日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アベノミクス?

先日、某所に(仕事の)登録面接を受けに行ったのですが

私の他に2人呼ばれていて、3人一緒に登録内容を説明されたあと
個別で10分くらいの面接をするというシステムでした。

リクルートスーツを着た、若い女の子と
もうひとりは、30代くらいの男性

こんな働き盛りの年代の人が、受けにきてるなんて!!

まさに世の中就職難なんだなあ・・・・ということを実感しました。

私のように、「第1希望は休みやすい職場」 だとか、「扶養の範囲内で」とか
そんなふうにお気楽な観点から選んでいるのと違うだろうし・・・・
(もしかしたら別の夢があって、その夢に支障がないような
仕事を選んでいるのかもしれないけれど)

この前、美容院に行ったときに、店員さんとお客さんの会話が
聞こえてきて・・・・・

なんでもそのお客さんのお子さんが、某市職員の採用試験を受けたけれど
落ちてしまい、いま浪人中でアルバイトをしているんだとか

宮崎市と違って、某市はきっと狭き門だろうし・・・・・・
やっぱり厳しいですよね

こんな話を聞いたり、面接に来た人を見たりしてると
アベノミクス効果ってなんじゃ~??と思うなあ・・・・

普通に就職している人にとっては、アベノミクス効果が実感出来るかも
しれないけれど、就職できない人にとっては、全くピンとこないばかりか
「GWに財布のヒモがゆるむ人たち」 みたいな報道は腹が立ちますね。
(たぶん、こうした報道も意図的に流されてる気がするが・・・・)

人のことは言ってられる立場ではなく、プーになってほぼ1ヶ月経ちますが
登録した先から連絡が来るのを待っている状態です。
(現在、2つ登録しています。もうひとつ、登録しようか迷っているところです)

今日はとりあえず、児童クラブへ
まだ抜けきれない状態です(笑)
早く堂々と抜けたい・・・・・
[PR]
by juntumai | 2013-04-30 08:53 | つぶやき | Comments(0)

部活

先日、久しぶりに児童クラブ勤務だったのですが・・・・・

勤務先の小学校のすぐ横が、娘の中学のグラウンド
(ちなみに校区は違います。隣同士くっついてるのに、ここの小学校の子は
別の中学に行きます)

校庭で子どもたちを遊ばせているときに、中学の部活が嫌でも見れるので
去年から色々と、目にしていました。
基本的には息子のときと変わらないなあ・・・・と。

さて、いざ娘が入学してみると、去年以上に部活の様子が気になります。

で、娘が入部したはずの部活は??

あれ? 誰も練習してない・・・・・

練習、ないのか?

釈然としないまま、6時半頃帰宅すると、まだ娘は帰ってない。
(次男がひとりでお留守番。やっぱり児童クラブ、やめて正解だったかも)

じゃあ、やっぱり部活があったんだ!
でもどこでやってたんだろう??

と思っていたら・・・・・・帰宅した娘に聞いてみると、「行ってみたら誰もいなくて
みんなで困ってた。仕方ないからずっとおしゃべりしてた」

んーーーーー??

長いこと、バリバリ体育会系の「野球母」をしていたので、
そういうところが慣れないというか、信じられないというか・・・・

そもそも娘たちを見ていると、仮入部期間はとっくに終わったのに
早く帰ってくる・・・・・

なんで??練習に行かないの?

と聞くと、どうやら25日の正式入部の日から行けばいいと
思ってるようで

それも娘だけでなく、他の部の子もそんな感じ ということでした。
(なんと、野球部新1年生まで!)

普通、仮入部期間からずっと練習に出るもんじゃないのか?
張り切ってる子は、入学前から練習に出てるけど(高校なんかは特に)

そう思ったので、娘に「本当に入る気なら、ちゃんと練習に行きなさい!」
と、「野球部感覚」で叱咤していたのでした。

結果、この前の日曜参観のあとに練習に顔を出した新1年生は
娘ひとりだったみたいで・・・・(3年生には「偉いね~」と誉められたんだとか)

やっと友達と一緒に、練習場に行ったのに、肝心の部活がやってない・・・・
(そのへんの事情はよくわかりませんが)

