日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

花子とアン終わる

「花子とアン」終わりましたね~

最終回の村岡花子(吉高ちゃん)のスピーチは、往年のアン・ブックスファン
である私としては、じーんとくるものがありました。

まさに私は、アンに助けられた中高生時代といっても過言じゃなかったなあ~
元々ネガティブな性格で、中高生の頃はそれがマックスだったので
アン的な考え方には衝撃を受けたし、「ああ、こんなふうに考えれば
いいんだろうね~」と思いながらも、なかなかアンのようには前向きに
なれなくて、グズグズ悩む面倒くさい子でしたが・・・・・

今、娘が中学生のモヤモヤ真っ最中なのですが、彼女にも言いたい
「何か自分の拠り所となる本を読め」と。

うちの3人の子たち、長男は私に似て活字中毒気味で
いまだに本を読み倒している「文学青年」(笑)なのですが
あとの2人はその点はダメやった~

長女もその気になればガンガン読むタイプだとは思うのですが
いかんせん本を読まないタイプ。

今の子だって、読む子は読みます。
でも読まない子は多分一生読まないかな(うちのダンナがそうだもんな。
1年に1回の人間ドックとか、半年に1回の検診の待ち時間くらいしか
本を読まない。)

ダンナも長女も、その気になれば読む力は持っていて、
本を楽しむ能力もあるけれど、まず「本を読む」という習慣がない

でもなぜか、本を読まないタイプのほうが世の中上手く渡っている人
が多いような気がします。
本を読む人っていうのは、私もそうだし息子もそうだけど理屈っぽい
んだよね~たぶん理屈で満足しちゃうんだよね、きっと。

正直、アンの物語は昭和の終わりまではまだ受け入れられていたと
思うのですが、平成に入ってからはほとんど読まれてないのでは?

やっぱり今の時代じゃ、村岡先生の訳はあまりに文語調で時代がかっていて
今の子にはほとんど通じないのでは・・・・・・「歓喜の白路」なんて、それこそ
今の子の「想像の余地」を超える言葉だろうしなあ~

この前、ようやく花アンの原作「アンのゆりかご」を読みましたが・・・・
村岡先生は、ついにカナダを訪れることはなかったそうです。
(そのチャンスは何度かあったようですが)

たぶんそれは、自分が訳したものと、実際のプリンスエドワード島の
印象と違うものだったら・・・・・と、ちょっと怖くなったのかも?

これほど広く日本人に受け入れられた翻訳物は、村岡花子訳
「赤毛のアン」 と、大久保康雄訳「風と共に去りぬ」と、松岡佑子訳
「ハリーポッター」 の3作でしょうか

(うち村岡訳と松岡訳の批判は色々と出ていますが、最初に
翻訳した人がやっぱり偉いと私は思います。言葉は悪いが
「やったもん勝ち」かなあ~と)
[PR]
by juntumai | 2014-09-27 20:36 | 読んだ本 | Comments(9)

読んでみたかった本

相変わらずスランプとモチベーションの低さに悩んでいる読み聞かせ活動ですが
9月は小学校が2回、図書館が1回、中学が1回と計4回も入っていて・・・・・・

さすがにキツイので中学は他の人に交代してもらいました。

このスランプの中でも、読んで気持ちよかった本を2冊紹介します。

1冊目は支援級で読んだ「ナガナガくん」

d0220848_1957382.png


これは6年前にメンバーさんが読んでいて知った本ですが、いいと思いつつ
これまで読まなかった本です。

こういうのを支援級で読んでみたい と何故か思ってしまうんですよね。
支援級は人数少ないから というのが大前提にあって、
主人公がありえないくらい胴体のながい犬 という面白さに加えて
ハートフルな展開が、「きっとあの子たちは喜んでくれるだろうな」 と思うこと

結果、予想どおり食いついてくれました。

他の本はワイワイやり取りしながら聞いていたけれど、この本は
「シーン」という音が聞こえるくらいシーンと聞いていた(笑)

