供さえいれば、マニュアルいらずですね。
私が買った時も、使い方は子供に聞けばいいや~

(ケイタイ嫌いの長男は、大学受かったらスマホ買ってやると言っても
「別にいらんし~」などと言ってるのに・・・・・なぜ父ちゃんのスマホは使う?)
[PR]
by juntumai | 2012-10-15 08:50 | つぶやき | Comments(8)

蜂の巣

年に1回、この時期に植木屋さんに庭の剪定をしてもらっていますが・・・・・

私が、いったんお昼に仕事から戻ってきた時に

「蜂の巣がありましたよ!!!」

と言われ・・・・・・

えー??どこ?どこ?どこぉ~~~

「これ以上近寄らないほうがいいよ、ほら、あそこ!!見て!!」

みると、隣の敷地の植え込みに、直径2,30センチくらいの蜂の巣が!!

そして、ぶーーーーーん と蜂が出てきて・・・・・

きゃーーーー ですよ、まったく。
(逃げまとったら余計危険なので、そおーっと後ずさり)

たぶん、超危険なスズメバチだと植木屋さん(1回刺されてるので
詳しいのです)

どうりで・・・・・

夏中、蜂が多かったんですよね。

洗濯物を干しているときも、フラフラ~っと蜂が飛んで来てて

この前なんて、家の中にいたから、大騒ぎして家の外に
逃がして

(私が必死で逃がした後、そばにいた息子が
「蜂は1匹だったら刺さないし、自分たちの縄張りに入ってこなきゃ
刺さないよ」←早く言え)

一応、私も巣があるんじゃないかと思って、軒下をぐるっと見たんですよ

でもまさか、お隣の植え込みのところに作っていたとは・・・・・
(我が家のリビングの窓から超至近距離)

すぐ至近距離で、毎日毎日たばこを吸っていたダンナも

「どうりで蜂がよく飛んでるなあ・・・・と思ってた」

と言っていました(よく刺されなかったなあ・・・・というほどの至近距離)

なんとか巣を駆除してもらいたいけど、お隣は空家なので
市役所に頼んで持ち主を調べてもらい、すぐ駆除してもらいました。

蜂の巣は、うっとりするくらい立派だったので、ぜひとも写真を撮りたかったけど
蜂がぶーーーん!!と出てくるので、近寄れず無理でした。

でもまあ、よく刺されなかったなあ・・・・・

(それと、キンモクセイの木には、黒鳩の巣がありました。
どうりで、鳩も夏じゅう、いたわけだ・・・・)
[PR]
by juntumai | 2012-10-07 11:45 | つぶやき | Comments(4)

大学受験でした

「一番上が高3です」

というと、

「受験生じゃないですか!大変ですねー」

と言われます。

そうなんだよね・・・・ 受験ももうすぐよね・・・・
確かセンターの出願、もうしたんじゃなかったかな?
(お金だけ払って、あとは学校任せにしてるから、よくわからない・・・・)

約2年間の説得もむなしく、息子は第一希望の大学しか行かない!
前期・後期とも第1希望で通す・・・・・と言っていて

私立は「人が多いから行きたくない」 と言い

それじゃあ、浪人決定じゃん。第1志望の大学なんて、受かるとは
思えないし~

・・・・・・ということで、すっかり私は「受験生の親」を放棄しています。
「もう今年はお金をかけるの、やめようっと」なんてね
(息子は一応、あきらめずに頑張ってますが)

ただ私立は、1校だけセンター対応で受験する と言っていたので、
「あー、よかった。前期試験までは東京にやらなくていいんだ」

と思っていたら・・・・・

「それがさ、この学部、2次試験があったよ。英語と国語。
センター対応は1科目だけだから、化学にする」

えーーーーー!!!!

じゃあ、前期試験の2週間前に東京に行かなきゃならないじゃん!

