日々雑感

honnomusi.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

なっちゃうかもよ

久々の読み聞かせは、知的学級の3人の子たち&先生 計4人の
小さなおはなし会でした。
「どっとこどうぶつえん」から始まり、その後は公立図書館の
読み聞かせでお仲間さんが読んでくれた本を私もマネっこ

まずは「ちいさなおうさま」

d0220848_19552213.png


3人のうちの一人は女の子なので、この本がいいかなーと。
この本、てっきり外国ものだと思っていたら、三浦太郎さんだった!
(かわいい絵で、数々の赤ちゃん本を出しておられます。)

ちいさなおうさまは、広いお城にひとりで暮らしていたところ
「おおきなおひめさま」と結婚するんですが・・・・・このおひめさまが
本当に「おおきなおひめさま」で、ちいさなおうさまとの対比に
笑ってしまいます。

この本、好きだなあ~
まあ、定番なしあわせの形だけれども、これが今の世の中
なかなか「定番」じゃないからね・・・・

そのあと、「この本、先生の前で読んでだいじょうぶかな?」
と若干ビクビクしながら読んでみた
「なっちゃうかもよ」
d0220848_2032781.png


お仲間さんが2回ほど読んでいるのを聞いて、
彼女の言い回しがすっかり頭に入ってしまい
ついついマネっこ・・・・・

しょっぱなの、「はなをほじると・・・・・はなのあなが大きくなっちゃうかもよ!」
から、みんな大笑い
やはりこのクラスは、この本のようにする子がいるかとみえ
先生が
「ほら!やっぱり!」 と大ウケ。

終わってから、「ナイスセレクトでした」と先生に言われました
(お仲間さんのように、右のページは読まないで、ひたすら
左のページだけを読むのがテンポもいいし、押し付けがましくないし
子供たちにストレートに伝わります)

このあとは、わたしのクリスマスの定番「きょうりゅうがすわっていた」
を読みました。
これもこの前、6年生に読みましたが、みんな「え?え~?」と
驚きながらついてきてくれますね~

木城えほんの郷の絵本フェアが平和台で今年もやっています。
(今年はレストハウスが改修工事のため、ひむかの宝箱 に置いてます)

そこで、なんと絶版のはずだった「きょうりゅうがすわっていた」をゲット。
(再販されたんですね~嬉しいことです)
それと、「どっとこどうぶつえん」のハード版をゲット

そしてそして、超おいしそうなケーキの絵本も

「ケーキになあれ!」
d0220848_20113615.png


これ、マジおいしそうよ!
早くどこかで使いたいなあ~
[PR]
by juntumai | 2014-12-18 20:12 | 図書ボラ | Comments(0)

三股(みまた)に行ってきた

週末の大会、娘はやっぱりふるわず、1本しか当たらなかったのですが・・・・

私は久々、三股町に行けて、ちょこっと懐かしかったです。

20年前、長男を妊娠しているときに都城に住んでいて
お隣の三股町もしょっちゅうとは言わないけれど、時々通りがかっていたので
「ほーんと、変わんないね~相変わらずだね~」と、夫と言い合い

それでもあんなに立派な弓道場が出来てるなんて・・・・
やっぱり金持ちね、三股町は。

三股の弓道場は屋外にあって、観戦するところも屋外。
夏はさぞかし暑いだろうが、冬の寒さといったらまあ!!

もう寒くて寒くて・・・・
そこに1日中いたのはキツかった

途中でパパと次男を、すぐ近くに出来ている「トライアル」
に避難させました。

「トライアル」って北九州のホームセンターなのかな?
最近、宮崎県内にも何箇所か進出してきてて
いつの間にか三股にも進出してるという・・・・・

パパと次男が行ってみたところ、人がとても多かったそうで
「あんなのが出来たら、昔からある小さな店は大打撃だよね」


ただでさえ、なんでもあるトライアル。
食料品から、薬から、日用品のありとあらゆる物や
おまけに安いしね!
宮崎市内のトライアルで、私も思わずこどもの上履きとか
買っちゃったしね
(300円台だったような記憶が・・・・消費税が上がる前ですが)

大会の帰り道、「道の駅山之口」で、噂の?「やっくん饅頭」をゲット

d0220848_2226348.jpg


見た目、普通の饅頭ですが、皮がモッチモチでまるで耳たぶのような食感
(耳たぶ、食べたことないですが)

あいにく白あんしかなかったのですが、この白あんがほんのり甘くて
おいしい

小倉あん、抹茶、ごま塩、紫芋・・・・と何種類かあるそうですが
全部食べてみたいなあ~
(でも山之口に行く用事なんて、無いもんなあ)

「やっくん饅頭」のほかに、三股の福山酢「菊花大輪」も買いました。
家にまだ半分はあるんだけれど、なかなか買えないから
(いわゆる調味酢で、なんでも漬けておいしいです)