ただ失敗だったのは、もう少し寒くなってから読めばよかった
季節感間違えるという、痛恨のミスをやらかしてしまいました。

もう1冊は、これも今まで読みたくても読めなかった本
「つきよのかいじゅう」

d0220848_2054570.png


これは6年生に読みました。先週十五夜だったので、何か「月」の本を入れたかった。
で、入れるなら「うそつきのつき」か、この「つきよのかいじゅう」かな~と思ったこと・・・・・

今の6年生って先生がいうほどいい子でもないし、素直でもない というのが私の実感で
ちょっとヒネった本のほうがピンとくるみたいなところがあり

これまでこの本を読まなかったのは、オチで盛り上がらなかったら悲しいな~と
ためらっていたから。

でもそんなこと気にするのはつまらないこと
反応なんて気にせずに読もうと思ってやってみたら、まあまあのプチ盛り上がりでした。
(見た目怖そうな先生が笑ってて、意外だったな~)

十五夜といえば・・・・

宮崎市の周辺は、十五夜の晩に子供たちが地域を廻って
お菓子をもらう風習があるそうで・・・・・

「いもくんね~(芋、ください)」 と言いながら各家を廻り
お菓子をもらう

でも本当に芋をやったら、「芋だってよ」と子供達でヒソヒソと
陰口を叩くらしく、そこは各家庭お菓子を小袋に入れて用意
してるとのこと

(ってまるでハロウィンだよ)

市街地中心のあたりはそういう風習は途絶えたとみえ
私自身こういう話も聞いたのは初めてですが、市の周辺部は
いまだに盛んにやってるとのことでした。
(まさに「芋くんね~ドーナツ化現象」)
[PR]
by juntumai | 2014-09-18 20:23 | 図書ボラ | Comments(0)

息子、免許を取る

長男が帰省がてら、8月の後半からの「合宿免許」に行って、
「2週間で取れる」という宣伝通り、本当に2週間で免許が取れました。

某市(宮崎市ではない)の自動車学校、
そこが経営するホテルに2週間泊まり込んで3食付きで28万円

これが最高値時期です。8月いっぱいと、9月の第1週まではこの料金かな。
(AT限定。マニュアル車だと若干プラスされます)

東京で運転することはまずないと思うけれど、取っておけば何かと役立つ
こともあるだろうし、身分証明にもなるし・・・・・

去年は、「免許なんかいらない。運転する自信がないから」 と言っていた長男
でしたが、今年は周囲に自動車学校に通ってる子も多いようで、
「取るなら最短で取りたい」 と自分から言い出しました。

この1年間で周囲の影響は色々受けているようで、最大の関心事は
やはり就活・・・・・

黒のスーツを買わないと だの
コンタクトにしないと だの

そういうことも必要だけど、これまで生きてきた人間性というのが
見られるんだからね・・・・と、ついつい説教モードに

正直、彼の就職に関しては、次男の中学進学以上に不安です。
私自身、色々な覚悟がいるだろうな と今から予感しています。
(ホント、このまま時が止まればいいのにね・・・・というのが本音)

たぶん、運転なんかほとんど向かない性格なので、2週間オーバー
してしまうのかな・・・・と思い、帰りの飛行機は取らないでいたら
仮免も予定通りすんなり受かって、じゃあ帰りの飛行機を取ろうか
・・・・という段になり

取ったらすぐ東京に帰りたい息子と、3連休が終わったら飛行機も
安く買えるからそうしなさい という私とで対立。

結局いつもどおり私が折れて(最終的にはいつも私が折れる)
13日のチケットを予約しました。

14日は娘の体育大会だし、長男がいたらいたでまた色々面倒なので
ちょうどよかったかな・・・・16日に帰るより3000円高いけれど

10日に自動車学校を卒業し、11日に免許センターで本免。
合格して免許証をもらい、12日だけはゆっくりして13日の朝に帰りました。

自動車学校に行く前は、4日くらい家にいたかな・・・・
そのうち1日は高校の友達と朝まで遊んで、あとは娘いわく
「引きこもニート」で何をしていたか記憶にないですが
(私も仕事だったので)

