日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

良い子のリスト

も~う い~くつねると~おしょうがつ~

の時期になりましたが、うちはまだクリスマスの飾り付けのままです。

クリスマスといえばサンタさん。

クリスマスのだいぶ前に娘が

「私、プレゼントはサンタさんからもらえればいいや~(うふ♥ 笑)」

と言っていたので、思わずムカっとした私
(こいつ~嫌な女!とマジで思ってしまった)

仕方ない・・・・長男だって高3のクリスマスまでサンタが来てたしな

しかも娘が

「ヘイちゃんが去年、サンタに財布もらってクソ嬉しかったって言ってたー。
東京に行くのに今の財布じゃ嫌だな と思ってたんだって^~」

と言っていたので、余計にイラっとした私(笑)

で、今年もきましたよサンタが。

サンタが来る前の日・・・・・

突然、次男が
「良い子のリスト」 と言い出して

私は、ははぁ、あれだな と思い出したのがこの本

d0220848_1951545.jpg


この本によると、10月にサンタが「いい子のリスト」なるものを作って、今年のクリスマスに
プレゼントを配る子を確定させるんだとか・・・・・・

(この本は絶大ですよ~ 長男もこの本をだいぶ長いこと信じていましたので)

次男がその「良い子のリスト」を言い出したので、私は
「今年は良い子のリストには載ってないんじゃない?だって、あんまりいい子じゃなかったわ~
先生の言うこととか、ママとお約束したこととか、守れてなかったじゃない」

と散々脅したら、本当に心配そうにしていた次男

結果、無事にサンタからのプレゼントがあって
自分も「良い子のリスト」に載っていたのに、心底安心したようでした。

やっぱり次男は、いつまでもピュアなままなのかなあ~と、改めて思ったクリスマスでした。
[PR]
by juntumai | 2013-12-27 19:57 | こどもたち | Comments(0)

ボーナス

先日、職場からボーナスが支給されました。
1ヶ月分にも満たない金額ですが、とても嬉しいです。

(たぶん、時給が低い分、ボーナスで補填されている面も
あるんじゃないかな~ 時給に上乗せすると、残業分が高くついて
会社にとってはそっちのほうがコストかかるから?)

毎回、自分のお給料をもらったその日に、すぐ降ろして
そのまま郵便局に行って、息子に仕送りするパターンで・・・・

つまりそのまま横流し(泣~まあ、ほんのちょっとは残るけど)

自分の口座に入ってるのはほんの一瞬

でも今月はボーナス分もあるから、息子に横流しても
ちょっとは残ってます(笑)

そして、「お金、振り込んだ」とメールすると

普通のメールはスルーされるのに、その時ばかりは

「ありがとうございます」

と速攻で返信がかえってきます(笑)

先日は
「東京は寒いです。
帰省に向けてテンション上がってます」

と、社交辞令的な文章もつけていて、思わず
「ホントに息子が打ったのか?」 と思いましたが・・・・・

(だっていつもは、何か地元ネタ的ニュースを送ると
「へぇ」 だけなんだもの・・・・・それがいきなり
「帰省に向けてテンション上がってる」だから、びっくりで)

帰省って言っても、9月の発売開始時点で年末の早割は
すべて売り切れなので、元旦の飛行機で帰省する予定なのです。

おまけに宮崎から東京に戻る便は6日まで完売(早割が)
だったため、7日に東京に戻ることになり、
「講義も始まってる!」
「テストも近い!」
「そんなに長くいてもすることがない!」

だの、ブーブー言ってたのですが、そのへんはもう
あきらめたのかな

わたしのほうも年末はギリギリまで仕事なので、帰ってこなくて
かえってよかった・・・・でも31日には帰って欲しかったかな。
元旦は忙しいので・・・・・(ほら、いつものアレ。ちょっと憂鬱)
[PR]
by juntumai | 2013-12-14 09:20 | つぶやき | Comments(4)

あおたい

あおたい こと青島太平洋マラソンに初めて参加しました~

・・・・・・・って私ではなく、娘(笑)

しかも3キロ(笑)

同じ部活の女子3人組で参加。部活で毎日たくさん走ってるので
「こんなに走ってるなら、いっそあおたいに出ようや」ということに
なったらしい

ところがいざ募ってみたら、集まったのはたったの3人

まあ、そんなもんだよね~

3キロはフルのように沿道を走るのではなく、サンマリンスタジアムの
外周を走るだけ。

しかもスタートしてから、一番早い子で9分でゴールしてしまうという・・・・

うちの娘たちすら、14分でゴール。

ただただ待ち時間が長くて、一瞬で終わってしまった感じでした。
せめて5キロあればいいのにね(笑)

