日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

先生方の感想

今年度は娘が入学したおかげで、中学校の読み聞かせに「復帰」できました。

子供たちが在籍する限り(そして中学校から要請がある限り)、続けていこうと
思っています。

中学生へ向けての読み聞かせは、昔ほどハードル高くは感じなくて

それはきっと、ここ数年の中学生の変化と同時に、私の親としての見方、感じ方の
変化も影響しているのでしょう

1年間のまとめとして、これまでの読み聞かせの記録が送られてきました。
(今年の図書の担当の先生が送ってくれました)

男の先生は、通り一遍の感想しか書いてないのですが
(それは小学校も同じ。感想を書く男の先生のほうが珍しいくらい)

女の先生は、良くも悪くも誠実に書いてくれます。
(過去には手厳しい意見も書かれたことがあります。それを読んだベテランさんが
「あなた、さぞかしやりにくかったでしょうね」と同情してくれましたが・・・・笑)

ひとりの先生は、素語りを初めて聞いたようで
「とても貴重だった。生徒たちが場面を想像しながら聞いているようだった。
今までとは違った読み聞かせで新鮮だった」

と、書いてくれてました。

わたしごときの未熟な語りで、本当はこんなもんじゃないのよ!他の人がやったら
もっとすごいのよ! と地団駄踏む思いでしたが・・・・・・

(わけあって、「他の人」をよべない経緯がありまして・・・・・そこのところも
もどかしい一因なのですが)

とにかく、勝手に「使命感」みたいなものを感じています。

でもそういう使命感があると、おはなしを続けよう という強いモチベーションを
持つことが出来るので、ありがたい機会だと思っています。

本当は「小さい子向けのおはなし」のレパートリーを増やしたいのですけれど・・・・
(公立図書館でのおはなし会でいつもネタがなくて困ってしまうので)
[PR]
by juntumai | 2014-03-17 19:43 | 図書ボラ | Comments(0)

ラチとらいおん

今年度、最後の読み聞かせは次男の支援クラスでした。

メインの本は、「ラチとらいおん」

d0220848_13175261.jpg


この本は小さいので、大勢の読み聞かせには向きません。

でも支援クラスのような少人数のクラスでは読めます。

前からずーっと読みたかったの!
やっと読めた!

そしてやっぱりよかった・・・・・

次男の支援クラスは全員男の子なんだけど、本当にピッタリだった。
(たぶん)ラチに感情移入してくれたんじゃないかな と思います。

期せずして今の時期にピッタリでした。
このはなしは、「自立」のおはなしだもの・・・・・

昔は、最後のらいおんの手紙で泣けたけれど

今は、らいおんの手紙を読むと、「よかったね」って思えるようになりました。

やっぱり母親である私も、子どもの成長とともに変化してくるのですね・・・・

初めて読んだのは、長男が幼稚園だった頃。
あの時長男がらいおんの手紙で涙して、それを見て私も泣いて・・・・

でもそんな長男も私の元から旅立っていったし~

それを経験したので、らいおんの手紙が「よかったね」と思えるようになったのかな

今年もまた、旅立ちの季節になりました~

去年の卒業式に、息子のクラスの先生が言ったっけ

「これから宮崎を離れて、国内でも海外でも活躍していく人が多いと思いますが、
宮崎のことを忘れないでください。
こういう仕事をしてると、毎年、こうやって宮崎から人材が流出してしまうんだな
とついつい思ってしまうけれど・・・・・
皆さんがここまで育ったのは、親御さんを始め、たくさんの宮崎の人の
助けがあったから。
だから、遠く離れていても、宮崎のことをちょっとでもいいから
意識して生活して欲しいと思います。」

あんまりこういうことを言うキャラの先生じゃなかったから(笑)
余計、胸にしみた

でも多いですよ、ヒトカドの名声を得てから、宮崎に還元してくれる人が・・・・
(有名シェフ系に多いような気がしますが)

ついつい脱線しましたが、やっぱり「ラチとらいおん」はいいな と思ったことでした。
できるなら、毎年この時期に読みたいな。
[PR]
by juntumai | 2014-03-10 13:32 | 図書ボラ | Comments(0)

長男長女のこと

1年って早いですよね

去年の今頃は、大学落ちて、浪人するだなんだとすったもんだのあげく
結局、急転直下で早稲田の入学を決意。
決意してから5日で家を出て行った息子・・・・・・・
(その節は、ネットの皆様にもご心配おかけしました)

この1年は、相当楽しかったんじゃなかろうか?
本人からは全く連絡ないけれど・・・・・

今はネットでなんでもわかる時代なので

ツイッターやら、サークルのブログで、彼の生活を少しだけ
垣間見ることができるのでした(笑)

(弁解させてもらうと、私が探し出したのではなく、すべて夫や
娘が見つけたんですけどね・・・・・・まあ、見つけちゃったら
定期的に見ちゃうわな、どうしても)

予想していたとおり、大学には彼と同じく変わった人種が
たくさんいて、よかったね~と思っていますが・・・・

その「変わった人種」が集まってる中でも、なぜか異彩視されてる
息子

どこに行っても「異彩をはなつ」能力があるんだね・・・・・

どうか、そんな彼の面倒を見てくれる会社がありますように(祈)

話は代わり、この前娘が、念願のAKBの握手会に行ってきました。

・・・・・といっても、「鈴懸なんちゃら」のCDを買うと付いてくる
TUTAYA主催の握手券に応募して、当たったんです。
だから「全国握手会」とかのような正式な?握手会ではないのですが・・・・

とにかく娘は狂喜乱舞の大喜び

宮崎にAKBが来るのは初めてだよ~HKTならこの前来たけれど

しかも娘オシの、な~ちゃんこと岡田奈々とか、こじまこ とか
(メジャーメンバーはゆきりん)

「迎えに来て」コールで号泣してるので、てっきり何かトラブルが
あって握手出来なかったと思った・・・・・
あんなに号泣してたのは、ヘルメットを西門のところではずして
部停になって以来だわ

ゆきりんを見た瞬間に号泣していた娘に、

「泣かないで~泣かないで~」 とよしよししてくれたゆきりん

前後のおじさん、おにいさん(もちろん初対面)と待ち時間にとても
仲良くなり、
「この子、○○ちゃんって言うんですよ」 とゆきりんに言ってくれた
おじさん

なのでゆきりんが、「○○ちゃん、泣かないで~」 と名前を呼んでくれたので
さらに号泣した娘

みなるん が綺麗すぎて、「やっぱり芸能人ってすごいんだ」と思ったこと
(「あ、柏木さんに泣かされたんだね」と言われたそう)

こじまこ の背が高かったこと

な~ちゃんが、「なんで泣いてるの~?」と聞いてくれたこと

すべて一人につき5秒でハガされるのですが、結構話す時間もあったというのに
結局号泣しっぱなしの娘

・・・・・・そんなことを大興奮で、泣きながら語る娘

終わったあとは、めんどくさいことになるんだろうなあ・・・と思っていたら
やっぱりめんどくさかった(笑)

でもよかったね~念願がかなって!

あとは小嶋さん(こじはる)に会えば本望だね

それにしてもAKBは大変だね~ 重労働だよね。

TUTAYAに集まった人達も、「宮崎でもこんなに!」っていうくらい多かった
もちろん東京から来た人達もいたみたいですが・・・・

ちなみに前後のおじさん、おにいさんは、もし娘がオーデション受ければ
オシてくれるそうです(笑)
とにもかくにも、娘がお世話になりました~ありがとうございました。
[PR]
by juntumai | 2014-03-08 18:06 | こどもたち | Comments(1)