日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ぼくが一番望むこと

今月は、小4、小5、中1、中2 と4回読み聞かせが入りました。

どの日も仕事があったので、小学校では記録も書かずにバタバタと
教室から会社へ(読み聞かせのあとは図書室に戻って、記録を
書く事になっています。私は後日、記録を学校に届けることで
オッケーもらってます)

中学校は開始時間も早く、記録を書いてから会社に直行できるので
いいのですが、その代わりいつもより早い時間で、
家のことをバタバタとして出て行くので
教室にたどり着くのがやっと・・・・みたいな状態でした。

それでもなんとか仕事と両立して、来年度も続けていきたいなーと
思っています。

4回とも、「馬の首」を語りました。小学生はとてもよかったけれど
中学生ではどーかなー と思いつつ語りましたが・・・・・

中1では、娘が馬の耳に入るシーンで笑いが起こりましたが
2回目の「おかみさんの娘が馬の耳に入るシーン」では、笑う子は誰もいなくなり
女の子がいっせいに「さっきと違う」というばかりに顔を見合わせていました。

中2では、これといった反応はなし。

でも口をあんぐりと開けて聴いてる男の子や、さっきまではクスクス笑っていた
女の子たちが、一斉に押し黙って聞いていたので

まあ、聞いてはくれていたのでしょう(と、思いたい)

たぶん、語りを初めて聞く子も多かったと思うし
(うちの子たちの小学校出身の子は聞きなれてはいるものの
中学生になってからは聞いてなかったので)

昔話特有の、「ありえない~」シチュエーションが受け付けない子も
いたかもしれないし・・・・・

とにかく、絵本ではプチ騒がしかった子たちが、シーンとしてしまったので
わたし的には、「どうだったのかなあ・・・・」と不安でございました。

そんな雰囲気を引きずったまま、オーラスはどうしても中2の今の時期に
読みたかったこれ↓ を

「ぼくが一番望むこと」

d0220848_19364676.jpg


黒人の子が、「ぼくは字を覚えたい。文字が読めるようになりたい」
と思い、厳しく困難な現実を乗り越えて(自分の意思で動いて)
実現していく物語

この本は、「勉強できる環境にあるのは、幸せなことなんだよ」と
いう主旨に誤解されがちですが・・・・・

「困難な状況の中でも、自分の思いを貫くこと。自分が強く願ったことは
必ずかなえられること」

それを念頭に置いて読むようにしました。

中1でもなく、中3でもなく、中2のそれも今の時期
(もうすぐ中3というこの時期)
にぜひ読みたかった のです。

だって、いよいよ自分の進路を現実に考えなきゃならない時期が
もう目の前に来てるから ですね・・・・・・

そういうことは度外視しても、この本の文章が好き。
読みやすく、ダイレクトなメッセージが伝わってくる
まさに「直球型」の本だと思います。

ひねくれ系が好きな私も、この直球には参ったかなあ・・・・
[PR]
by juntumai | 2014-02-27 19:44 | 図書ボラ

今年もなかよし発表会の季節がやってきた

先日、市内の小中学校特別支援級の発表会がありました。

今年は果敢にも(笑)、音楽劇にチャレンジするということで
去年それを聞いたときは、「先生、チャレンジャーやな」と
他人事のように思っていたのですが・・・・・

なんと、次男が主役に立候補

うちの家族たちは全員、実は「隠れエンターテイナー」の
血が流れているので、「大役」ついてもそんなに心配はしてませんでした。
たぶん、堂々と演ってくれるんだろうなと。

やっぱり次男も「隠れエンターテイナー」だった(笑)

実に堂々と演じておりました。
ばんざーい!\(^o^)/

セリフの量も当然のことながら、とても多いのですが
覚えるのは得意なので、人のセリフまで覚えていたことでしょう
家では全く練習しなかったのでわかりませんが・・・・

今年度は色々辛いことも重なり、次男もだいぶ自信をなくしていた1年
だったのですが

堂々と立派にやり遂げることが出来て、本当によかったと思いました。
相変わらず普段は口数も少なく、自分が気が向いたときしかおしゃべり
しませんが、舞台ではキラキラと輝いていましたよ~