フルの参加の人だけで9千人だったかな・・・・・
みんなとても楽しそう

着ぐるみ参加の人は、記念参加と思いきや、割と早い時点で
折り返してて・・・・・
ああいう人は、着ぐるみで走るのに慣れてるんだろうか

当日はどんどん暑くなってきたので、着ぐるみの人たちは
キツかったと思います。

色々楽しそうな様子を見ていると、やっぱりこういうのは
参加してナンボだなあ・・・・と思うけれど

とても走る気がしないです、私は。
一時期、やってみたいなーと思ったけれど、機を逃してしまいました。

でも年配の人ほど、ランナーの体つきをしていて、プロっぽい
感じがするので、

私ももう一度「機」が来るかも~??
老後、いや50代の楽しみにとっておきたいかなあ・・・・・

地元で大きな大会が2つもあるんだから、やってみたいなーと
いう気はすこーしはあるんですけどね。
[PR]
by juntumai | 2013-12-09 17:40 | こどもたち | Comments(2)

オリンピックの身代金(ドラマ)

先週の土曜日、本屋に行ったら「オリンピックの身代金」のカバーに
テレ朝系でドラマ化とあり・・・・・
よくよく見たら、その日の夜放送でした。

宮崎では地上波で見れないので、全然知らなかった!
慌てて、ケーブルで録画予約。
でも我慢できずにリアルタイムで見てしまった(笑)

見る前は、「島崎が松ケンか~」 とちょっとイメージと
合わないかなあ・・・・・と危惧していたのですが

これが、まさに原作から抜け出たような「島崎国男」でした

平清盛からスッキリ痩せて、ストイックで知的かつ素朴な
「悲しき孤高のテロリスト」を見事に表現していたと思います。

原作を何回か読んだ私としては、「ありがとう松ケン」と言いたいくらい

ドラマの構成上、刑事の竹野内豊を主人公としていますが
(そのほうがナレーションも兼ねて、見ている側に伝わりやすかった
のは確か)

やっぱりあのお話は、島崎国男がなぜオリンピック妨害テロを
おこすまでに至ったか・・・・・の過程がキモなので、そのあたりの
描き方としては、少しだけ物足りない気もしました。
(過酷な肉体労働のシーンが少なかった気がしたし、
ヒロポン中毒になっていくことも描かれてなかったので)

先ほど、「悲しき孤高のテロリスト」と書きましたが、「悲しき」の部分が
あまり表現されてなかったかなあ・・・・・と、原作ファンとしては思います。

それと村田役、笹野高史は好演してましたが、ちょっと違う気がしたかな

ホントはあの人にやってもらいたかった
顔は思い出せるんだけど・・・・・名前が出てこない(笑)
笹野さんだと、人がいい感じがする・・・・・もうちょっと小ワル&小ズル的
な感じがするともっとよかったなと

ドラマでは村田が死ぬのがちょっと嫌だったし、原作どおりに
村田が「死なせねぇでけろ 死なせねぇでけろ」 と泣き叫ぶシーンの
ほうが、悲しさ倍増でよかったんでは・・・・・
(その役回りは竹野内豊 にしていましたが・・・・・・ちょっとカッコ良すぎで
違和感あったな)

何よりもメイサが気の毒だった・・・・・全然キレイに見えなくて!

あの当時のファッションは全く似合わなかったので、ここは原作どおりに
「お嬢さん育ちで学生運動家のアイドル」として、もうちょっと
「革命家」らしき格好をさせたほうがよかったんでは?

なにも竹野内豊の妹に無理矢理設定する必要はなかったと
思いましたが・・・・・

と、まあ、細かいツッコミどころはあったにしろ
松ケンがよかったので、結果オーライでした。
(平清盛が、イカンかったんじゃないかなー
大河で成功してるのって、今のところ福山君くらいだもんなあ・・・・)

とにかく原作はあまり救いようがないのですが、7年後の東京オリンピック
に向けて、ぜひぜひ読んで欲しいと、地方で暮らしている私としては思います。

*******

最近なぜか、横溝正史にまたハマってしまい、おととい「犬神家の一族」
を無料配信していたので、飛ばし飛ばし見てました。

2006年の石坂浩二のリメイク版です。

これまた配役陣がまさにぴったりで・・・・・松嶋菜々子の珠世もいいけど
何よりも松子役の富司純子が、まさに原作から抜け出たよう
竹子&梅子の松坂慶子&萬田久子もよかった!

というか、これ、見たことあったんですが(記憶にあります)
稲垣版と混同してました。

(犬神家は「スケキヨのお面」がインパクトありすぎて、ほかが
どうもごっちゃになりますね~)

先週、「悪魔が来りて笛を吹く」を読んだのですが、これは
八墓村がマシに思えるほど「エログロ」っぽい気がするので
何回か映像化されてはいるものの、家族で見るには難しいですね。
(でも鰐淵晴子版が見てみたい・・・・・)
[PR]
by juntumai | 2013-12-06 08:44 | 読んだ本 | Comments(0)