なーんか、「これでいいのか?」と思ってしまうけれど
部によって違うってことでしょうね。

でもこれだったら、ボーイスカウトとか、水泳とか、ピアノも両立出来るかも?
(一応、全部やめないで続けてます。でも最初に脱落するのはピアノかな、やっぱり)

部活以外の活動(例えば、硬式テニスだったり硬式野球だったり、
サッカーのクラブチームだったり)をするために部活に
入らない子は、息子の時以上にいるような気がします。

「帰宅部」は、もう全然珍しいものではない ということが
一番感じているところです。

(そもそも、運動が苦手な子の「受け皿」が、無いよね~美術部以外は)
[PR]
by juntumai | 2013-04-25 08:48 | こどもたち | Comments(4)

3年ぶりの中学

土日は、小学校と中学の参観とPTA総会でした。

土曜日だけで、もうクタクタ・・・・・

今年も役員なので(今年はある委員会の委員長を引き受けてしまいました 泣)
総会は一番前に座らされ、承認されたり、活動内容を説明をしなければならず

その場にいるだけでも疲れるのか、帰ってきたらぐったり でした。

中学は、まる三年ぶりの授業参観。

知っている先生がほとんどいないせいか、雰囲気も変わっちゃってて
疎外感を感じました。
夫も、「なんか、つまんないね・・・・」と言ってたほど

それでもあちこちで、いろんな人に声をかけられました。
長男関係のお母さんとか、いろいろと・・・・

高校の野球部で一緒だったお母さんには

「発表のときに、みんなで祈ってたんだよーーー
絶対に東大に行って欲しかったから!」

と言われ、なんだか申し訳ない気持ちに・・・・・
でも2回チャレンジしたから許してくれるよね(?)

筑波大学にどうしても行きたいから・・・・と東京の予備校に行ってる子も
いるそうで(てっきり地元の予備校に行ってるかと思ったら、東京だと
聞いてびっくりしました)

それ聞くと、なんだか浪人しなかったのが申し訳ないような気持ちになったり

本人は東京で毎日前を向いて進んでいるのですが、私のほうは
宮崎で、長男に未練を残してくれてる人達の話を聞いたりするので
なんというか・・・・・「時が止まってる」感があったりします。

でもやっぱり「時」は確実に流れていて、中学もこの3年で変わっちゃったし、
一からまたスタートなんだな・・・・と、改めて思いました。

長女のことが若干不安ですが・・・・・彼女は「愛されキャラ」だけど
中にはそれを悪く思う子もいたり、仲良くしてる子から意地悪されることも
ままあるので・・・・・要するに、いじられキャラなんだけど、あんまり仲良くなると
イラっとくるタイプなんじゃないかと、わたしは想像しています。

友達同士のごちゃごちゃは、親にはどうすることも出来ないからなあ・・・・・
なんとか自分で「落としどころ」をつくって、乗り切って欲しいと切に願ってます。
(と、まだ何も起こってないのに心配している私。でも「芽」はあるんだな、これが)
[PR]
by juntumai | 2013-04-22 08:38 | こどもたち | Comments(0)

あまちゃん

朝ドラを見続けてかなりの年数が経ちますが
(ちなみに、堀北まき のは見てませんでしたが)

今期の「あまちゃん」 すごく評判いいですね~

で、前期の「純と愛」 の評価はボロボロで・・・・・

私は「純と愛」は途中から見たのですが、確かに評価ボロボロは納得なんですが
風間俊介君の将来性が楽しみで、見ていました。

あの子はきっと大丈夫。生田斗真よりも大丈夫。
なぜならイケメンじゃないから。
つまりどんな役でも来るでしょう、ジャニーズにいる限り。

ただ、夏菜ちゃんは気の毒としかいいようがない・・・・・
ミタ遊川さんの犠牲になったね、あれは。
(ミタは、「家族ゲーム」のパクリというか、オマージュだね と今更ながら思います)

「あまちゃん」の良さに関しては、あれこれネットで言われてるので
省略しますが

私が同感するツボが、「地方はみんな同じ」ってこと。

宮本信子さんのナレに、いちいち納得するし
(きれいな海、かわいい電車 だけでは生きていけない とか)

今日のユイのセリフにも納得

「今日は、なまってないんだね。でもそのほうが自然だよ。
なまってるアキちゃんは、なんか嘘っぽい。馬鹿にされている感じ」

「自然が素晴らしいとか、そういうセリフ、東京から来た人だなって思う。

私は逆に、ネットカフェが好き!」

「田舎でもギスギスした家庭はあるのです」
(以下、「田舎でも人がいいばかりじゃないんだな」的なナレ)