発表会の数日前、また色々ありまして・・・・

ついに私は校長室に乗り込み、校長先生とサシで30分くらい
お話しました。

・・・・・なんて書くと、モンスターなんちゃらみたいですが
実際は、役員の文書印刷がてら、校長室をチラっとのぞいたら
校長先生がいらしたので
「せんせい、今、お時間ありますか?」と声をかけたら
「どうぞどうぞ~」 みたいな感じだったので、そのままあがりこんで
おしゃべりしました・・・・・・的な感じです。

今年度は支援級の先生を通じて、校長先生も次男の周りで
起こった出来事をご存知だったので、私も話しやすかったこともあり

それでも、校長先生に話したところでどうにかなるものでもないのですが、
「話した」という既成事実が出来て、良かったんじゃないかと思います。

私は校長先生の考えも知って安心したので、引き続き今までどおりに
支援級と交流級の先生にお任せして、次男を見守ろうと思いました。

(校長先生は、役員の集まりで見る私と、次男とが一瞬結びつかなかった
ようで・・・・・最初、「Rのことでお世話かけてます」と言ったら、
「ああ、(あなた)R君のお母さんなのですね!」と言っていたのが、
ちょっと笑えました)

そんなこともあってか、発表会を見に来た校長先生が
「R君、とても上手でしたね!!」と声をかけてくれました。
支援級の他の子は「こうちょうせんせーい!」と我先に話しかけるのですが
うちの次男は全く話しかけようとしないので、あのおとなしいR君が!
と思ったんじゃないかな、きっと(笑)

長男の数々のレジェンド(別名、悪目立ち)
長女の「いうことを聞かないネズミ」役と、何かの劇のやまんば役

・・・に引き続き、「舞台の上とマイクの前では人が変わる」我が家の
DNAが、次男にもしっかり組み込まれているのを毎年、この発表会で
感じることが出来るのでした。

来年で最後か~
つまんないなあ・・・・・
[PR]
by juntumai | 2014-02-21 09:41 | 次男のこと

キャンプ、暑かった

宮崎は春を通り越して、ついに25度、夏日となりましたが
他のところもそうなんでしょうか・・・・・

ということで、本日、ジャイアンツキャンプに行ってきましたが
とーーーーっても暑かった!

もちろん上着なし!
タートルのヒートテック着て大失敗!
強烈な日差しに汗ダラダラ・・・・・

しかも松井氏を見れなかった・・・・・

1軍のサンマリンから移動して、2軍のひむか球場に行ったものの
時すでに遅し・・・・松井さんはどこへやら。

でもやっぱり、ひむか球場はいいですね
選手が間近で見れて、臨場感あり
2軍、とくに背番号が3桁の育成選手は、ひとつひとつのプレーに
真剣だし、見ていて気持ちいいです。

それにしても昔はよかったな・・・・
サンマリンがなかった頃は、一箇所に集中して、スター選手が
本当に間近で見れたし・・・・・

今年は「松井効果」で巨人キャンプも人出が多いけれど
ここ何年かはソフトバンクのほうが多かった

スター選手不在が大きかったと思いますが、サンマリンが
よかったようで実際は悪かったんじゃないだろうか

選手が散らばりすぎて、投手陣を見るのも大変だし

その点、アイビーだと狭い範囲に集中してるから
いろんな選手が見やすいですよね。
福岡から来やすいというのが大きいと思いますが、
あのくらいの狭さのほうが、ファン的にいいのだと思います。

広島ファンだったら、どんなにいいだろうなー
天福球場、サインもらい放題だっていうし

ついでにサッカーファンだったら、ますますいいだろうなあ
・・・・・・・と、ひむかの隣の陸上競技場で鹿島アントラーズが
ひっそりと(?)練習しているのを見て思いました。

というわけで、今の季節が宮崎は1年中で一番にぎわっています。
[PR]
by juntumai | 2014-02-02 20:30 | おでかけ