日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

PTA

今年度は、長かった子供たちの小学校も最後ということで、
私自身、大きな役を引き受けてしまいました。

去年もおととしも大きな役には変わりなかったのですが
おととしはサブ的な立場(副)だったので、まだ気楽でした。

そして去年はメインな立場だったのですが、役員の数が
少ない部でのトップだったので、まだやりやすかった・・・・

でも今年は、規模が大きい中でのトップなので
(130人いる中のトップ)、思っていた以上に気苦労が・・・・

もうすでにくじけそうです。

こういうのをやってみると、自分の器の小ささを実感します。

なんか、ずっと首が痛いけれど、これもストレスだろうか?

仕事が終わって5時くらいから、毎日学校に行ってます。
よく話に出るのは、みんな働いてるから、こういうPTA体制自体
もう無理があるのかなあ・・・・と。

宮崎の小中学校は、どの学校もたいてい「一世帯一役」で、毎年ずっと
全員が何らかの役員をしなければならないのですが、これはいい面も
あり悪い面もあって・・・・・

人が集まれば、その人たちを仕切る立場の人が必要になり、
そのまとめる立場にとっては、「少ないほうがやりやすいのにな」というのが本音。

どの集団もそうですが、「少ないけれど、心ある人」に集まってもらったほうが
ずっと上手くいくんですよね。

昔、新聞で「PTAは必要か?」という特集があり、ある学校ではPTA組織を
廃止して、お手伝い制にしたとのこと

でもこれはこれで、「誰が仕切るか」という問題があり、結局実態は同じこと
になりそうな気がしますが・・・・そのあたりはどう運営されていたのかしら

ともかく、長かった小学校生活もラスト1年!
最後のお勤めなので、若干気楽です。
(「もう最後だし~」みたいな)

この先、中学・高校とありますが、高校はどこになるかわからないし
(私立だったら役員とかしなくても良さそうだし)
中学は3学年しかいないし、みんな小学校で経験済みだから
話も通りやすいので、まだラクかなあ~と思います。

でもでも、今年の中学の役員はラクさせてもらいたい!です。
(中学の役員決めは明日なんです・・・・嫌だなあ~)
[PR]
by juntumai | 2014-04-26 07:38 | つぶやき | Comments(10)

飛んでいった~

新年度、次から次へとお金がごっそりかかります。

まずは、まさかの夫の入院費11万円(ちょっと色々ありまして・・・
もう元気に復活しておりますが、まあ各方面にご迷惑かけました)

車2台分の車検がいっぺんに来た!

娘の修学旅行代金58000円払え というご案内
(飛行機使うからこれくらいかかるのは仕方ないのですが・・・・
でもこれは9月末が締切)

そして大学から、学費引き落とし予告のご案内
前期分55万円なり

・・・・・・なんかもう、麻痺してるな

貯金しても、しても、し足りないってこと

今からあと最低10年は、自分自身、定期的に収入が入ってくる環境を
確保しておかなければならないですね

1年でも長く、働けますように・・・・・

それが今の私の最大の願いです。
[PR]
by juntumai | 2014-04-24 16:02 | つぶやき | Comments(2)

警官の条件

(若干のネタバレあり)

d0220848_8481397.jpg
(この画像は単行本バージョン)

私が定期的に読んでる中のひとつに、佐々木譲さんの本があります。
好きなのは北海道警シリーズで、それに関連して「制服捜査」とか
「廃墟に乞う」なども定期的に読みます。

その北海道警シリーズとは別に、何年か前にテレビドラマでも
放送された「警官の血」 も2年に1回は読み返しています。

「警官の血」で登場した加賀谷仁が再登場する「警官の条件」が
やっと文庫化されたので、早速買って読みました。
(もしかしてずっと前から文庫化されていたかもしれませんが
気がついたのが最近なので)

「警官の血」で加賀谷刑事が登場するのは、最後の方なのですが
あまりのインパクトで、正直、その前から続いていた祖父・父の
2代の物語が霞んでしまったなあ・・・・という印象がありました。

ドラマでは佐藤浩市さんが演じていたそうなので(宮崎では地上波で
放送されてなかったので不覚にも見なかったのですが)
ぴったりだなあ・・・・と思いながら

それ以降は何度か読み返すごとに、完全に「加賀谷イコール佐藤浩市」
のイメージが出来上がってしまいました。

当然「警官の条件」も佐藤浩市が、伊藤英明が、私の中で勝手に動き出し
(正直言うと、伊藤英明の「和也」はなんか違うような気がするのですが)
もう修復不可能。
でも私は長いこと、佐藤浩市ファンなので許そう と勝手に思いつつ
読みすすめていき・・・・・

ラスト2ページ、号泣だったわ~~

そうか、加賀谷にとって和也は「息子」だったんだなと。

「世話かけやがって」 

カッコ良すぎ!!泣けた~~~

そしてやっぱりラストシーンは警笛(ホイッスル)

もうカッコいいぞ!泣けたぞ!