実際のセリフとは全然違うと思いますが、ニュアンスは汲み取ってもらったでしょうか。

わかるわーーーーー

でもね、お母さん役の小泉今日子もそっとつぶやいていたけれど、
「(東京のあれこれは) そんないいもんじゃないよ・・・・」

これもわかるわーーーーー

九州内でも「孤島」扱いの宮崎。(なんせ高速もつながってない、新幹線も通ってない、
スイカ=スゴカも宮崎だけは導入されない)

それでも、あまり東京がうらやましいとは感じなくなった、宮崎歴20年の私

ただ言えるのは、「東京(及びその近辺)だけが特殊なんだ」 ってことかなー
(あと京阪神地区も)

「あまちゃん」で語られていること、すべての地方にあてはまるということです。

(そういや長男が、「ハコ乗りの座席にたった一人で座りたい」 と言っていたなあ・・・・・)

ただ、以前にも書きましたが(「オリンピックの身代金」の感想で)、東京は東京で
きらびやかなゾーンとして、どこまでも突っ走って欲しい と切に願います。

だからこそ、「地方の価値」もまた確実にあると 思いますのでね~
[PR]
by juntumai | 2013-04-19 19:58 | つぶやき | Comments(4)

センターの結果が今頃かえってきた

センター試験の結果って、今頃郵送されてくるんですね~

今日、書留で送られてきたので、なんだなんだ?と思ったら

センター試験の結果でした。

すべて自己採点どおり

一応、写メして長男に送りました。

自分の結果はもうどーでもいいみたいだけど、文Ⅰは15年ぶりに足切りなしだったので
最低点の人がなんと203点!(長男は文Ⅲ受験だったので関係ないのですが)

これには関係者がみんな驚いたと思いますが・・・・なぜに203点??ってことで
彼の返信は

「203点だった人の全貌があきらかにされるのか」 

でした。(センターは900点満点です。ちなみに足切りラインは文Ⅲで707点でした)

長男の部屋は今は長女の部屋になってしまったのですが
長男の机は今もそっくりそのままにしています。

今頃になって「卒業文集(クラスの)」を見ていたら、クラスランキングの中に

「財布スラれそうな人」 1位
「財布忘れそうな人」 1位 

にランクインしていました。(長男が)

まあ、「テレビに出てそうな人」1位とか、「選挙に出てそうな人」 1位 とか、
「教科書に載ってそうな人」 3位とか
そんなのもランクインしてましたが

フツーの、「おもしろい人」とか、「天然キャラな人」とか、「スポーツ得意な人」とか
そういうのに全く入ってない(笑)

存在感あるんだかないんだか・・・・・・

でもそれを見ていた長女は

「わたしだったら、こういうランキングにひとつも入ってないと思う」

というネガティブ発言をしていました。

最近、長女はネガティブ発言が多いので、これから「栗原類」と呼ぼうかな
[PR]
by juntumai | 2013-04-18 20:38 | こどもたち | Comments(0)

ダンササイズ

TRFの「イージー・ドゥ・ダンササイズ」 、どなたかやってませんか?

これ、初めて見たとき、「ジャザみたい!」と思いましたが・・・・・

今年でなんと私もジャザサイズ歴7年

通い続けた年数だけは長いですね~ 
でも実質通った日数は、トータルで3年分くらいにしかならないのでは?(笑)

この1ヶ月間も、まったく行けてませんでした。

結果、お腹はダブダブ
行かないとてきめんにお腹まわりに出ますね~薄着でなくても
お腹の浮き輪が目立ってる~マジ、やばい。

平日は水曜以外は毎日やってくれてて、半年前くらいから土曜の夜も
開講してくれているのですが・・・・・

まず、午前中に何か用事が入ることが多い(平日のレッスンは午前中)
土曜の夜は、やっぱり出るのが億劫で・・・・(それにこの1年、土曜はずっと仕事だったから)

結果、週1か週2くらいでしか行けてないんですよね~

ジャザに行けない日は、このTRFのエクササイズを家でやろうかなあ・・・・・
(でもきっとやらないだろうなあ~家じゃ)