とにかくお金だけはたくさん使わされました。

来てしょっぱなに靴を買わされ(これ1足しかないや~と言うので)
視力検査だけするつもりが、新しい眼鏡を買わされ
(ホントはコンタクトにしたいと言っていた)

洋服買わされ、ベルトを買わされ

髪を染めるので、美容院代を出してやり

おじいちゃんおばあちゃんと食事するときは
やっぱり食事代も出さなーアカンでしょ(義母はいらない と
いうが、そうもいかないよやっぱり)

おまけに成人式に帰ってくるというので、1月の飛行機代も出て行ったわ~
(今、早割申し込むと片道1万円だから)
飛行機代だけで、正味いくら使っただろうか、この夏は・・・

(でも女の子じゃなくてよかった・・・・女の子だったら、プラス晴れ着代
前撮り代・・・・長女の時が恐ろしい)

長男のことを書くと、いつもお金の話になるのが悲しいですが
仕方ないですよね~
私の周りでもその話ばっかりだもの・・・・10月1日には学費の
引き落としがくるしね(またお金の話だ)

それでも今回は結構色んなことを話してくれたから、いなくなったら
寂しくなりました。

どうかデング熱にかかりませんように・・・・(地震も怖いですが)
[PR]
by juntumai | 2014-09-17 09:42 | こどもたち | Comments(0)

中学のオープンスクール

夏休み中に6年生に向けて、校区内の中学のオープンスクールがありました。

私は次男の教育相談もあるので、お休みを取って朝から見学していました。

親の見学もOKなのですが、見に来てる人は本当に少なくて・・・・・

普段よりもオシャレな格好をした5、6年生の先生ばかりでした(笑)
(OL風なファッションで誰だかわからなかったわ~みたいな)

実は色んな意味で憂鬱だった中学のオープンスクールでしたが
教育相談でその憂鬱が吹っ飛びました。

次男の支援級の先生2人と、私、中学の情緒学級の先生と4人で
1時間ほど話しましたが、色々具体的なことが聞けて、不安な部分が
少なくなったような気がします。

それもこれも、娘が在学してるので具体的な中学生活を私自身が
把握できていること
小学校支援級OBが何人かいて支援級の様子もよく聞いていること
(逆に、それだからこそ色んな意味で不安だったのですが・・・・)

通常級、支援級での活動を含めて
突っ込んだ質問がしやすかったからかなあと思います。

小学校の支援級の先生は、教育カリキュラム上の質問を色々してくれて
かつ次男の特徴も話してくれて、私が知らない観点でのことを問いかけて
くれていました。

入ってからも色々本当に大変だとは思いますが、いくらか不安感が薄れた
ところで、体験授業を見学

2年前の娘のときとは違って、各科目楽しい授業が色々計画されていました。

次男は英語を体験したのですが、「買い物ゲーム」の形式を取っていて
英語科の先生全員と、ボランティアの中学生何人かでフォローしてくれて
次男も本当に楽しそうに参加できていました。

ボランティアの中学生の中に、長女の知り合いが何人かいて
その子たちが次男の面倒をよく見てくれていました。

その後は部活動紹介。

長女は弓道部で道着を着て参加
各部5分という時間制限がありましたが、小学校の先生(長女の担任だった先生)
と、「あの子、何君ですよね?」 「あ、何ちゃんが出てる!」と盛り上がりながら
楽しく見ていました。

そんなわけで、行く前は気が重かったオープンスクールでしたが
次男共々、「楽しかったね」と言えて本当によかったです。

とにかく長女には感謝しています。
長女が在学してくれてて本当によかった・・・・

彼女も小学校のころは弟が支援級ということで
色々周囲から言われて、辛かったこともあったけれど
今となっては
「私が守ってあげるから」などと言い出しているので・・・・

しかも「弓道部に入りなよ」とまで言ってるという・・・・

でも1日でコロコロと浮き沈みの激しい年齢なので
来年はどう思ってるか全然わかりませんけどね~(笑)
[PR]
by juntumai | 2014-09-06 19:15 | 次男のこと | Comments(2)