まさか、佐々木譲でこんなに泣けるとは思わなかった・・・・
[PR]
by juntumai | 2014-04-19 08:47 | 読んだ本 | Comments(0)

母ちゃん宅配便

今月、息子に仕送りしたところ、残高がわずか7千円。

数日前に、「元気?」とメールしたら

「新歓期で金やばい」 と返信が・・・・・・

自分も去年、散々おごってもらった立場から一転、おごる立場になって
大変らしい(そのために、1年生のうちから貯金していたこともあったようです)

残高見たら、本当にヤバかったんだな と思いつつ、教科書代は
どうしてるんだろう?と思ったら、2万一気におろしてるので
どうやら仕送りから捻出したようす

仕送り日にいつもの額を送ったところ

「結構厳しかったん。食料ほすぃ~」 とメールが

これまでは、米とか餅とか、インスタントの豚汁とか
サバ缶とか・・・・・常温系のしか送ったことがないのですが

今回は「肉がほすい~ あと調味料とか」 とメールで言ってくるので

調味料は自分で買え と返信し
冷蔵系を送ることにしました。

食料送るときは、いつも生協のお店に行きます。
積立がだいぶ貯まってるので、商品買うとそこから取り崩せるし
宅配料金が安いのです。

生協だと、安心!というイメージもあるし、美味しそうで簡単に
出来るものがたくさんあるので・・・・

冷凍ちゃんぽん(野菜つき)とか、調味料漬けのお肉とか
吉野家の牛丼を凍らせたものとか、鶏ごぼうピラフとか(←これ、おいしい)

温めるだけで簡単なものを買い込み、クール便で送りました。

そうそう、なぜか「地鶏ほしい」 とリクエストあったので
鶏炭火焼の真空パックも買いました。
(やっぱり長く食べてないと、食べたくなるもんなのか?)

たぶん、今日届くと思います。
感想が楽しみです。
(感想っていっても「あざーす」だけだと思うけど)
[PR]
by juntumai | 2014-04-14 08:57 | こどもたち | Comments(6)

花子と杏(←これも狙ったな、きっと)

このたび始まった朝ドラ「花子とアン」は、「赤毛のアン」のオマージュが
各所に散りばめられて、私世代で「村岡花子の赤毛のアン」にハマった
人にとっては、割と楽しめるようになっていると思いますが、どうでしょうか?

朝市、石版事件(この名前は完全に「アサイチ」狙ったよね)

朝市のお母さんが、リンという名前

奉公先が「女はいらない、男の子が欲しかった」と言うエピ

この先でてくる仲間ゆきえは、ダイアナなのかなー
(でも吉高ちゃんと仲が悪いという噂が立ってるけど)

こういうのって、わかる人にはわかるけれど、村岡訳・赤毛のアンを
知らない人にとっては、全部スルーしちゃうことですよね。

脚本が中園ミホさんなので、朝ドラ向きとは言えないタイプだと思いますが
割と期待しています。

全然期待してなかった「ごちそうさん」も、なんだかんだで全部見た。

「あまちゃん」の前の「純と愛」も途中から全部見た(笑)

なので朝ドラに関しては、ハードル低くなってますが
(「梅ちゃん先生」は見なかった。ああいうのはダメなんです)

私の思春期は「アン・シリーズ」で支えられた・・・・といっても過言はないので
吉高さんはあまり好きではないけれど、たぶん全部見ると思います。
(冒頭の空襲のシーンは、あんまり良くなかったのでちょっとばかり
悪い予感はありますが・・・・・あれだったら、めい子の「地下鉄開けろ~」の
絶叫シーンのほうが断然いいな)

それにしても「ごちそうさん」。
杏ちゃんがあんなに器用な人だったなんて知らなかった。
最初は下手だった関西弁がどんどん上手くなってることに
驚きました。
最初が下手ってところがまたミソなんだけど・・・・東京から嫁に来たという
設定なので、下手からだんだん自然な方言に・・・・というのがリアルだった
と思います。

たぶん、花子とめい子は同じ時代を生きた世代だと思うので、
花子の極貧の子供時代と、めい子の豊かな食生活に彩られた子供時代との
対比がまた面白いというか、作り手が狙ってるとこなんじゃないかなーと思います。

そんなことを思いながら、今日も出勤前にメイクしながら、ドライヤーかけながら
朝ドラを見る私でした。
[PR]
by juntumai | 2014-04-04 19:49 | つぶやき | Comments(2)