ジャザサイズは全米最新ヒットソングでダンスや筋トレなので、
TRFのダンササイズが楽しめた人は、ぜひジャザサイズへ~(笑)

私も仕事にありつけるまでは、せっせと通って少しでもお腹をひっこめよう
[PR]
by juntumai | 2013-04-15 17:44 | つぶやき | Comments(0)

それぞれの新生活

やっぱり男の子は自分からは「絶対」と言っていいほど電話してこないし

たまにメールが来ると思えば、「あれ 送って」 「これ、送って」オンリー

送ってやると、「届いたよ~ありがとう」のメールもなし。

ほーんと、むかつく

おばあちゃんちにいて、なに不自由なく暮らしてるから、「親のありがたみ」が
わからないんだよねーーー!!!

と、思っていたら・・・・・・

ひとり暮らし派もそう変わらないみたいで

電話したら、めんどくさそうに 「なん?」 だって! と友達も怒っていました。

共通するのは、LINEは返してくるのにメールは返してこない 現象
(私はガラケーなので、LNEするのはもっぱら長女←夫のスマホで)

それでも昨日はこっちから電話して、結構いろいろしゃべりました。

この前の電話では、「軟式野球のサークルに入るかもしれないから、野球道具送って」
だったので、もうとっくにサークルを決めたと思いきや、まだ決めかねている様子
(優柔不断だよね~)

野球チームは色々リサーチしたようで、準硬式はピッチャーが早実出身という「ガチ」系
なので×

軟式チームも色々あって、一番ユルいのが「テニスをしながら野球もする」ってやつで
それは「違うな」と思って×

結果、2番目にガチっぽいところに足を踏み入れているのかな?
(この前の電話ではそう言ってた)


昨日の電話では

高校で同じクラスだった女子が指定校推薦で商学部に行ってるので
会ってみたら、

「化粧してた!髪も染めてた!」

と、若干ショックを受けている様子

ほらね・・・ 女の子の大半が「メガネ女子」のクラスだったけれど
こういう子たちが大学行くと「化ける」んだよねー と、私が言っていた通りになりました。

なんだかんだで楽しく過ごしている様子ですが、自分から色々勉強しないと
全くしないで済むのが私大の文系なんだな・・・・・ということが、少しずつわかってきて
ちょっとだけ、「これでいいのかな?」 と思っている印象がありました。
(「TOFLE 受けようかな」 とボソっと言ったので)

一方、毎日が「中1ギャップ」の長女も、徐々に楽しくなってきた様子。

「今日は服装検査があった。下着の色まで見られた」 とか
「新入生テストは算数がボロボロだった」 とか
「部活動紹介が、へいちゃんの高校のノリだった。
(寸劇あり、紹介ビデオあり と、どの部も趣向を凝らしていたようです)
いつ入るの?今でしょ! ってどの部も言ってた」 とか

自分から色々話してくれます。やっぱり女の子はいいね~(笑)

ここ何日かは、弓道部の練習を見に行ってて、「入りたい!入りたい!」と
言っておりますが・・・・・・練習の大半は、地道な筋トレとかランニングとか
そんなのばっかりよ~それでもいいなら入ったら?と言ってあります。

忘れちゃならないのが次男ですが、彼は着々と「やることをこなす」タイプで
手もかからず、普段とあまり変わりなく、ニコニコと機嫌よく過ごしています。
クラス替えのたびにドキドキしてましたが、彼自身はもう5回目で慣れてきたのでしょう。
(でも気をつけて見てあげないとね)

私は、まだプーです。

どうしよう・・・・無収入になってしまった~

まだ児童クラブや保健所の仕事は細々と続けておりますが
早く定収入を得たいです。
(ひとつ登録したものの、まだ空きがないとこのこと。
もうひとつは、面接まで1ヶ月待ち!)
[PR]
by juntumai | 2013-04-12 08:25 | こどもたち | Comments(6)

中1ギャップ

長女が中学に入学しました。

まさに「中1ギャップ」を地でいく長女

入学式の前々日から熱を出し(たぶん知恵熱。入学式も微熱でした)

本日の初登校後、鼻血が止まらなくなったといって
「病院に連れていってください」と保健室の先生から電話があって(゚д゚lll)