大会は寒くて、娘はふるわなかったけれど、わたし的には楽しい1日でした。
やっぱりこういう機会でもないと、なかなかお出かけしなくなったなあ~
[PR]
by juntumai | 2014-12-15 22:16 | おでかけ | Comments(0)

頑張れ娘

この前、長女が弓道の市民大会で優勝し(中学生女子の部)
おまけに型がキレイだった人に贈られる「技能賞」まで頂きました。

私は地域の行事で見に行けなかったのですが、迎えにいった途端に
子供達に、「今日はすごいよ!もしかして優勝かもよ」と言われ
我が耳を疑い・・・・

中体連、県大会と1本も当たらず、3タコが続いていたのに
この日は、まさかの8中

9中の子がいたけれど、その子は団体の決勝に廻ったので
結局繰り上げ1位で娘が優勝・・・・とのことでした。
(地域の大会だし、娘いわく「賞品が足りなくなるからじゃない?」
と言ってたが、たぶんそうだろう 笑)

ちょっとモヤっとするけれど、でもこんなに当たったのは人生初だし
「優勝」ってつくものをもらえるなんて、ありがたいありがたい

・・・・と、喜んでいたら

技能賞の発表で、まさかの娘の名前が呼ばれ
(私も我が耳を疑ったが、娘もそうだったらしい)

これは嬉しかった!!
弓道は形がちゃんとしてないと、いくら当てても
「当て射」とバカにされるので
(それに本当にきちんとした形が出来ていれば
必ず当たる・・・・と有段者の誰もが言います)

この賞をいただけたのが何よりも(優勝よりも)
嬉しかったです。

(知り合いの有段者が後から聞いてくれたのですが
連盟の人たちが娘の射を見て、「この子」とマルを
つけてくれていたらしいです。)

これでもう思い残すことはないです、私は。
たとえこの先の大会で、また3タコが続いても。
中学時代の輝かしい思い出として、私の中で
いつまでも残ることでしょう・・・・・・

でも娘はそうはいかないようで、
「どうせまぐれだって言われた」 
「次の大会では当たんないよ」とも
言われた・・・・・

と、次の大会(ってこの週末ですが)へのプレッシャーも
またあるようで・・・・(でも修学旅行やらピアノの発表会も
控えてて練習不足)

(それにしても、誰もが内心「まぐれだ」と思っているとは思うけれど
実際にそれを言うかな~同じ仲間に対して)

そんなこんなで、色々あって、娘は精神的に強くなっているようです。
負けるな娘。
それにしても色々あるね~女子は。

*******

娘の話題が続きますが・・・・

中2になり、成績はガクガクと落ち始め、ついに数学・理科が崩壊状態。
さすがに娘も焦り出し「塾に行きたい」と言い出した。

でも集団授業では、今の学力じゃ効果ない
かといって家庭教師は嫌・・・・というので、個別指導の塾を探し

大手を2回ほど体験。
こっちは娘が大いに気に入ったが、時間が短い上に費用がかかり
コスパにおいては期待できず(学生がゆる~く教えてるしね)

そこでチラシが入っていた、近くの個人塾に体験に行きました。

行ってみたらそこはスパルタ!

娘は、
「ヤバイ、この塾(←いい意味でヤバイのではない)」
「先生、怖い」
「第一印象からムリ と思った」

一度に生徒8人くらい、学年はバラバラ(中1から高2まで)

先生はおじさんひとりで、もう20年やっているとのこと。

この地域は教育熱心だけど、なかなか生徒が集まらないとのこと
チラシを見て電話してきたのは私が初めてだったらしい(笑)

この地区は大手塾が何校もあって、みんなそっちに流れるからね~

それにこの先生に付いていくのは大変。
娘いわく
「褒められて伸びるタイプの子はあそこはムリ」

毎日はムリ!と娘も言っていたのに、「明日も行く」
そしてまた「明日も行く」と、気がつけば毎日行っています
(しかも体験扱いだから無料)

1月の地区テストの過去問をやったら、まるで解けなかったらしく
昨日も迎えがてら見たら、1問しか解けてない(数学)

「とにかく大幅な修正が必要です。中1まで遡らなければいけない
ところも多々ある。数学だけやってればいいってもんじゃないし
ほかの科目もやらなければならないし・・・・・
冬期講習まで体験扱いにしますので、来れる限り来てください」
と先生。

料金も大手に比べれば、破格の安さ(中2、週3で月16000円)
冬期講習は8日間で16000円

基礎ができてない娘なので、すぐすぐには効果は出ないと
思うけれど

何よりもあの先生についていく度胸と精神力
それだけですごい と私は思います(私だったらムリ!)

ホント、娘は色々あるわな~
頑張れ娘!
[PR]
by juntumai | 2014-12-10 09:00 | こどもたち | Comments(4)