そのままうちの実家にいればいいのに、本人的にはいったん帰りたいらしい・・・・・

あ~あ~あ~

受かればいいけど、そこもかなり厳しいと思うし、どうせダメなら
あまりお金を使いたくなかったのに・・・・・(←親の本音)

ほーんと、言っても仕方ないけど、地方って損ですよね~
関東に住んでいれば、少なくとも飛行機代・宿泊費はかからないし

私立のために東京往復して、また2週間後、国立の前期のために
東京往復(しかも泊まり。うちの実家は埼玉なので時間かかるし、
受験のときは都内のホテルのほうがいいかな)

(ダンナなんて、「旅費がもったいないから、私立をもう一つ受けろ」なんて言うけど
受験料だってかかるんだから、ダメ!と言いました。本人もその気ないし)

こう書くと、
本人的にも、後期までは気力がもたない気がしてきました。
自宅から通えればまた違うんだろうけれど

ほーんと言っても仕方ないけど、地方って損よね~(←こればっか)
[PR]
by juntumai | 2012-10-04 08:30 | こどもたち | Comments(2)

平日の運動会

日曜日は運動会の予定でしたが、台風のため月曜日に延期となりました。
(日曜日は既に台風一過で快晴だったんだけど)

平日だから、日曜ほど人は多くないだろう・・・・と思っていたら

「場所取りは朝の7時からです」 と連絡網で廻ってきたので
7時に行ってみたら、すでにシートでいっぱいでした(驚)

ちゃんと決まりを守った人が損をしますよね~

それでも西側のコーナーの所が少し空いていたので、そこにシートを
敷いて、木影のところも少しだけ空いていたので、昼食用に確保。
(平日だけど、給食は止められているので、日曜開催と同じように
子供たちも家族とお弁当を食べます。)

やっぱり日曜日よりも余裕があるのかなあ・・・・と。
日曜日だったら当日の朝7時には、シートだらけで通る隙間も
ないほどだもの。

それにしても平日7時の場所取り、ダンナや子供たちは普通に
送りださなきゃならないし、お弁当は作らなきゃならないし、
超忙しかったです(役員さんたちに比べたら、まだマシですが)

午前中は、コーナーの観覧席は日差しが強いので、せっかく場所を
確保してるのに、座ってみてる人もそれほどいなくて・・・・・

うちの子たちの午前中の出番は11時前には終わってしまうので
それまで我慢して、義両親と見ていました。

次男は、徒競争が練習からずっと一番だったので、もうすっかり1番になる気
でいて、運動会の会場図を見ながら、
「ここで抜かして~ ここで1番になって~」

などとシュミレーションしてるので、私はだんだん不安になってきて・・・・・

「こんなに1番になる気満々なのに、本番でダメだったらどうしよう」

と、ドキドキしながら見ていたのですが

無事に1番になりました(ホッ)

4年生は同じようなタイムの子と走るので、次男と一緒に走った子は
「遅っ!」 という感じで(「もうちょっと早く走れんか!」と言いたくなるほど)
同じように遅い次男でも、一番になれたのでした~

長女は6年生なので、ラストの組体操がなんといっても「集大成」でした。
6月から練習してきたのでね~ 

最後の大技で、「キャー!」と会場から悲鳴が上がったので、なんだなんだ?
と思ったら、どうやら頂上の子たちが落ちてしまったようで・・・・・
(私はビデオで長女を映していたので、その瞬間は見てないのですが)

もう曲は終わっていたけれど、全校生徒が見守る中
再度組み直して、無事に成功しました。
(他の学年の子たちが、「がんばれ~がんばれ~」と応援してくれて、
成功した瞬間、「わーー!!」と歓声があがり、感動しました)

次男の団が総合優勝、長女の団が応援優勝で
(毎年恒例の注釈: 宮崎は「組」ではなく「団」構成されていて、赤・白・青・黄の4団あります)

こんな年も初めて!
我が家にはいい運動会になりました。

特に、応援優勝を取るということは、6年生にとっては本当に嬉しいことなので
(応援は6年生を中心に、夏休み前から練習してるので)
よかったなあ・・・・・としみじみ思いました。

やっぱり、運動会というものは、最高学年のためにあるようなもんですね。
高校の体育大会も、3年生が中心でずっと練習してきて、3年生が一番張り切って
頑張って盛り上げて~ なので(中学の時もそう)

それと、今年の高校の体育大会があまりにおもしろかったので思ったのですが、
運動会は大きくなるにつれて、見ていて楽しい
競技も見ごたえあるし

「幼稚園の運動会が一番かわいくていいよ~」 と人は言うけれど、

大きくなってからの運動会のほうが、おもしろいですよ。

でもそれも、運動会といえば、盆と正月&冠婚葬祭につぐ一大イベント の田舎ならでは
なのかもしれないですね~

これで、小学校の運動会もあと1人、あと2年!
[PR]
by juntumai | 2012-10-02 08:02 | こどもたち | Comments(5)