おまけにチック症状も出てるし・・・・・

もういろんなことが不安でたまらないのでしょうね~
やる前からあれこれと思い悩むタイプで

そういう子に向かって、厳しい決まりをあれこれ言わないで欲しい・・・・・

と、願う私でした。(もちろん、先生は全体に言ってるのですが、それを
すべて自分のこととして受け止めすぎなんだよね~長女は)

やっぱり最初が肝心とばかり、先生たち、
「ホントに2、3年生、守ってんの?」 みたいなことを、いろいろ言ってくるし

それを見事に真に受けて、緊張するもんだから余計上手くいかないのよね~
緊張すればするほど上手くいかなくて・・・・・焦ると余計出来なくて・・・・
あーあー・・・・かわいそうに

「そういえば、チャレンジで新入生テスト対策っていうのがあった!」

と、張り切って、「新入生テスト対策」とやらをやってるけれど・・・・・

本人的には、兄と同じ高校に行きたくて
それには中学で30番以内に入ってないと行けないので、頑張るらしい・・・・・

(それを「兄」に言ったら、「あいつ、無理じゃね?」 と言うのだが・・・・・)

とにかく思ったのは、長女が最初の子じゃなくて良かった!ということ。

最初の子が、(ホントのところはともかく)「よゆー(余裕)」が口癖の子だったので
私もだいぶ助かっていたのかも・・・・・・(大学落ちた時も、「大丈夫か~?」と聞くたび
「よゆー」と返していたからなあ・・・・・)

長女が最初の子だったら、長女と一緒になってオロオロして、不安になって
くたびれているところでした。
男の子と違って女の子は、逐一いろんなことを話してくれるのはいいのですが

逆に「知らなきゃ知らないで気楽に過ごせたなあ」 と、思うこともしばしば・・・・・

まだまだあと1ヶ月くらい、いろんなことで気を揉みそうです。
[PR]
by juntumai | 2013-04-09 19:51 | こどもたち | Comments(0)

さすが、島荘

島田荘司「写楽 閉じた国の幻」 の文庫が出ました。
2010年の「このミス」で2位になったときから興味を持っていて
このたび、やっと読めました。

d0220848_12265964.jpg


「超」がつくほど、ハマってしまいました。
思わず4回は読み返してしまったほど。

正直、上巻の後半にかかるくらいまで、読み続けるのがしんどいかもしれませんが・・・・
(それに元々、「写楽の謎」に興味を持ってない人には余計しんどいかも)

島田荘司といえば、これまで「占星術殺人事件」と「暗闇坂の人食いの木」しか
読んでなかったし、正直肌に合わない感覚でしたが・・・・・

これで私もいまさらながら島荘推し。とくに「あとがき」で知る意外な事実
に驚きました。
(いわゆる、「清張後」についてのこと。新本格派の教祖といわれる島荘が
そう考えていたなんて・・・知らなかった)

「写楽とは誰か」 の謎を通して、この時代の一大出版人である
蔦屋重三郎に非常に感銘を受けました。

これも島荘の筆力かもしれませんが、この話は「写楽」よりも「蔦重」の物語だなあと
思ったな~

でも今更知ったけど、あのTUTAYAとは関係なかったというのがちょっとがっくりでしたが
(TUTAYA創業者が蔦屋重三郎の精神に感銘を受けた というのが由来だそうですが、
それはそれで、いいね!と思いましたが・・・・祖先だったらもっとよかったのに)

「このミス」の書評で、「現代編の裏付けを江戸編でやるのは反則」みたいな
意見がありましたが

だってこれは小説だし!
論文じゃないんだし!

それにしてもこの年の「このミスランキング」
1位は悪の教典で、2位が写楽。
(麻耶雄嵩の「隻眼の少女」も4位。文庫化されてて、これもやっと読めました)

とにかくこの年は豊作な年だったのですね~

しかも今日は、新歌舞伎座オープンの日ですが・・・・・

「写楽」も見て、蔦重も見た演目の数々を、21世紀の現在も見られるという
(しかも「千両役者」の子孫たちが「再演」してくれているという・・・・このすごさに
今更ながら気付いた私です)

やっぱり東京に行きたいな!
(入学式、感動した~と母が言ってました。卒業式は行こうかな)
[PR]
by juntumai | 2013-04-02 11:06 | 読んだ本 | Comments(8)